突き指をしてから2週間くらい放置していたら指が変形してしまった  ボタン穴変形

  • 突き指をした
  • 関節リウマチの患者さんにもみられることがある
  • 指の外傷(指を踏まれた、はさんだetc)
  • 指の第一関節が曲がっていて、第二関節が反っている
  • 突き指を放置していたら突然なった

ボタン穴変形とは?

・ボタン穴変形とは、指の第一関節(PIP関節)が

曲がり(屈曲)、第二関節(DIP関節)が手の甲側に

反って(伸展)しまった状態の変形を言います。

 

 

ボタン穴変形の原因は?どうして起こる?

・ボタン穴変形は、基本的に

手の甲側を走っている指の筋肉が

断裂することによっておきます。

 

・突き指や指を踏まれたりはさんだりした際に、

手の甲側を走っている指の筋肉が断裂する場合が

あります。

 

この段階で、ボタン穴変形になってしまう場合も

ありますが、筋肉が断裂した状態を放ったらかしに

して日常生活を送っていることで、最初はボタン穴変形が

出ていなかったのにある日突然、変形が出てしまうこともあります。

 

 

 

ボタン穴変形の症状は?

・指の筋肉を断裂して直ぐ起こる場合では

痛みや、腫れが強いです。

 

これとは逆にある日突然おこてくるものに

関してはあまり痛みがない場合もあります。

 

・特徴的な変形があるので、何かおかしいなと

直ぐに気づくと思います。

 

 

 

ボタン穴変形の対処法は?

・指をけがしてボタン穴変形がすぐに出た場合は

まず氷水で冷やすようにしてください。

 

・すぐに変形が出た場合でも、ある日突然出た場合でも

直ぐに病院に行くようにしてください。

 

・基本的に病院では、指をまっすぐにして固定を

する治療が行われます。

 

・指の第二関節(DIP関節)を適度に動かすことで

指のリハビリを行いますが、医師との相談のうえ

行ってください。

 

 

 

その他の記事