40歳以降の女性に多い??  脊椎変性すべり症

  • 40歳以降の女性
  • 足がしびれる
  • 間欠破行がある
  • 徐々に腰痛が出始めた
  • 何かをして腰が痛くなったわけではない

変性すべり症とは?

・すべり症といえば、分離すべり症と言って

腰椎の分離症(疲労骨折)が起き、それに伴って

すべり症も合併するイメージが強いかもしれませんが、

変性すべり症の場合は、腰椎の分離症が

起きていなくても、すべり症だけが起きる疾患です。

 

 

 

 

変性すべり症の原因は?

・はっきりとした原因はわかっていませんが、

40代以降の女性に多いことから、ホルモンの

分泌異常が原因ではないかといわれています。

 

・また、加齢により脊柱(背骨)の周りの筋肉が

衰え、若いころは筋肉が支持していたものが

支持できなくなりすべり症が起こるとも言われています。

 

 

 

変性すべり症の症状は?

・変性すべり症が起きると、椎骨(背骨)が

ずれるので、脊柱(背骨すべて)の中を走っている

神経が圧迫されることで起きる「脊柱管狭窄症」が

発生します。

 

・なので、脊柱管狭窄症の特有の症状である

間欠性跛行(長時間歩いているとしびれが

出始めて歩けなくなる症状)が出ます。

 

 

 

 

変性すべり症の治療は?

・基本的には、後ろに反ると痛みが

強くなるので体を前にそらすような治療を

します。

 

・また、痛みが強いときは薬物療法などで

痛みを抑える場合もあります。

 

 

 

 

その他の記事