大掃除中に脚立から落ちて尻もちをついてしまった 尾骨(尾てい骨)骨折

  • 大掃除中に脚立からおちた
  • 尻もちをついた
  • トイレで用を足す際に痛みがある
  • 地べたに座ると痛い
  • スノボやスキーでも起こる骨折

尾骨骨折とは?

・まず、尾骨とはいわゆる尾てい骨の事で

そこが骨折を起こしている外傷です。

 

・尾骨骨折がどのようにして起こるかを

下記で説明します。

尾骨骨折の原因は?

・主な原因は尻もちをついて尾骨を

強打した際に発生します。

 

・シチュエーションとしては、大掃除時に

脚立などの高いところに上っていた時に

誤って転倒し、その勢いで尻もちをついた

場合や、スキーやスノボ中に転倒し尻もちを

ついたときなどがあります。

 

 

 

尾骨骨折の症状は?

・臀部(お尻)の痛み。

 

・排尿時や排便時に痛みが強くなる。

 

・地べたに座ると痛みがある。

 

・歩行時はあまり痛みがない。

 

 

これらが特徴的な症状です。

 

 

 

 

尾骨骨折の対処法は?

・尾骨の骨折は、治療法がなく

安静にすることが一番の対処法です。

 

・ですが、骨折が治るまでに2~3か月かかるので

その間痛みを耐えるのは至難の業です。

 

・なので、少しでも痛みを和らげる方法を

紹介します。

 

1.座るときにお尻の下にドーナツ型のクッションを置く。

 

ドーナツ型のクッションを置くことで座ったときに

尾骨が地面につかずに済むので痛みを

和らげることができます。

 

 

2. 産後用の骨盤ベルトを腰に巻く。

 

骨盤ベルトは産後の女性に使用するベルトですが

尾骨骨折中の人は、痛みがない動き方をしようとするので

力の入り方がおかしくなってしまいます。

ですが、骨盤ベルトを使用すると骨盤周りが安定し

筋肉に力を入れやすくなり痛みが和らぎます。

 

 

 

*治療法がないといいましたが、一度は必ず医師に

かかることをお勧めします。

 

 

 

 

その他の記事