実際に事故に遭いむち打ちになった人の声  交通外傷 むち打ち

  • 交通事故
  • 後ろからの追突
  • 直後の首の痛み
  • 直後の息苦しさ
  • 首が後ろに急激に反った

むち打ちとは?

・交通事故により、首に急激なストレスが働き、

「首が痛い、首が回らない」などの症状が出る疾患です。

 

・首にストレスがかかった際に頸椎がS字状に鞭を打つような

形になるので「むち打ち」と呼ばれています。

 

・正式には、「頸椎捻挫」がむち打ちの大部分になります。

 

 

むち打ちの症状は?

・実際に経験した人に聞く、むち打ちの症状は

 

交通事故直後の首の痛み、首がだるい感じがする、

首が回しずらい、息苦しい感じがある、

頭が痛く気分が悪い、顔が急に熱くなってくる感じがある

 

などがあります。

 

直後は、様々な症状が出て不安になりますが、

一日寝たら症状がほとんどなくなっていて

整形外科に行き診断してもらいレントゲンを

取ってもらっても「異常なし」と言われたので

大丈夫なのかと安心していると数日後に徐々に症状が

悪化してきたそうです。

 

 

症状が悪化してきてもう一度レントゲンを撮ってもらっても

また「異常なし」で病院では湿布や痛み止めが

もらえるだけで満足な治療が受けれずに症状がなかなか

治らないということが多いです。

 

 

 

むち打ちの原因は?

・むち打ちは交通事故で多く発生しますが

交通事故の中でも自分の車がほかの車に後ろから

追突される事故でよく起きます。

 

・後ろから追突される場合だと、運転手や同乗者は

追突されるまで事故が起きることは全く想定していないので

首の筋肉は基本的に力が抜けリラックスしていますが、

追突された衝撃で首に急激なストレスがかかることによって

リラックスしていた首の筋肉に急激に力が入り首が痛くなります。

 

・筋肉によって痛みが出る場合のほかに、追突された衝撃で

首の骨がずれることによって首の骨の中を通っている神経が

傷付き、手にしびれや感覚障害が出ることもあります。

 

 

 

その他の記事