テニス肘?パソコン肘? 肘の外側が痛い  上腕骨外側上顆炎

  • 肘の外側が痛い
  • 特に手首を手の甲側にそらすと痛い
  • テニスやパソコンをよくする
  • 上記以外にも手をよく使う仕事や趣味をしている
  • 雑巾を絞るだけでも痛い

上腕骨外側上顆炎とは?

・上腕骨外側上顆炎とは、手の使い過ぎによって

肘の外側から手の甲まで走っている短橈側手根伸筋

という筋肉が疲労し細かい断裂が起きることによって

発生します。

 

・ですので上腕骨外側上顆炎は短橈側手根伸筋を動かすと

肘の外側に痛みが生じます。

 

・どのような動作で短橈側手根伸筋が動いてしまうかと

言うと、主に手首を手の甲側に反らす動作と手首を親指側に

傾ける動作で短橈側手根伸筋が働いてしまいます。

 

 

 

上腕骨外側上顆炎の原因は?

・まず、原因として手の使い過ぎがあげられます。

 

・手をよく使う仕事や趣味としてデスクワークや料理人の方や

テニスをする人があげられます。

 

・最近では、パソコンの普及により上腕骨外側上顆炎の人が

増えてきている傾向にあります。

 

・また、上腕骨外側上顆炎の患者さんに多い傾向として

ものを持つ際に手の甲を上にしてものを持ってしまいます。

手の甲を上にしてものを持ってしまうとどうしても

短橈側手根伸筋に負担がかかってしまうので炎症が起きやすく

なってしまいます。

 

なので、ものを持つときには手のひら側を上にして持つように

変えてみてください。

多少は痛みが変わるかもしれません。

 

 

 

上腕骨外側上顆炎の対処法は?

・上腕骨外側上顆炎の対処法としては

痛みが出たらひとまず氷水で患部を冷やすようにしてください。

 

・職場などでなかなか冷やしたりすることができない場合は、

仕事や作業で人差し指と中指をなるべく使わないように

注意して仕事をするようにしてください。

 

・人差し指や中指を使ってしまうとほとんどの場合で

短橈側手根伸筋も同時に働いてしまうので炎症が悪化してしまいます。

 

 

 

 

その他の記事