最近、胸やけがする。。。  逆流性食道炎

  • 胸やけがする
  • 口の中が酸っぱくなることがある
  • 咳が出る
  • 洋食を食べる機会が多い
  • ストレスを感じやすい

逆流性食道炎とは?

・胃で分泌される胃酸が食道に逆流することで

食道に炎症が起きる疾患です。

 

・胃には、胃酸から粘膜を守る防御機能が

働いていますが、食道では働いていないので

食道が胃酸の強い酸にさらされると炎症が発生します。

 

 

 

逆流性食道炎の原因は?

・ストレス

ストレスによって食道の知覚が過敏になり

胃酸の逆流による炎症を感じやすくなります。

 

・加齢

加齢により、胃の入り口を閉めている筋(下部食道括約筋)

が衰えることにより胃酸が逆流しやすくなります。

 

・胃内圧の上昇

ベルトや下着などで腹部を圧迫しすぎることによって

胃の内圧が上昇し、胃酸が食道に逆流します。

肥満や過食などによっても胃の内圧が上がります。

 

・脂肪の多い食事が多い

胃酸は脂肪を分解する際に大量に出るので

脂肪分の多い食事(洋食全般)が多いと

逆流性食道炎が起きてしまいます。

 

・食べるのが早い

食事を食べるのが早いと食べ物がいっきに

胃に流れ込むためそれを消化しようとし胃が胃酸を

たくさん出しすぎてしまい逆流が起きてしまいます。

 

 

 

逆流性食道炎の症状は?

・胸やけ

逆流性食道炎の代表的な症状です。

 

・呑酸

胃酸が逆流によって口まで上がってきます。

なので口の中が酸っぱい感じがします。

 

・のどの違和感や声の枯れ。

 

・咳が出る。

 

・呑酸により口臭が気になるようになる。

 

 

 

 

逆流性食道炎の対処法は?

・もっとも簡単なものとしては、

食後にガムを噛むということです。

ガムを噛むことによって唾液が分泌されます。

唾液は胃酸を中和させる働きを持っているので

ガムを噛むことで逆流してきた胃酸を唾液が中和させ

炎症が起きるのを防ぎます。

 

ですが、空腹時にガムを噛んでしまうと胃酸の分泌を

促進させてしまうので注意が必要です。

 

・症状がひどい場合には、医師にかかることをお勧めします。

 

 

 

その他の記事