指が動かしづらく痛みがある 腱鞘炎

  • 指が動かしづらい
  • 指にぼんやりとした痛みがある
  • 指の感覚がない
  • 加齢により徐々に症状が出てきた
  • 指をよく使う職業をしている

腱鞘炎とは?

・手には筋肉の腱が走っているのですが、

腱は指を動かすのに重要な働きをしています。

この腱が変な方向に飛び出してしまったり

変な動きをしないように「腱鞘」と言われる

トンネルのようなものが腱を上から押さえています。

 

この腱鞘が炎症を起こし腱を使い指を動かしたときに

痛みを感じるようになり動かしづらくなるのが

腱鞘炎という疾患です。

 

 

 

 

腱鞘炎の原因は?

・手の使い過ぎによるもの。

腱鞘は腱を押さえこんでいるので、

腱を動かせば動かすほど腱鞘と擦れて

腱鞘が炎症を起こします。

 

・加齢によるもの。

長年手を使っていれば、もちろん若い人よりも

歳をとっている人のほうが腱鞘はすり減っていて

炎症が起きやすくなります。

 

 

・女性ホルモンの影響。

詳しい原因は分かっていませんが、

出産時や閉経後の更年期時に女性ホルモンの

分泌に変化が生じ腱鞘炎になるのではないかという

説があります。

 

 

 

 

腱鞘炎の症状は?

・手首や指が動かしづらい。

 

・手首や指を動かすときに一時的に痛みが走るが

すぐに消える。

腱が腱鞘の下を通るときに痛みが出ますが動かし切ると

痛みが消えます。

 

・初期症状では痛みの範囲がぼんやりとしていますが

症状が進行していくと明確に痛い場所がわかるようになります。

 

・さらに症状が進むと、神経障害や血管障害が出始め

痛みも感じないようになりマヒした状態になります。

 

 

 

 

腱鞘炎の対処法は?

・手を使わない。

仕事などでどうしても手を使わなければ

いけない人はこまめに休憩を取るようにしましょう。

 

・肘を伸ばして手首を手のひら側や手の甲側に

曲げて手首を伸ばすストレッチも効果的です。

 

・また、肩のストレッチも効果的です。

肩周りの筋肉をストレッチすることで

手や腕の筋肉にかかる負担を軽減することができます。

 

 

 

 

その他の記事