足の裏が痛く、特に朝の一歩目が痛い。  足底筋膜炎

  • 足の裏が痛い
  • 朝の一歩目が特に痛い
  • 偏平足である
  • 靴があっていない
  • 部活動などでコンクリートの上を走る機会が多い

足底筋膜炎とは?

・足の裏にある足底筋膜という筋肉の膜が

炎症を起こし痛みが出る疾患です。

 

・足底筋膜は、かかとから足の指の付け根にかけて

ついている筋肉の膜です。

そのため、足底筋膜炎になるとかかとや土踏まず、つま先に

痛みが出ることが多いです。

 

 

 

足底筋膜炎の原因は?

・足底筋膜の硬化

足底筋膜の柔軟性が低下することで

足の裏のクッション作用が無くなり、

足底筋膜が地面からの衝撃をもろに受けてしまい

足底筋膜の負担が大きくなることにより

炎症を起こしてしまいます。

 

・硬い地面でのランニングやトレーニング

硬い地面でランニングやトレーニングを行っていると

地面から足の裏へ伝わる衝撃が強く、足底筋膜への負担が

増えることによって足底筋膜の疲労がたまり炎症が起きます。

 

・自分に合っていない靴の使用

使用している靴があっていないと、足への負担が増えるのと同時に

足底筋膜への負担も増えるので炎症を起こしてしまいます。

 

・偏平足

偏平足とは、土踏まずが無くなってしまっている

足のことを言いますが、偏平足だとかかとから

指の付け根までの距離が伸びてしまい、その結果

足底筋膜も引き伸ばされます。その状態のままにしておくと

足底筋膜が常に緊張した状態になってしまい炎症を

起こしてしまいます。

 

 

 

 

足底筋膜炎の症状は?

・かかとや土踏まず、つま先の痛み。

 

・朝の一歩目や、練習開始時の足の裏の痛み。

 

・ずーっと立っていると足の裏が痛くなってきて

つらくなってくる。

 

 

 

 

足底筋膜炎の対処法は?

・ハムストリングスや下腿三頭筋という下肢の

裏側の筋肉のストレッチ。

 

太ももの裏の筋肉(ハムストリングス)や

ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)をストレッチし

これらの筋肉の柔軟性を得ることで下肢の運動を

スムーズに行うことができ足の裏への負担が軽減します。

特に下腿三頭筋はかかとの骨に付着しているので

下腿三頭筋が柔軟性を失い緊張してくると、

かかとを引っ張ってしまい間接的に足底筋膜を引っ張り

足底筋膜炎を起こしてしまいます。

 

 

 

 

・テニスボールを使用した足の裏のマッサージ

テニスボールを一個準備してもらい、それを

足の裏で踏むだけの簡単なマッサージです。

*強くやりすぎると逆に悪化してしまうので

気持ちいいくらいの強さでやってください。

 

・土踏まずにインソールを入れる

普段使用している靴の土踏まずの部分にインソールを

入れて緊張している足底筋膜を緩ませて炎症を押さえます。

インソールはスポーツ用品店や薬局などで売られているので

使ってみるのもいいかもしれません。

 

 

 

その他の記事