足の裏が痛く、特に朝の一歩目が痛い、足底筋膜炎とは?

  • 足の裏が痛い
  • 朝の一歩目が特に痛い
  • 偏平足である
  • 靴があっていない
  • 部活動などでコンクリートの上を走る機会が多い

足底筋膜炎とは?

足の裏にある、足底筋膜という筋肉の膜が

炎症を起こし痛みが出る疾患です。

 

足底筋膜は、かかとから足の指の付け根にかけて

ついている筋肉の膜です。

 

そのため、足底筋膜炎になるとかかとや土踏まず、つま先に

痛みが出ることが多いです。

足底筋膜炎の原因は?

偏平足

偏平足とは足の土踏まずのアーチが下がり

足の裏が平らになってしまっている足のことです。

 

なぜ偏平足と足底筋膜炎が関係あるのか?

 

足底筋膜は足の裏のかかとからつま先にかけて

ついている筋肉なので、偏平足で足が平らになると

足底筋膜が引っ張られて足底筋膜炎になりやすい

ということです。

アキレス腱の緊張

足の裏についている足底筋膜がなぜアキレス腱と

関係があるかを説明します。

 

アキレス腱が緊張するとかかとの骨を

後ろに引っ張ってしまいます。

 

足底筋膜もかかとの骨についているので

かかとの骨が後ろに引っ張られることによって

足底筋膜も引っ張られて痛みが出るということです。

足底筋膜の硬化

足底筋膜の柔軟性が低下することで、足の裏の

クッション作用が無くなります。

 

そのため、足底筋膜が地面からの衝撃をもろに

受けてしまい、足底筋膜の負担が大きくなることにより

炎症を起こしてしまいます。

硬い地面でのランニングやトレーニング

硬い地面でランニングやトレーニングを行っていると

地面から足の裏へ伝わる衝撃が強くなります。

 

そのため、足底筋膜への負担が増えることによって

足底筋膜の疲労がたまり炎症が起きます。

自分に合っていない靴の使用

使用している靴があっていないと、足への負担が

増えるのと同時に足底筋膜への負担も増えるので

炎症を起こしてしまいます。

足底筋膜炎の症状は?

・かかとや土踏まず、つま先の痛み

 

・ずーっと立っていると足の裏が痛くなってきて

つらくなってくる。

 

・歩き始めの1歩目が痛い。

(特に朝起きたときの一歩目)

 

・歩いていると足裏やかかとが痛くなる。

 

・足の裏がしびれている感じがする。

 

・足の裏を押すと痛い。

足底筋膜炎の対処法は?

足の裏側のストレッチ

太ももの裏の筋肉(ハムストリングス)や

ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)をストレッチします。

 

これらの筋肉の柔軟性を得ることで下肢の運動を

スムーズに行うことができ、足の裏への負担が軽減します。

 

特に下腿三頭筋はかかとの骨に付着しているので

下腿三頭筋が柔軟性を失い緊張してくると、

かかとを引っ張ってしまいます。

 

結果、間接的に足底筋膜を引っ張り

足底筋膜炎を起こしてしまいます。

テニスボールを使用した足の裏のマッサージ

テニスボールを一個準備してもらい、それを

足の裏で踏むだけの簡単なマッサージです。

 

*強くやりすぎると逆に悪化してしまうので

気持ちいいくらいの強さでやってください。

土踏まずにインソールを入れる

普段使用している靴の土踏まずの部分にインソールを

入れて緊張している足底筋膜を緩ませて炎症を押さえます。

 

インソールはスポーツ用品店や薬局などで売られているので

使ってみるのもいいかもしれません。

 

症例1:朝起きて、第一歩目の時に右のかかとが痛かった足底筋膜炎がサポーターでほぼ治った!

昨年の10月から右のかかとが痛くなった患者さんです。

 

1月に整形でレントゲンを撮ってもらい、

かかとにとげが見つかりました。

 

足底筋膜炎と診断されましたが

何も治療をされませんでした。

 

ためしてガッテンで足底筋膜炎で

かかとが痛くなった場合は、半年で

治ると友達に言われ我慢したけど

良くならかったそうです。

 

それでネットで検索して

当院に来院して頂きました。

 

症状がひどいので、治療と同時に

悪化しないために足底筋膜炎を予防する

サポーターを購入してもらいました。

 

立って歩くのが嫌になるくらいつらかったのですが

糖尿病もあったので内科の先生から毎日、

50分間ウォーキングをするように

言われていたのでやめれなかったそうです。

 

ついに痛みが強くなって

ウォーキングするのをやめたのですが

かかとの痛みが消えませんでした。

 

かばって膝も痛くなり、ここから

治療を開始したのですが、8回目で

ほぼ痛みが消え歩けるまで回復。

 

今はサポーターをしなくても

ウォーキングができるようになりました。

 

まだ、踏ん張って力を入れて歩くと

痛みが出ますが、普通に歩けるようになり

嬉しくなったそうです。

 

来院当初はソファーに座って立って第一歩目が

すごく痛かったのですが、今は忘れているそうです。

足底筋膜炎は専用予防サポーターをはくと短期で治る

足底筋膜炎は治療やインソール、もしくは土踏まずの

上がっている靴に変えたとしても直ぐには治りません。

 

理由は治療を行っても体重がかかれば、アーチが落ちてしまい

直ぐにもとにもどってしまいます。またテーピングによる固定、

インソール、専用の靴を履いても、家の中ではどうしても

裸足で歩いてしまうので足のアーチが落ちてしまい

足底筋膜が伸びてしまい痛みが出ます。

 

23万人を治療して一番効果が高かったのが

土踏まずとかかとのクッションがついている

ソルボのサポーターです。これは自信をもって

お勧めできます。

 

サポーターのメリットは一日中、つけていられるので

足裏に負担がかからず痛みが出にくいということです。

 

デメリットとしては外出するときはサポーターの上から靴下を

履かなけばならないのと、ぴったりした靴だときつかもしれません。

 

また夏場はサンダルを履く女性はサポーターが

できないので、根本的に治したい方はサンダルを

履くことをあきらめてもらうことになります。

 

上記の患者さんも治療とサポーターで約一ヶ月で

根本的に治り、今はサポーターをしなくても

ウォーキングができるようになりました。

 

ぜひ、足底筋膜炎で長年悩んでいる方は

ソルボの足首専用サポーターをお勧めします。

足底筋膜炎は治療だけでは直ぐには治らない

これは私の経験からそう感じています。

整形外科はオーダーメイドのインソールや

病院が提供する専用の靴を履いてもらう

ことを勧めることが多いです。(保険適用)

 

接骨院や整体の先生は治療やストレッチ、

テニスボールによる足裏マッサージだけで

良くなるとおっしゃるという先生がいますが

個人的には慢性的であれば直ぐには良くならず

治療期間がかかると思っています。

 

23万人治療してきて、いろいろ試してみましたが

一番効果が高いのは治療と専用サポーターでした。

 

これでほとんどの方が良くなっているので

自信を持って勧めることができます。

 

足底筋膜炎の治療のポイントは

足のアーチを上げ続けて足底筋膜をずーっと

ゆるめていられるかどうかです。

 

治療によって足のアーチをあげて、その状態を

維持するためにサポーターを履くことによって

治療効果が長時間維持されます。

 

サポーターを履くことが嫌な人、皮膚がかぶれやすい人は

外であればニューバランス(NB)の靴をはいてもらって、

家の中ではホーキンスのサンダルをはくことをお勧めします。

 

理由は土踏まずの構造がしっかりしていて足の

アーチをしっかり上げてくれるからです。

症例2:2週間前から長時間歩くと足裏が痛くなり ボーリングで悪化してしまいました

一年前に整形外科で足底筋膜炎と診断された患者さんが

お見えになりました。8月にディズニーランドに行きたいので

それまでに治してほしいと。

 

2週間前から長時間歩くと足裏が痛くなり

ボーリングで悪化してしまいました。

 

体重をかけるとかかとが痛く、寝ている時は

足をあげているそうです。

 

足底筋膜炎の原因の多くは偏平足です。

いわゆるべた足です。遺伝的になるひともいますが

後天的になるひともいます。

(マラソン、バスケット、バレーボールをやっている人に多いです)

 

自分が偏平足かどうか分からない人は

立った状態で土踏まずに指を入れてみて下さい。

 

最低でも指の第一関節まで入らないと

偏平足の疑いがあります。

 

足底筋膜炎は足裏を走っている足底筋膜とい

う筋肉を包んでいる膜が伸ばされ炎症を起こす

疾患です。

 

偏平足によって足のアーチが落ちることによって

足底筋膜が伸ばされて、土踏まずや付着している

かかとに痛みが出ます。

 

寝ている時は痛みが出ないことが多いのですが

歩いたり、足に体重をかけると土踏まずやかかとに

痛みが出るのが特徴です。

 

特に朝起きて一歩目歩くときにズキッと足に痛みが

走ることが多いです。

 

整体や接骨院での施術は足のアーチを構成ている足の骨と

かかとの骨である踵骨を矯正します。足の骨は偏平足によって

下がっているので上げるように矯正して、かかとの骨は斜めに

傾いていることが多いので真っ直ぐになるように調整します。

 

そして、足底筋膜は深部が緊張しているので、緩めるために

ストレッチ、マッサージを行うのですが、一番効果があるのが

超音波です。

 

超音波は筋肉の深部の血流を促進し血管を拡張させ

ることによって緩和させます。

 

足底筋膜炎は直ぐに処置すれば直ぐに良くなることが

多いのですが、慢性化すると治りが悪くなります。

その他の記事