子供の落ち着きがなく乱暴で自分勝手  ADHD(注意欠如・多動性障害)

  • 落ち着きがない
  • 集中力がない
  • 静かにしないといけないところで静かにできない
  • 乱暴になってしまう時がある
  • 思ったことをすぐに口に出してしまう

ADHDとは?

・英語でAttention Deficit Hyperactivity Disorderと言い、

不注意(集中力がない)、多動性(落ち着きがない)、

衝動性(思いついたら行動してしまう)の3つの症状が

特徴の疾患です。

 

・小児期に症状が出始め、特に治療法がなく大人になっても

付き合っていかなければいかないので、周囲の協力と理解が

必要な疾患です。

 

 

 

ADHDの症状は?

・ADHDの症状には、不注意によるものと

多動性によるもの、衝動性によるものの

3つの分けることができます。

 

・不注意によるもの。*男児に多くみられる症状です。

・忘れ物や物をなくすことが多い。

・何かやりかけでもほかのものに興味が出たらやっていたことを

ほったらかしにしてしまう。

・好きなことに対しての集中力はすごいがそのことに集中してしまうと

他の事をするときに切り替えができない。

・気が散りやすい。

・話を長い間聞いてられない。

 

・多動性による症状。*女児に多くみられる症状です。

・落ち着いてじっと座ってられない。

・そわそわしてしまう。

・しゃべりだすと止まらない。

・静かにしなければいけないところで静かにできない。

(図書室や映画館など)

 

・衝動性によるもの。

・順番待ちの順番が待てずに横入りしてしまう。

・少しでもイラつくと乱暴になってしまう。

・思い立った言葉をすぐに口に出してしまう。

・他の人の邪魔をしてしまう。

 

 

上記の症状はADHDの患者さんが、全く悪気なくしてしまう

症状なので、周りの人の協力と理解が必要です。

 

 

 

ADHDの対処法は?

・今現在、ADHDに対する治療法は

分かっていません。

 

・ADHDの患者さんは、はたから見ると

乱暴で自分勝手、集中力の無い子。という風に

見られてしまいますが、患者さん本人に悪気はないので

周囲の大人の協力、理解が大切です。

 

・ADHDは、小児期では症状が強く出ますが、大人になるにつれて

ADHDの患者さん自身が症状に対する対処法を学んでいくので

症状は徐々に緩やかなものになっていきます。

 

 

 

その他の記事