肩は上がるけど痛みがあるし、夜に痛んで眠れない  肩腱板損傷

  • 肩を上げると痛みがある
  • 夜寝るときに痛みで寝れない
  • 肩を上げる途中は痛みがあるがある程度まで上げると痛みが無くなる
  • 40代以降の人に多い
  • 野球などの投球動作を必要とするスポーツをしている人にも多い

腱板損傷とは?

・肩関節には、肩の動きをスムーズに

行えるように、棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の

4つの筋からなる「腱板」という構造があります。

 

腱板が、繰り返しの日常生活動作やスポーツ活動などに

よって徐々に外力を受け損傷して、肩に痛みが出るように

なったものが腱板損傷です。

 

 

 

 

腱板損傷の原因は?

・加齢によるもの。

 

腱板は構造上、肩を上げた時に上腕骨と

肩峰(肩甲骨の一部)の間で挟まれるような形に

なってしまいます。

なので、年齢を重ねるたびに軽い損傷を繰り返し

腱板損傷になってしまいます。

なので、腱板損傷の患者さんは必然的に40歳以降の

中年の方が多くなります。

 

 

・野球などの投球動作を要するスポーツをしている場合。

 

野球などで投球動作のあるスポーツの場合では

ボールを投げる際に腱板が挟まれ、尚且つ

投球動作で力が入るので腱板が損傷を受けやすくなります。

また、ピッチャーの場合では野手よりも投球の機会が多く

また、1球1球を全力で投げるので腱板損傷になりやすく

なってしまいます。

 

 

 

 

腱板損傷の症状は?

・肩を上げる途中に痛みが出る。

 

腱板損傷の特徴として、肩はあげることは

できますが痛みがあるということです。

また、肩を上げきってしまえば痛みはなく、

肩を上げている途中に痛みが出ます。

 

 

・肩を上げる途中にゴリゴリという音が聞こえる。

 

肩を上げるときに、腱板が上腕骨と肩峰の間に挟まれるので

ゴリゴリと音がします。

 

 

・夜間痛。

 

腱板損傷で症状が強い場合、夜に眠る際に痛みが出るので

なかなか眠れなくなってしまいます。

眠ろうと思っても肩が痛むので眠れずに、睡眠不足になり

悪循環ができてしまうので、腱板損傷の患者さんは夜間痛が

症状として出始めたら病院に行くというケースが多いです。

 

 

 

腱板損傷の対処法は?

・安静にすること。

 

病院に行ったけど何もしてもらえない

ということが良くありますが腱板損傷の場合

安静にすることが大切なので何もしてもらえない

ことが多くなってしまいます。

日常生活では、痛みのある方の肩をなるべく使わないように

することなど、安静にしていることが大切です。

 

 

・肩を冷やす。

 

投球動作後に痛みがある場合は肩にアイシングをして

しっかりと冷やすことが大切です。

投球動作後は腱板が炎症を起こしている状態なので

冷やすことが大切です。

 

 

・痛み止めを飲む。

 

夜間痛がありどうしても眠れない場合は、

医師に相談し痛み止めを処方してもらいましょう。

 

 

 

その他の記事