ハイヒールを履くと足の指が痛くなる  モートン病

  • 足の中指と薬指の間が痛い
  • ハイヒールをよく履く
  • 偏平足
  • 歩いて足の指で地面を蹴るときに痛みが強くなる
  • 女性に多い

モートン病とは?

・モートン病は、足の中指と薬指の間の神経を何らかの原因で

圧迫してしまい指の間に痛みやしびれがでる疾患です。

 

・しっかりとした原因や対処法がまだわかっていない疾患でも

あります。

 

・中年の女性に多くみられ、特にハイヒールをよく履く人や

合っていない靴を履く人に見られます。

 

・一般的には、人差し指と中指、中指と薬指の間に症状が

出ることが多く、下の図の赤い部分に痛みやしびれが出ます。

 

 

 

モートン病の原因は?

 

・詳しくは分かっていませんが、原因ではないかと

思われるものをいくつか挙げていきます。

 

・あっていない靴の使用。

上の図に黒線で示してあるのが足の裏の神経になりますが

あっていない靴を履くことによって足の裏の神経を圧迫してしまい

モートン病の症状が出ます。

 

特に、ハイヒールなどの先が狭く、つま先に体重のかかる靴を

履くと神経が圧迫されやすい環境になってしまいます。

 

 

・偏平足。

偏平足とは足の裏の土踏まずがなくなってしまっている

足のことを言います。

 

一見すると土踏まずなのでモートン病とは関係なさそうですが

偏平足は足にさまざまな影響を及ぼす因子になるのです。

 

偏平足になる原因としては、足が内側に倒れこんでしまうことによって

偏平足になってしまいます。

詳しく説明すると、足の内側のくるぶしが地面に近づいていくような

イメージで足が内側に倒れこんでいき偏平足になります。

 

偏平足になると、同時に足の横アーチもなくなっていき

足の裏の神経を圧迫しやすい環境になってしまいます。

 

さらに、偏平足や横アーチが低下した足は、地面に足の裏が

べったりとついた状態になるので、地面からの衝撃を受けてしまうので

モートン病を発症しやすくします。

 

 

・硬い地面でのランニング。

硬い地面でランニングをすることで足の裏への

衝撃が強くなってしまい足の裏の神経に炎症が起こり

モートン病が発生するのではないかとも言われています。

 

 

 

モートン病の症状は?

・痛み。

人差し指と中指、もしくは中指と薬指の間や、

人差し指や中指、薬指の付け根に強い痛みを

感じます。

モートン病の痛みは強い場合が多く、人によっては

下半身に痛みが出る場合もあります。

 

・しびれ。

モートン病は、神経に異常が起きて症状が出る疾患なので

神経症状であるしびれが指や指の付け根に出ます。

 

・知覚障害。

しびれと同じく、神経症状である知覚障害も出てきます。

知覚障害とは、触られていても触られている感じがしなくなって

しまう知覚鈍麻や、触られると異常に触られている感じを

感じ取ってしまう知覚過敏になってしまうことを指します。

 

・腫れ。

患部が炎症を起こしている場合は、腫れや熱感を伴う場合があります。

 

 

 

モートン病の対処法は?

 

・靴をつま先にゆとりのある物に変更する。

つま先が窮屈な靴だとどうしても足先の神経を圧迫してしまうので

つま先にゆとりがあり足に合っている靴に変更することが

大切です。

 

また、かかとが高くなっている靴はつま先への負担が強くなってしまうので

なるべく靴底がフラットな靴を選ぶようにしましょう。

 

 

・偏平足や横アーチの低下を矯正するインソールを使用する。

足の形を矯正するインソールが市販されているので、

それをよく使う靴のインソールに装着し、足の形を矯正していくことで

モートン病の改善を図ります。

 

 

・足部の安静。

モートン病では、足の裏の神経に炎症が起きているような状態に

なっているので、炎症を抑えるためにも、ランニングなど、

足の裏に負担のかかる行動は控えるようにしてください。

 

 

 

 

その他の記事