ランニングをすると膝のお皿の上の外側が痛くなる膝蓋大腿関節症の原因や対処法は?

  • 膝のお皿が痛い
  • 膝のお皿を脱臼したことがある
  • 膝を動かしたときにゴリゴリと音がする
  • 安静にしていれば痛みはない(初期症状)
  • 加齢によって膝のお皿の軟骨がすり減っている

膝蓋大腿関節症とは?

・膝関節には、大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)からなる

大腿脛骨関節と、大腿骨と膝蓋骨(膝のお皿の骨)からなる膝蓋大腿関節の

2つがあり、膝蓋大腿関節に異常が起き痛みが出るようになるのが

膝蓋大腿関節症です。

 

 

膝蓋大腿関節症の原因は?

・加齢による関節の変性。

加齢によって、長年にわたり膝を使い続けていると

膝の軟骨だけでなく、膝蓋骨の軟骨もすり減ってしまい

関節内で炎症が起きます。

 

また、軟骨がすり減るのみならず、骨に変形が起き

膝蓋骨や大腿骨に骨棘と呼ばれる、骨の棘ができ

それが関節の中で刺激して痛みが生じ炎症が起きます。

 

 

 

・膝蓋骨の脱臼。

膝蓋骨の脱臼をしたことのある人は、脱臼をした際に

膝蓋骨と大腿骨が擦れ合い軟骨に傷がついている場合が

あるのでその傷が原因で膝蓋大腿関節症になる場合もあります。

 

膝蓋骨は太ももの大腿四頭筋という筋肉と膝蓋靭帯という

靭帯が付着している骨で、この筋肉と靭帯が膝蓋骨を外に押し出す

ような力を加えているので膝蓋骨は外側に脱臼しやすく

さらに、外側にストレスを受けるので膝蓋大腿関節症は膝蓋骨の

外側に痛みが出やすいです。

 

また、生まれつき筋肉や靭帯が緩い、もしくは膝蓋骨の形が異形な場合、

膝蓋骨が先天的に脱臼しやすい状態になっていて何度も脱臼を繰り返します。こうなるとやはり膝蓋大腿関節症になりやすくなります。

 

 

 

 

膝蓋大腿関節症の症状は?

・膝蓋骨の外側や上のほうの痛み。

 

・膝蓋骨が脱臼しそうな感じがして不安になる。

*過去に脱臼経験のある方の症状。

 

・膝に腫れや熱っぽさがある。

 

・膝がこわばって動かしづらい。

 

・症状が初期の場合だと、運動をすると膝が痛みがでて

安静にしていれば痛みが引いてきますが重症例になると

安静にしていても痛みが出るようになります。

 

 

 

 

大腿膝蓋関節症の対処法や予防法は?

・大腿四頭筋のストレッチ、マッサージ。

大腿四頭筋の柔軟性が低下してくると膝蓋骨を

大腿骨に押し付けてしまうので、膝蓋大腿関節に

ストレスがかかってしまうので大腿四頭筋の

ストレッチをして柔軟性を高めることが大切です。

お風呂に入っているときに太ももをもんでマッサージするのも

効果的です。

 

・膝のサポーターをする。

膝が脱臼しそうになるような症状のある方は、

膝にサポーターをつけて膝の安定性を高めることで

膝蓋骨の動きが安定し不安感が緩和します。

 

 

 

 

その他の記事