立っていても座っていても足がしびれてくる椎間孔狭窄症の原因や症状は?

  • 腰に痛みがある
  • ずっと立っていると足にしびれが出てくる
  • 中年くらいの方に多い
  • 足の感覚が鈍い、または敏感
  • 座っていたり寝ていてもしびれや痛みが出る場合がある

椎間孔狭窄症とは?

・加齢による椎間板の変性により、椎間孔が狭窄され

椎間孔から出ている神経が圧迫され様々な症状が出る疾患です。

 

・椎間板とは、、、

背中の骨である椎骨と椎骨の間に存在している

軟骨の事を椎間板と呼びます。

その椎間板が変形することによって椎間孔狭窄症や椎間板ヘルニア

などのさまざまな疾患が発生します。

 

・椎間孔とは、、、

椎間孔とは、椎骨と椎骨の間の関節に存在している孔(あな)の

ことで、この椎間孔から神経が出ています。

なのでこの椎間孔が狭窄(狭くなること)されることで神経を

圧迫してしまい、さまざまな症状が出ます。

 

 

 

 

椎間孔狭窄症の原因は?

・加齢による椎間板の変性。

歳をとるにつれて椎間板が衰えていくことにより

椎間板がつぶれ、それによって椎間孔が狭くなり

椎間孔狭窄症になります。

 

また、椎間板の変形によってどちらか一方が低くなることでも

椎体間のバランスが悪くなり、椎間孔が狭くなります。

 

 

・また、椎間板が背中側に突っ張ったり、黄色靭帯が膨れたり

することで椎間孔がさらに狭くなります。

 

・長年の姿勢の悪さによっても、椎間孔の狭窄が引き起こされる

場合もあります。

姿勢が悪いことにより椎骨と椎骨の並びが歪み、それによって

椎間孔が狭窄されます。

 

 

 

 

 

椎間孔狭窄症の症状は?

・しびれや痛み。

腰からお尻、足にかけて痛みやしびれが出ます。

 

長時間立っていたり、歩いたりすると足にしびれや

痛みが出てきて、動作を続けられなくなります。

ですが、休憩をすると徐々に症状が楽になっていきます。

 

この症状は、脊柱管狭窄症と同じ症状ですが、

椎間孔狭窄症の場合、夜寝ていたり、座っているときでも

しびれや痛みが出る場合があるという特徴的な症状があります。

 

 

・しびれや痛みが出始めると足に力が入らなくなるように

なります。

 

・足の感覚が鈍くなるので歩いていても何もないところで

つまづく回数が増えてきます。

 

・腰を後ろにそらすと痛みやしびれなどの症状が強く出ます。

 

・神経が圧迫された状態が続くと足に力が入らなくなり

足をあげることが困難になります。

 

 

 

 

 

その他の記事