サッカーのシュート時やダッシュをするときに足の付け根に痛みが出るグロインペイン症候群とは?

  • 足の付け根が痛い
  • 股関節の動きが悪い
  • 足にけがをしているがそれをかばってプレーをしている
  • ダッシュ時の痛みがある
  • サッカーをしている

グロインペイン症候群とは?

・別名、鼠径部痛症候群とも言い、サッカーをしている

方なら、一度は聞いたことがある病名だと思います。

 

・グロインペイン症候群の原因はさまざまで、細かな原因を

総称した病態の事を指します。

 

・簡単にどんな疾患化を説明しますと、股関節を酷使しすぎた

結果として足の付け根(鼠径部)に痛みの出る疾患です。

 

 

 

 

グロインペイン症候群の原因は?

・原因は細かくみていくとさまざまなものが

ありますが、今回は大まかな原因を紹介していきます。

 

 

・股関節の使い過ぎ。

股関節を酷使することによって股関節に疲労が

溜まり痛みが出ます。

 

・股関節の動きが悪い。

股関節の動きが悪いと、動きの悪い股関節を無理に

動かそうとしてしまうので、それにより股関節周囲の筋肉や

靭帯に負担がかかってしまい痛みが出ます。

 

・足部にけがをしているがそれをかばってプレーをしている。

足の捻挫や、サッカー選手や陸上競技の選手に多い足の骨(中足骨)の

疲労骨折や裂離骨折をしているのにもかかわらず、

それをかばいプレーをすると、股関節にかばったつけが回ってくるので、

股関節に過度な負担がかかってしまい痛みが出ます。

 

・骨盤や背骨の動きが悪い。

骨盤や背骨の動きが悪いと上記と同様に、股関節に余計に負担が

かかってしまうので痛みが出ます。

 

 

 

グロインペイン症候群の症状は?

・鼠径部の痛み。(足の付け根の痛み)

 

・サッカーの場合、シュートをするときの痛み。

 

・全力疾走をした時、足をあげる際の痛み。

 

・座っている状態から、立ち上がる際の痛み。

 

・グロインペイン症候群の場合、足の付け根外にも

さまざまな場所に痛みが出るので、下の図でご紹介します。

 

グロインペイン症候群の対処法は?

・股関節のストレッチ。

股関節のストレッチをすることで、股関節周囲の

筋肉を緩めたり、さらに股関節の可動域をあげることによって

股関節の動きをよくしていきます。

そうすることにより、股関節への負担が軽減され

痛みも減っていきます。

 

なかなか痛みが消えない場合は医療機関へ行くようにしてください。

 

 

その他の記事