肩が挙がらないし夜寝るときも痛い五十肩の原因は? 肩関節周囲炎

  • 肩が痛い
  • 肩が挙がらない
  • 40~50歳である
  • 腕が痛くなる時もある
  • 夜寝るときに痛みが出る

五十肩(肩関節周囲炎)とは?

・五十肩とは、正式には肩関節周囲炎と呼ばれており

その名前の通り、肩関節周囲の筋肉や関節包などの

軟部組織に炎症や変性が起きることによってさまざまな

症状が出る疾患です。

 

・五十肩と呼ばれる通り、40~50歳ころの中年の方に多くみられますが

まれに20~30歳の若い世代の方にもみられることもあります。

 

・肩関節は、関節の固定を筋肉などの軟部組織に依存しているので

加齢による軟部組織の変性も起きやすくなってきます。

 

・下の図にある、筋肉や関節包などが軟部組織と言われるものに

なります。

 

 

五十肩の原因は?

・肩関節周囲の軟部組織の変性。

 

加齢による軟部組織の変性や拘縮(硬くなってしまうこと)に

よって、肩を動かすたびに軟部組織が刺激され痛みが出ます。

 

 

・滑液包や関節包の癒着。

 

肩関節のみならず、体にある関節には関節包や滑液包という

袋が見られ、これらが正常に働くことにより関節が守られ

関節の動きや働きが正常になります。

 

癒着とは、関節包や滑液包がくっついてしまっている状態の

ことで、癒着した状態だと関節の動きや機能がうまく働かずに

痛みが出ます。

 

 

 

五十肩の症状は?

・肩部の痛み。

 

症状によっては、肩だけでなく腕にも痛みが

出る場合があります。

 

 

・肩関節の運動制限。

 

五十肩の症状で特徴的なのが、運動制限です。

五十肩は肩こりとは違い、肩が挙がらなくなるのが

特徴的な症状で、肩が挙がらない場合は五十肩が

疑われる場合があります。

 

 

・夜眠るときに痛みが出る。

 

夜眠るときに痛みが出る夜間痛も五十肩の

特徴的な症状の一つです。

夜眠る際に、肩部が冷えることによって痛みが出ます。

また、肩部を下にして眠る際は、肩部の一部分のみに

圧迫力が加わるので痛みが出やすくなります。

 

 

 

五十肩の対処法は?

・肩部の痛みが出始めたばかりの時期や

痛みが強いときは肩部を氷水で10分間冷やす

ようにしてください。

 

・また、痛みが慢性化し強い痛みはないけど

少しの痛みがずっと続いているような場合は

お風呂に入る時に肩部までしっかりと浸かるようにして

肩部を温めると血流が良くなり肩の動きがよくなり

効果的です。

 

・肩のトレーニング方法は?

まずは、片方の手を机についてもらい、

もう片方の手は下にぶらんと垂らしてもらい

その状態で、体を前後に揺れるように動いてもらい

その揺れに垂らしている側の手が付いてくるような

運動を行ってください。

 

これが慣れてきたら、1キロぐらいのダンベルか

水の入ったヤカン、アイロンなどを持っていただいて

上記と同じことを行ってください。

 

 

その他の記事