あぐらをかいた時や、女の子座りをした時に股関節が痛い。 股関節関節唇損傷の原因や症状

  • 股関節が痛い
  • あぐらをかけない
  • 女の子座りができない
  • 股関節を動かすと引っかかるような感じがある

股関節関節唇損傷とは?

・股関節は、寛骨(骨盤の骨)と大腿骨(太ももの骨)で

形成されています。

 

さらに詳しく説明すると、寛骨には寛骨臼というくぼみがあり

そのくぼみに大腿骨の骨頭がはまり込むことによって股関節を形成します。

 

関節唇は寛骨臼と大腿骨頭の適合性を高めるために、

寛骨臼の周りに付着しており、それによって寛骨臼の

くぼみが深くなり股関節の安定性が良くなります。

 

・関節唇の損傷は、何らかの原因によって関節唇が損傷を受けることによって

股関節の安定性が低下し股関節を動かした際に痛みが出る疾患です。

 

 

 

股関節関節唇損傷の原因は?

・主な原因として股関節の形態異常があげられます。

寛骨臼や大腿骨頭に形態異常があると股関節を

動かした際に関節唇が股関節内に挟み込まれてしまい

これが繰り返されることによって関節唇がダメージを受け

損傷されます。

 

 

 

股関節関節唇損傷の症状は?

・股関節の痛み。

股関節を動かしたときの運動時痛があり、

特に股関節を外側にひねる動きや内側にひねる動きで

痛みが出やすいです。

 

痛みが出やすい日常の動作として、靴下を履く動作や

爪を切る動作、あぐらをかいたり、女の子座りをした時などに

股関節に痛みが出やすくなります。

 

 

・股関節の引っかかり感。

股関節を動かしたときに損傷された関節唇が股関節内に

挟み込まれることで股関節部に引っかかったような違和感を

感じることがあります。

 

 

 

 

股関節関節唇損傷の治療法は?

・基本的には、股関節部に痛みの出る動作はしないように

しましょう。

また、股関節を酷使するような運動(マラソン、ハンドボールなど)も

しないように心掛け安静にするようにしましょう。

 

・それでもなかなか痛みが取れない場合は、股関節の鏡視下手術という

手術を行い、損傷された関節唇を縫合するか切除するなどして

関節唇の損傷されている部位をきれいにします。

 

 

 

その他の記事