股関節を深く曲げると股関節の前のほうが詰まるような感じがする股関節インピンジメント(FAI)の原因は?

  • 股関節を深く曲げると痛い
  • 野球やテニスなど股関節をよく曲げるスポーツをしている
  • 股関節を動かすと痛みが出る
  • 長時間座っていると痛みが出てくる

股関節インピンジメント(FAI)とは?

・股関節を形成する、大腿骨(太ももの骨)もしくは

寛骨(骨盤の骨)、またはこれらの骨の両方に形態異常が

あることによって股関節にさまざまな症状の出る疾患です。

 

 

 

股関節インピンジメント(FAI)の原因は?

・上で書いたように股関節を構成している2つの骨の

どちらか一方、もしくは両方の骨に形態異常があることが

原因になります。

 

大腿骨に原因がある場合を→カムタイプ

寛骨に原因がある場合を→ピンサータイプ  と言います。

 

・股関節に痛みが出る原因としては、

 

股関節を動かした際に形態異常の大腿骨や寛骨どうしが

ぶつかる(インピンジメント)ことによってそこで痛みが

発生します。

 

また、そのぶつかり合う骨の間に関節唇や靭帯、筋肉などの

軟部組織が挟み込まれることによって痛みが出る場合もあります。

 

 

 

股関節インピンジメント(FAI)の症状は?

・股関節の痛み。

特に、股関節の前方の痛みや詰まった感じを訴えます。

 

・股関節の運動時痛(動かしたときの痛み)。

特に股関節を深く曲げたとき、外側に広げる動作をするとき、

内側にひねる動作をするときに痛みが出やすいです。

 

・長時間座っていると股関節が痛くなってくる。

デスクワークや仕事で長時間運転をする人などに

多く見られる症状です。

 

・また、合併症として股関節の関節唇損傷があります。

股関節インピンジメントの場合、股関節を動かした際に

股関節内に股関節の関節唇(関節の適合性を高める役割をしている軟部組織)が

挟み込まれてしまい、股関節の関節唇損傷を合併します。

 

 

 

股関節インピンジメント(FAI)の治療法は?

・股関節に痛みの出る姿勢や動作をできるだけしない。

股関節の痛みを無視して股関節を酷使し続けていると

股関節周囲の軟部組織が損傷され、さらに症状が進行すると

股関節の軟骨がすり減り、最終的には変形性股関節症に

なってしまい、歩くだけでも痛みを伴うようになります。

 

・股関節周りの筋肉を鍛える。

股関節周りの筋を鍛えることで股関節の安定性が増し

痛みが軽くなる場合があります。

今回は、股関節を外旋(外側にひねる)する作用を持っている

筋肉に対するトレーニングを紹介します。

 

トレーニングをする前にゴムチューブを準備してください。

まず、上向きで寝転がってもらいゴムチューブを両足の

太ももに通して下さい。

この状態で、両足を外側に広げるような動きをしてください、

この時に、お尻の外側の筋肉を使っているような感覚があればOKです。

10回を3セット行ってください。

痛みが出る場合は行わないでください。

 

その他の記事