朝起きた時や寝ているときに足がつる原因とは?

  • 朝起きた時に足がつる
  • 寝ている時に足がつる
  • スポーツ中に足がつる
  • 寝汗がすごい
  • 冷え性

足がつる原因は?

・体内のミネラルバランスの崩れ。

 

体内のミネラルのバランスが崩れることによって体内環境が

崩れ、それにより筋肉に異常が起きて足がつります。

 

ミネラルには様々なものがありますが、今回は主に

ナトリウム、カルシウムカリウム、マグネシウムを

軸にして紹介していきます。

 

上で紹介したミネラルの中でも特にマグネシウムと

カルシウムがつる原因で重要なのではないかと

言われています。

 

カルシウムは、筋肉をスムーズに動かすのに重要な役割を

しており、マグネシウムはカルシウムを調節する役割をしています。

 

ミネラルのバランスが崩れる具体的な原因としては、

汗をかく→マグネシウム、ナトリウムの減少。

下痢、嘔吐→ナトリウム、カリウム現象。

利尿(尿がたくさん出る)→カリウムの減少。

妊娠→カルシウム、マグネシウムの減少。

胎児に栄養を供給するため。

 

 

・筋の機能の不調。

 

筋には、筋紡錘という筋が伸びているのを

脳に伝えることで、筋が正常に働くように

している物質がありますが、この筋紡錘に

不調が起きることで、筋が伸びていないときに

脳に誤った信号が送られるため、収縮しなくても

いい状態の筋が収縮してしまい、筋がつってしまいます。

 

筋紡錘が不調を起こす原因としては、

・立ち仕事が多く足の疲労がたまっている。

・運動不足や筋の衰えで血行不良が起きている。

・冷え性によって血行不良が起きている。

などが挙げられます。

 

 

 

 

 

足がつらないようにするための予防法は?

・ふくらはぎ(下腿三頭筋)のストレッチ。

体操の「アキレス腱」のような姿勢になって頂いて

体重を前のほうにゆっくりとかけていきます、

この時にふくらはぎが伸びている感じがあればOKです。

 

・ふくらはぎのマッサージ。

お風呂の中などでふくらはぎを軽くこするような感じで

マッサージしましょう。

この時に強くやりすぎると筋が収縮し逆効果になってしまうので

注意が必要です。

 

 

ストレッチやマッサージを行うことで血流がよくなり

それにより筋にしっかりと栄養が行きわたるので

筋の疲労が回復しつりにくくなります。

 

 

 

その他の記事