ベルトやコルセットを締めていると太ももの外側が痛くなってくる外側大腿皮神経痛の原因とは?

  • コルセットやベルトがきつい
  • ズボンがきつい
  • 肥満気味である
  • 妊娠している
  • 太ももの外側が変な感じ

外側大腿皮神経痛とは?

・外側大腿皮神経とは、太ももの外側の皮膚の

感覚を支配している神経で、この神経が股関節の

付け根のあたりで締め付けられることによって

太ももの外側の皮膚にしびれや感覚異常などの

症状が出る疾患です。

 

 

 

外側大腿皮神経痛の原因は?

・外側大腿皮神経痛は外側大腿皮神経が

鼠径部という股関節の付け根の部位で

何らかの原因により絞扼を受けることにより

発生します。

 

・絞扼される原因として、、

 

・ベルトやコルセットの着用。

ベルトやコルセットを着用した際にきつく締めすぎる

ことによって神経が絞扼されます。

 

・スキニーなどのきついズボンの着用。

きついズボンを履くことで、腰を前に丸めた時に

鼠径部で神経が絞扼されます。

 

・肥満。

肥満によっても鼠径部で神経の絞扼が発生します。

 

・妊娠によるもの。

胎児のおなかの中の位置異常などで神経が圧迫

された結果神経が絞扼されます。

 

 

 

 

外側大腿皮神経痛の症状は?

・太ももの外側の皮膚の感覚異常。

太ももの外側の皮膚の感覚が鈍くなり

触られても感覚がないなどの症状が出ます。

 

・太ももの外側の痛み、しびれ。

 

 

 

外側大腿皮神経痛の対処法は?

・基本的には、神経を絞扼している原因となっている

ものを取り除いてあげることで症状は軽快していきます。

 

 

 

その他の記事