長時間歩くと足が痛くなってくる閉塞性動脈硬化症の原因や症状は?

  • 足がしびれる
  • 足がむくむ
  • 足に疲労感やだるさがある
  • 足が冷たい
  • 歩いていると足がしびれてくるが少し休憩すればよくなる

閉塞性動脈硬化症とは?

・主に、下肢の血管に動脈硬化が発生し、血管の流れが

悪くなったり、血管が詰まったりすることによって

歩行時に痛みやしびれが出たり疾患です。

初期では歩行時などの運動時の症状出現がありますが

症状が進行していくと安静にしているときでも

痛みやしびれが出るようになります。

 

・また、心筋梗塞や脳梗塞などの血管の疾患を合併する場合も

あります。

 

 

 

閉塞性動脈硬化症の原因は?

・動脈硬化。

血管の弾力性が低下することで血圧が

上がり、これによって血管への負担が増え

血栓などができやすくなります。

 

・高血圧。

 

・糖尿病。

糖尿病患者が閉塞性動脈硬化症を発症すると

症状の進行が早く、足の壊死や壊疽が起きる場合があります。

 

・喫煙。

 

 

 

閉塞性動脈硬化症の症状は?

・間欠性跛行。

歩いているとだんだんしびれや痛みが出てきて

足を引きずるような歩き方になりますが、

少し休めば症状は改善し再び普通に歩行が可能に

なることを指します。

 

・足の疲れ、だるさ。

足の血流が悪いので足が疲れやすかったり

むくみやすかったりします。

 

・足がつりやすい。

 

・安静時の痛みやしびれや足の壊死。

閉塞性動脈硬化症がかなり進行した際にこのような

症状が見られます。

 

 

 

 

閉塞性動脈硬化症の検査法は?

・ABI検査というものが知られています。

ABI検査とは、足関節の最高血圧を上肢の最高血圧で割ったもので

これの数値が0.9以下だと陽性となり閉塞性動脈硬化症が

疑われます。

 

ちなみに正常の値は1.0となります。

 

 

 

 

閉塞性動脈硬化症の治療法は?

・病院にて、運動療法、薬物療法などを行っていけば

比較的経過はよく、予後も良好です。

 

ですが、心臓や脳の血管障害の合併の可能性を考えると

油断は禁物です。

しっかりと治療することが大切です。

 

 

 

 

その他の記事