癖になりやすい、膝蓋骨外側脱臼とは?

  • 膝のお皿の脱臼
  • 外側に脱臼しやすい
  • 体が柔らかい人に多い
  • X脚の人に多い
  • 太ももの内側の筋肉が弱い

膝蓋骨脱臼とは?

・膝蓋骨とは、いわゆる膝のお皿の骨のことで

膝蓋骨が外側、もしくわ内側に脱臼してしまう外傷です。

 

・膝蓋骨脱臼は、外側に脱臼することが多く、

その際に内側膝蓋大腿靭帯という靭帯を同時に損傷する

ケースがほとんどです。

 

なので外側に脱臼しても膝の内側に痛みを訴えるケースが多いです。

 

 

 

 

膝蓋骨脱臼の原因は?

・スポーツ中の外力

スポーツ中に膝の外側から何かしらの

外力が加わった際に膝蓋骨が外側に脱臼します。

 

・X脚

X脚の人は膝蓋骨が外側に脱臼しやすいアライメントに

なっているので脱臼が発生しやすいです。

 

・内側広筋の筋力不足

内側広筋という太ももの内側の筋肉の筋力が不足していると

太ももの外側の筋肉である外側広筋との筋力のバランスが悪くなり

外側広筋が膝蓋骨を外側に引っ張る力が働きやすくなるので

脱臼が発生しやすくなります。

 

・大腿骨の形成不全

膝蓋骨は大腿骨と関節しており、膝蓋大腿関節という関節を

作っていますが、大腿骨の作りが良くないと、この関節の適合性が

悪くなり脱臼を起こしやすくなります。

 

・体の柔軟性が高い(関節の弛緩性がある)

体の柔軟性が高く、膝を伸ばしたときに普通よりも

反りすぎてしまう人は膝蓋骨が脱臼しやすい傾向に

あります。

なので膝蓋骨の脱臼は女性に多く発生する脱臼でもあります。

 

 

 

 

膝蓋骨脱臼の症状は?

・膝関節部の痛み

膝蓋骨の脱臼が発生すると、膝蓋骨の骨折を伴うことがあるので

骨折に伴った痛みがあります。

 

また、外側脱臼の場合は内側膝蓋大腿靭帯の損傷が頻発するので

膝の内側にも痛みが出る場合があります。

 

・脱臼の自然整復

膝蓋骨脱臼は、ほとんどのケースで自然整復(脱臼が勝手に元に戻ること)

されるので膝の捻挫と誤診されることが多々あります。

 

・脱臼が癖になる

膝蓋骨脱臼は一度起きてしまうと、膝関節の骨折などが起きてしまい

それに伴って膝蓋骨が脱臼しやすい経路ができてしまうので

脱臼癖が付きやすくなります。

 

また、外側脱臼の場合膝関節の軟部組織が損傷されている

場合が多いので、その場合膝蓋骨が膝関節外側の軟部組織に

引っ張られてしまうので脱臼しやすくなってしまいます。

 

 

 

膝蓋骨脱臼を癖にしないためには?

・内側広筋を鍛える

膝蓋骨外側脱臼を癖にしないためには

内側広筋という太ももの内側の筋肉を鍛えて

膝蓋骨を内側に引き付ける力が働くように

することが大切です。

 

内側広筋の鍛え方として、膝関節を真っすぐに伸ばした状態で

股にペットボトルやボールなどを挟んでそれを押しつぶすような

イメージで力を入れていきます。

 

5秒ほど力を入れた後に少し力を抜き、その後再び5秒ほど力を入れていきます。

これを10回1セットとして3セットくらいやってください。

 

*痛みが出たりする場合は無理にやらず、ご自身の状態に合わせて回数を決めてください。

 

 

 

 

その他の記事