首だるくてどこへ行っても治らず、三重県四日市市から来てくれた患者さん

春日井市 接骨院

とにかく首がだるくて一年以上前から悩んでいる患者さん。

最初は一年前に交通事故にあってむちうちになり

それが原因で頚椎症に。

 

整形外科、接骨院、整体、カイロプラクティックなど

5~6か所で診てもらったら改善されなかった。

 

朝が一番つらく、首は常にはっている感じで

天気が悪いと悪化。血が流れていない感じで、

寝ていると首が固まってしまう感覚。

 

また内臓の調子も悪く下痢や便秘を繰り返す。

たぶん、痛みによるストレスによって自律神経が乱れ

内臓の機能を低下させている可能性が高い。

 

首がずーっと痛くて仕事も毎日つらいので

何とかして治してあげたい。

 

どこへ行っても良くならないということは

筋肉のこりやはりが原因で痛めている可能性は低い。

なぜなら筋肉の問題であれば、ひどい損傷でなければ

1年以上も痛みが続くことはないからだ。

 

だとすると考えられるのは脳の損傷、内臓の機能低下、

神経の圧迫か骨のゆがみ。

 

問診でうでがだるいのと、つらくなるとうでをぐるぐる

回すと話してくれた。

 

だるい症状は実は神経症状の1つ。しびれだけが

神経症状ではない。また、首のヘルニアは朝が痛い、

下を向くと痛いのが特徴なのだが、この患者さんは

どちらも当てはまっている。

 

よって頸椎ヘルニアの初期症状の可能性が高い。

念のため神経テストである指の筋力検査を行ったら

右の小指の力が入らない。

 

ヘルニアかどうかはMRIを撮ってみないと断定できないが

神経を圧迫している可能性が高い。

 

今回は頚椎ヘルニアの施術を行って

様子をみることにした。施術後は小指に力が

入るようになり、自宅でできるリハビリを教えて

毎日、寝る前にやってもらうようにした。

 

どこまで良くなるか分からないが、

少しでも良くなっていれば嬉しい。

その他の記事