最近、体調が悪い…知っておきたい体調不良になる5つの原因と対処法

  • 朝起きると体がだるい

よく体調が悪くなる人の共通点

睡眠不足

ストレス(自律神経失調症)

冷え性

気温の変化

気温の変化によって体調が悪くなる人は夏に多いと思います。

クーラーによって冷えた部屋に入ったり、外に出たりすることによって

気温の変化に身体が対応しきれなくなるからです。

 

もしも一日中、クーラーが効いている部屋で過ごしたり

外にいたとしたら、身体は体温を無理にコント―ロする必要が

がなくなるので体調が悪くなることが少なると思います。

 

とはいっても、夏の熱帯夜にクーラーがない生活なんて

考えられませんよね。

 

では、気温の変化に対してどう対処したらいいのか

お伝えします。

対処法

身体が冷えている時の対処法です。

 

最初にクーラーの風に直接当たらないことです。

暑いからといって、車や家のクーラーの風向きを

直接当たるように変える人がいます。最初は

涼しいかもしれませんが時間が経つにつれて

間違いなく身体が冷えてきますので注意して下さい。

 

今は人間の体温の変化によって風向きを

自動的に変えてくるのですごいですよね。

 

次にクーラーが効いた部屋では長袖を着る、

もしくは一枚服を増やすことです。ポイントは

「冷えてきたなぁ~」と感じてから着るのではなく、

部屋に入ったら直ぐに着ることです。

 

また襟(えり)を立てるのもお勧めです。首には

体温をコントロールするセンサーがあるからです。

 

クーラーが効いた部屋で夜、寝る時は

ふとんをかけて寝ましょう。

 

時間が経つにつれて、深部体温が下がって

くるからです。下がり過ぎると血行が悪くなったり

内臓機能が低下して朝起きると身体がだるくなったり

重たくなったりします。

 

身体が熱くなっている時の対処法は大丈夫ですよね。

日焼けしないために帽子や長袖を着る。水分をこまめに

補給する。首を冷やす。

 

自然に身体を冷やしてくるのは汗です。

汗をかくことによって、皮膚から蒸発した時に

熱を奪ってくれるからです(気化熱)。

 

汗をかかない、かきにくい人は身体を自然に

冷やすことが難しいです。汗は血液からできるので

血流を良くすれば汗をかきやすくなります。

 

血流を良くするためには筋肉をつけることが最適です。

筋肉が収縮、拡張することによって血液が流れる

からです。

気圧の変化

まとめ

睡眠不足

ストレス(自律神経失調症)

冷え性

気温の変化

気圧の変化