春日井市で腰痛で悩んでいる方からのお問合せ

立っているよりも座っている時が痛い腰痛

Q:はじめまして。8月15日~8月25日位まで毎日仕事で車を

10時間位ほぼ休憩なしで運転をしておりました。

 

腰が痛いなとは思っておりましたが、そのときはそこまで

ひどくありませんでした。8月28日ころ痛みはピークになり

まともに立っていられない状態となりました。

 

できるだけ腰を安め、湿布をはり、なんとか仕事に出られるように

なりましたが、まだ痛くて仕方ありません。

 

今の状態は右のお尻から右足の付根、ふくらはぎの辺りに鈍痛、

しびれ、だるい感じがあります。立っている時より座っている時が痛く、

寝ていると何も痛みはありません。

 

どうしたらよいのかわからないのでよろしくお願いいたします。

コツコツ前田からのメッセージ

昨日はご予約して頂きありがとうございます。

 

メールを読ませて頂きましたが仕事で頑張りすぎのようですね。

無理して働いている感じがありますのでちょっと心配です。

 

状態から判断しても体に相当負担掛かっていると思われます。

自分できる応急処置は冷やすことです。患部を氷水で10分間

冷やしてください。

 

これで痛みは少し軽減すると思います。あとはできるだけ楽な

姿勢でいることです。仕事中は難しいと思いますが休憩時間や

自宅などでは痛みの出ない姿勢でいることをお勧めします。

 

寝ていると痛みがないようですので横になっていることが

ベストだと思います。それでも痛みが続くようであれば薬局などで

売っているゴム製のコルセットをつけることをお勧めします。

 

痛みで辛いかと思いますが、コツコツスタッフ一同、

よくなるよう頑張ります。お待ちしております。

病院、コルセットしても治らない重度の腰痛

Q:腰痛がひどくなり、以前ヘルニアと病院で診断されたこともあり

カイロプラクティックを探しています。

 

ただボキボキ鳴らされるマッサージは怖いので鳴らす施術を

するかどうか教えてください。

コツコツ前田からのメッセージ

はじめまして。コツコツ接骨院の前田です。

返事が遅くなってごめんなさい。上記のメールありがとうございます。

 

腰痛がひどい方やヘルニアの疑いがある方には鳴らす施術は

行いません。もしもヘルニアで腰が痛いのであれば特殊のベッドで

腰を気持ちよく伸ばす施術になるかと思います。

 

当院のお客様の半分ヘルニアの疑いがあるお客様ですので

ご安心ください。私も以前、ヘルニアで苦しんだことがあり

ヘルニアの施術は得意分野です。

 

予約制ですので、お早めにお電話いただけるとご希望の時間を

お取りすることができます。痛みが続くととても辛いと思いますので

一緒に良くしていきましょう。

 

お問い合わせ頂きありがとうございました。

ストレッチ、腰痛体操しても治らない成長時による腰の痛み

Q:中学2年 男子 身長 170筋肉質 部活:バスケ

 

3ヶ月前より 左腰(腸骨の上)辺りが走ると痛みがあり、

内科・整形外科。接骨院など受診するも痛みが取れず。

 

部活のできずで成長に伴うものとも思っていまいたが、

最近は身長も伸びていないため、こちらを知り受診を

考えております。

コツコツ前田からのメッセージ

先日はメールを頂きありがとうございました。

上記の症状についてですが整形、接骨院でも痛みが緩和せず、

成長期でバスケを行っていることを考えると足に問題があるかも

しれません。

 

よくあるのが、偏平足によってベタ足になり床からの衝撃が足を

通して膝、股関節、そして、腰まで響くことがよくあります。

 

当院の施術を受けられる場合はバスケットシューズを持参して

頂けると助かります。完全予約制で行っておりますので一度

お電話を頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。

腰痛の原因が足のゆがみだとは思いませんでした

昨日、「ためしてガッテン」で足首の捻挫の特集をってましたが、

二足歩行の土台である足は人間にとって非常に大切です。

 

土台が不安定であれば、体のバランスが崩れ膝が痛い、

腰が痛い、肩がこる、頭痛がでることも多いです。

 

先日も腰が痛くて、座骨神経痛の症状が出ていた患者さんが

みえました。過去にバスケットをして足首を捻挫し、足首が

外側にひねったままの状態でした。

 

「先生、どこへ行っても腰痛がずーっと消えないんです」

 

って言われましたが

 

『◯◯さん、腰痛の根本的な原因はきっと足ですよ!』

 

「えツ!そうなんですか?」

 

って驚かれますが、結構多いです。

ですので、コツコツでは必ず足首の調整は行います。

足首が外側にひねった状態でいると、まず足全体の外側の

筋肉が緊張し疲れやすくなります。

 

さらにお尻の筋肉も緊張して、お尻の筋肉の下を通っている

坐骨神経も圧迫してお尻から足先にかけて、痛い、シビレる、

だるいなどの症状が出ます。(座骨神経痛)

 

また、足首が両方とも外側にひねっているケースは少ないので、

どうしても歩行バランスが崩れます。そのバランスを保つために、

反対側の足や膝や腰、股関節などがひねっている足首の代わりに

一生懸命働いて負担がかかり痛みが出てしまうということです。

 

体も家と同じで、基礎がしっかりしていないと地震がきたときに

簡単に倒壊しますよね。

ネガティブなイメージが腰痛を悪化させる!?

子供が学校へ行きたくない時、「お腹がいた~い」ってお母さんに

訴えますよね。でも本当はお腹が痛くないのに。。。

 

その時、脳が体に命令してお腹が痛くなるように全力で

信号を送ります。その後、本当にお腹が痛くなるってことが

ありますよね。

 

腰痛も発症すると、もしかしたらもっと悪化するかも、

歩けないかも、他も痛くなるかもとイメージすると本当に

そうなることがあります。

 

なので、腰痛や肩こりが起きたらがあまりネガティブに考えす、

自分が頑張った証拠だからしょうがないとプラスに考えたほうが

いいでしょう。

腰を何度も痛めて、体のことが心配になって

「腰を痛めて治り、膝を痛めて治り、腰をまた痛めて・・・

もう、そろそろかなぁ~」

 

って体のことが心配になってお見えになった新患さんです。

 

問診・触診をすると木曜日に何もしていないのに左の腰を

痛めて、慢性的な首と肩のこりがあり、背中はハガネのように

かたまっていました。

 

我慢強い方なので、だましだましで今日まで乗り切ってきたようです。

(日本人の方は痛みに対して本当に我慢強いですよね)

 

で、今回は腰の痛みの治りが悪かったので来院されたのですが、

いつ腰を痛めておかしくないくらい姿勢が悪いんですね。

 

患者さんも姿勢の悪さを自覚してて、でも「まだ、大丈夫かな」って

思っていたそうです。長年、カラダを手入れしないとどうなるか?

よく、こんな言葉を聞きませんか?

 

「昔は体が柔らかったのに、今はかたくなちゃって、、、」

 

人間の体は60%~70%水分でできています。たぶんですが体が

かたくなった方は【スルメ】!?だと説明しています。

 

海水をたっぷり含んだ透明感のあるイカが干されて水分がなくなると、

しぼんで、形が変わって、かたくなりますよね。この状態が人間にも

起きているのではと私は思っています。

 

赤ちゃんは母乳を飲んで、子供は遊んでジュースを飲んで、学生は

部活で汗をかいてスポーツドリンクを飲んで、趣味で体を動かしている

大人は健康茶を飲んで、、、

 

でも、運動せず仕事ばかりして体を動かさないと喉が渇かず水分をとる

必要がなくなってきます。夏でも、冷房がきいた部屋だと暑さも感じない

ですから水分補給しなくても大丈夫と思ってしまいます。

 

一度かたくなった体は、放置しておくと柔らかくするのに時間がかかります。

なぜなら【スルメ】だからです。

 

ゆがんだ体はある程度治せるのですが、体がかたい方を柔らかくするには、

やはり自分で運動・ストレッチをして、水分をしっかりとり、新陳代謝を良くして

体の内側から変えていかないと難しいですね。

普段は痛くいけど、スポーツした後に腰が痛いんです

「普段は痛くないんですけど、スポーツした後に腰が痛いんです」

 

子供が小さいお母さんからよく質問されることです。

治療して、腰の痛みが減ってくると治ったと勘違いしてしまいがちです。

 

痛みが減ってくると、今まで動けなかった動作ができるようになるので、

嬉しくて腰が痛くなる前に行っていたソフトバレーやソフトテニス、

エアロビヨガなどをやり始めます。

 

やっているときはスポーツに集中して、アドレナリンが出て興奮しているので

腰の痛みを忘れてしまいます。そして終った後に、意識が腰にいき

「あ~やっぱりまだ腰が痛いわぁ」ってなってしまうんですね。

 

当院では、痛みが軽減したら安静にせずに体を動かしてもらいながら

治していく方針です。仕事やスポーツもやってもらってOKです。

ただ一つ条件として、再発予防だけでは意識して行うように指導を

しています。

 

このケースでの再発予防としては3つのことを教えています。

一つ目は、スポーツを行う前にウォーミングアップをして体を温め、

スポーツのできる状態にすること。

 

ストレッチよりも軽く走ったりして、当院では動的ストレッチといって

筋肉を動かしながらストレッチしてもらっています。

 

2つ目はスポーツ中はどうしても無理な体勢になることがいので、

テーピングやコルセットなどをしてもらって予防してもらいます。

 

そして3つ目ははスポーツ後は筋肉が収縮して炎症を起こしている

可能性が高いのでストレッチとアイシングをしてもらっています。

 

筋肉を動かした後は、動かなくても30分は活動しているので、

ストレッチ(静的ストレッチ)を行うことによって筋肉の活動をとめる

役割があります。

皿洗いをしてギックリ腰になったらどうすればいいの?

仕事で海外出張を多い32歳既婚男性。

ちょっと太めの営業マンの方が奥様のお手伝いをして中腰で

皿洗いをしていました。

 

最初は腰に違和感がなかったのですが、徐々に重くなり

突然「ガック」と電気が走るような痛みが走り動けなくなりました。

 

そこで安静にしていれば良かったのですが、奥様の実家に

帰省しなければならず長時間の運転でさらに悪化。

腰をどの方向に曲げても痛く冷や汗をかいていました。

 

仕事の都合で長い期間、奥様の実家に滞在できず、明日には

自宅に戻り飛行機に乗って海外に行かなけらばなりません。

 

奥様にお願いして日曜日も営業している病院・整形外科・接骨院を

インターネットで検索してもらった車で1時間もかかる場所から

コツコツ接骨院に来院して頂きました。

ギックリ腰になる理由はたくさんあります

この方のケースは中腰によって腰に体重がかかり、その状態を

維持し続けたために腰骨の横の筋肉に炎症が起きたため、

無意識に痛みが出ないSの字の姿勢になっていました。

 

これは逃避姿勢といって体が勝手に痛みのでないような姿勢に

させていたということです。ですので、この場合のぎっくり腰は

無理に姿勢を真っ直ぐにしようとしると痛みが増幅されますので、

痛みが軽減するまではそのままの姿勢でも大丈夫です。

ぎっくり腰になった場合の対処法

対処法1:ギックリはどの方向に動かしても痛いので、

まずは筋肉の炎症を抑えるために氷水で患部を

10分間冷やします。

 

アイスノンやアイスパックは0度以下になって凍傷になる

危険性があるので、必ず0度以下にならない氷水で

アイシングしてください。

 

アイシングの効果は患部を冷やすだけでなく、液化熱といって

熱をうばってくれます。例えば暑くて汗をかいて蒸発するときに

体の体温を下げることと同じ意味合いです。

 

対処法2アイシングが終わったら、病院でガッチリ固定される

コルセットでもいいのですが、動きにくいと思います。

 

私がお勧めするのはゴム式の二重になっている骨盤腰痛用

ベルトです。一重ですと固定力が落ちるので、2重になっていると

固定力が上がり、腰が安定します。

 

腰が固定されれば腰の筋肉が伸びたり縮んだりすることが

少なくなるので痛みが軽減します。また、ゴム式の骨盤腰痛用

ベルトのいいところは、自分で固定力を変えれることです。

 

痛みが強いときは動きにくくなりますが強く締めると楽になります。

また痛みが軽減すれば、ベルトを緩めることができるようになり

動きやすくなります。

 コルセットや腰痛ベルトが効果がある本当の理由とは

コルセットや腰痛ベルトは実は腰を固定するだけでなく、

お腹の圧力(腹圧)を上げることによって腰の固定力が

増す利点もあります。

 

どういうことから言いますと風船を外から押さえると、内側から

押し返してきますよね。この状態が体の中で起き、外側からと内側からで

押し合いっこして腰に力が入るようになり、ギックリ腰の痛みが緩和される

という長所もあります。

症状について詳しくはこちら

腰痛

関連記事