ボールを投げると肩がごりごりする原因と対処方法

野球やソフトボールなどボールを投げる

競技で多い肩の障害。ボールを投げるときに肩が

ゴリゴリする原因と対処法についてご紹介します。

 

ボールを投げるときに肩がゴリゴリいう原因の一つに

フォームが悪いことが挙げられます。

 

なぜかというと、きちんときれいなフォームであれば

肩に負担がかからないので、筋肉や腱、骨に無駄な

荷重がかかりません。

 

次に考えられるのは肩甲骨の周りの筋肉の柔軟性が

失われていることが考えられます。

 

肩甲骨の周りの筋肉はボールを投げるときに使われる

筋肉が多いです。ここの筋肉の柔軟性が

なければゴリゴリいうことがあります。

 

また,肩甲骨の柔軟性が失われる原因として猫背に

なっていることが挙げられます。

 

そして猫背だと、手が真っすぐあげられないので、

正しいフォームで投げることが出来ません。

 

対処法として、まず猫背をなおすことが挙げられます。

 

なおし方としては普段から、猫背にならないよう肩甲骨と肩甲骨を

よせるような姿勢で背筋を伸ばすことです。なかなかはじめは

難しいと思うので、気が付いたら行うようにしてください。

 

どうしてもパソコンなどのデスクワークが多いと猫背になりやすいです。

休憩の時に肩甲骨と肩甲骨をよせるように背筋を伸ばして、姿勢を正してください。

背中の後ろで、手を組み肩甲骨をよせてストレッチをしたり、

その姿勢でお辞儀をするストレッチをして筋肉をほぐすのも効果的です。

 

 

次に肩のストレッチをすること。

腕を胸の前に横にして肘を伸ばし、伸ばした腕の反対側の手で体に

引き寄せるストレッチ(アームプル)をしたり、

 

 

頭の後ろで肘を曲げて、曲げた腕の反対側の手で肘を

反対側に引くストレッチ(エルボープル)などして肩をストレッチしてください。

 

また、背中で手を合わせる練習をしたり、

背中で手を組んで上にあげる練習を左右行ったりしてください。

 

 

 

そして、肩甲骨周りのマッサージなどでほぐすこともお勧めします。

 

猫背の人は肩甲骨周りの筋肉の柔軟性がないので、

とても張っていることが多いです。

 

ここをほぐすことで、肩の動きがスムーズになります。

 

肩甲骨の動きをよくすると、フォームも正しい姿勢になりやすいし、

スムーズにボールが投げられるのでパフォーマンスも上がります。

 

また猫背もなおると、普段の生活にも好影響を与えます。

簡単なストレッチや、普段ちょっとしたことを気を付けることで

変わるので 良かったら試してくださいね。