知ってました!? 実は痛み・こりを感じるのは正常で、痛み・コリを感じないのは異常なんです。

よく患者さんからこんな質問を受けます。

「先生、肩の右側が痛くて、

こっている感じがして毎日

つらいのですが、、、」

 

『左側はどうなんですか?』

 

「左側ですか?何も感じませんけど」

 

『そうですかぁ、、、』

 

「えっ!? 何かあるのですか?」

 

『実は痛みやこりを感じることは

正常なんです』

 

「えっ~、そうなんですかぁ~~」

 

『ハイ、痛い、こっているということは

体からのサインなんです。

 

“このまま何もしないで放置しておくと

危険ですよ~!”

 

っと信号で例えると

黄色信号なんですね』

 

「なるほど!」

 

『黄色信号を無視して、

赤信号になりますと、

神経が麻痺して感覚が

なくなります』

 

「だから、

嫁にガチガチにこっている肩を

めちゃむちゃ強く押しても

利かないというか、鈍感に

なっているんですね」

 

『そうなんですよ!

たぶん、鈍感になるまえは

痛みやこりを感じていたと

思います』

 

「たしかに、押しても何も

感じなくなる前は、

 

“痛気持ちいい~”

 

っ言ってました」

 

『つまり、痛みやこりを感じているときは

身体からの危険信号を発信していて

正常な状態なんです』

 

「納得しました」

 

『ですから、痛み・こりを感じたら

我慢しないで、シップやバンテリン

ピップエレキバンなど、セルフケアを

したり、自分でできない場合は整形外科

接骨院、整骨院、鍼灸院、整体、

マッサージなどに行って直ぐに

処置してもらうと良くなり、時間とコストも

かかりませんよ!』

 

「分かりました。嫁にそう伝えておきます」

症状について詳しくはこちら

カラダの仕組み

関連記事