インディアカで突然、ふくらはぎがブチッといって肉離れを起こし、痛みが強くて歩けなくなりました。

実際に、来院された40代男性の

患者さんの状態です。普段から10km

走っていて、ふくはぎの筋肉は

衰えていませんでした。

ですが、インディアカをやっている

時に突然、ふくはぎがブチッと

切れた感じがして肉離れを起こし

緊急で病院で見てもらった

のですが、骨には異常はない

ということで、湿布と痛み止め

を出され、患部を包帯で巻かれ

松葉杖を渡されたそうです。

 

1日経っても状態が変わらず

悪化していました。

肉離れの痛み

自分もやったことがあるの

ですが、とにかく痛くて

歩けません。

40代になって、人生初めて

肉離れを起こしたのですが

まさか、ここまで痛いとは

思いませんでした。

 

野球でちょっとダッシュをした

した瞬間、ブチッといいました。

それから、足をつくのも痛くて

足を引きずってあるいて

いました。

 

肉離れのリハビリ

リハビリは痛みが完全に消えて

から行ったほうがいいと

思います。

 

なぜなら、肉離れとは筋肉の

繊維が切れてしまった状態

ですので、治りかけの時に

運動とかストレッチをすると

かえって再発してしまうこと

よくあるからです。
どうしても、

痛みが消えてくると

日本人は

 

「運動したほうがいいかも」

 

「ストレッチしたら

もっと早くよくなるかも」

 

「お風呂に入ったら

痛みが消えるかも」

 

と思う方が多いと思います。

これが一番危険です。

肉離れのテーピング

テーピングする前に

大事なことは、患部を触るだけで

痛みが出ることが多いので

注意してください。

 

肉離れのテーピングは

患部の筋肉を縮めた

状態でガッチリ貼って

最後はしっかり巻きます。

これぐらいしっかり巻いても

痛みが完全に消えることは

ないと思います。
肉離れになった場合は

ちょっと間、安静が必要です。

筋肉が切れている状態ですので

くっつくまで待ちます。

歩くときはまだ痛いので

膝を曲げて動かすと楽だと

思います。
足をついても痛みが

なくなった状態から

カラダを動かしていけば

回復します。