お尻が痛い!足がしびれる!座骨神経痛の2つの原因と治療法

坐骨神経痛でこんな悩みはありませんか?

  • 固い場所に座るとお尻の奥が痛い
  • 中腰姿勢になるとお尻から足にかけてしびれる
  • 長時間歩くとお尻に鈍痛を感じる
  • あぐらがかけない
  • 自転車に乗るとお尻が痛い

坐骨神経痛とは?

坐骨神経は腰やお尻から始まり、太もも、ふくらはぎ、

足の指まで通っています。

 

よく誤解されている人が多いので説明しますが

坐骨神経痛は症状であって病名ではありません。

 

例えば腰痛は腰の痛みですので症状にあたります。

腰の病名ではヘルニア、脊柱管狭窄症、分離症、

すべり症などがあげられます。

 

では、坐骨神経痛の原因について解説していきます。

大きく分けると2つあります。

 

1つはヘルニア、脊柱管狭窄症、分離すべり症など

腰の疾患が原因の場合、もう1つはお尻の筋肉が緊張して、

坐骨神経を圧迫する場合です(梨状筋症候群)。

 

重要なのは原因は違っても同じ神経を圧迫しているので

症状は同じです。鈍痛やビリビリやズキズキするしびれ、

下半身が重だるい、自分の足じゃないみたい、

感覚がおかしい、足の力が入らなくなります。

 

症状の範囲は神経痛なので、ピンポイントではなく

神経のラインに沿って出ます。

 

腰の疾患が原因であれば腰からお尻にかけて

痛みやしびれを感じて、重症ですと足先まで

症状が出現します。

 

お尻の疾患が原因であれば腰からではなくお尻から

痛みやしびれなど症状が始まります。

 

どちらの症状が危険と言えば、間違いなく

腰の疾患による坐骨神経痛です。

どんな治療をするの?

腰に原因がある坐骨神経痛の場合は疾患によって違ってきます。

また同じ疾患でも治療法は病院や接骨院、整体でも違います。

 

坐骨神経痛があらわれる腰の疾患で多いのは

ヘルニアと脊柱管狭窄症です。

 

病院での治療は最初に問診をして、治療に入る前に

腰のレントゲン写真を撮ります。それから診察室で先生が

レントゲン写真をチェックし、骨折など骨に異常があるか

ないか教えてくれます。

 

その後、痛みやしびれが出ている患部を触ったり、

片足を上げて痛みやしびれが出るかどうか確認したり、

膝の下を打鍵器でポンッと叩いて、膝から下が

上にポンッと上がるかどうかの反射テストをします。

 

レントゲンや上記の整形外科的テストを行ってみて

ヘルニアや脊柱管狭窄症など神経障害の

疑いがある場合はMRI写真を撮ります。

 

MRIでヘルニアや脊柱管狭窄症だと分かった場合は

鎮痛剤、湿布、ブロック注射、コルセットで固定することが

多いです。併せて理学療法士さんによるリハビリや

ストッレチを行うこともあります。

 

接骨院、整体での治療は、座骨神経痛の根本的な

原因が腰部にある場合、腰を中心とした治療になります。

 

筋肉をストレッチしたり、関節を調整したり、腰骨を

矯正したりします。坐骨神経を損傷しているので、知識や

経験がないと悪化することもあります。

 

座骨神経痛で悩んでいる、困っている人で治療を

受けたいけど、どこへ行ったらいいのか迷っている人は

治療院選びは慎重に行ってください。

 

次にお尻の疾患である梨状筋症候群は中年女性に

多くみられます。

 

臀部の奥にある梨の形をした筋肉、梨状筋が

過緊張することによって下を通っている坐骨神経を

圧迫し発症します。

 

ただし、梨状筋の下を通っているはずの坐骨神経が

梨状筋を貫通して通っている人とか梨状筋が2つに

分かれてその間を坐骨神経が通っている人は

梨状筋症候群になりやすいです。

 

病院、接骨院、整体の梨状筋症候群に対する治療は

超音波、遠赤外線、ホットパック、マッサージ、ストレッチ

などで梨状筋を緩めます。この中で一番効果的なのは

超音波です。

 

梨状筋はお尻の奥にあるので、直接、手では

触れられません。超音波は深部の筋肉まで届き、

血管を拡張して血流を良くしてくれます。

妊婦さんや産後の女性は、なぜ、よく坐骨神経痛になるの?

妊婦さんは出産の準備をするために骨盤が広がっていきます。

なぜ、広がるかといいますと、女性ホルモンによって骨盤を

固定している靭帯がゆるむからです。

 

ゆるみ過ぎると骨盤がグラグラして不安定になり

ます。そこで骨盤を固定するインナーマッスルの1つ、梨状筋が

過剰に働きます。この状態が続くと梨状筋が緊張して

下を通っている坐骨神経を圧迫し坐骨神経痛になります。

 

女性ホルモンの原因以外では、床や固い椅子に

よく座る習慣がある妊婦さんや産後の女性です。

 

人間は座るとき、骨盤の坐骨という部分で上半身を

支えています。もし、お腹が重たい妊婦さんや骨盤が

緩んでいる産後の女性が床や固い椅子に座り続けると

どうなるでしょうか?

 

お尻の当たる部分が固いため、下から突き上げられ

骨盤に左右に広がってしまいます。

 

広がると女性ホルモンが原因の時と同じように

骨盤をしめようと梨状筋が緊張して坐骨神経痛が

起きます。

梨状筋症候群が原因で起きる坐骨神経痛の予防ストレッチ

膝と股関節が直覚になるような高さの椅子を用意

して下さい。椅子に座ったら座骨神経痛の症状が

出いてる側の足を上にして組みます。

 

もしもこの時に痛みやしびれが出た場合はまだ、

やるべき段階ではないと思ってください。

 

足を組んだら動画のように手で上の膝を

固定します。

 

この状態で上に組んだ足と反対側の肩を

上半身をお辞儀をするように前に倒して

上に組んだ足の膝にゆっくり近づけて

いきます。

 

例えば右足を上にして組んだのであれば

左肩を右ひざに近づけます。

 

このストレッチを行うことによって

上に組んだ足側の梨状筋が伸びて

ストレッチされてゆるみます。

まとめ

よくこんな質問をされます。

 

「先生、病院で坐骨神経痛と言われたのですが治りますか?」

 

冒頭でも述べましたが、座骨神経痛は症状であって病名ではありません。

ですので坐骨神経痛を引き起こしている原因が分かれば、治療期間が

少なくてすみます。

 

一番、怖いのはお尻を指で強く押さえたり、マッサージ店で強く

もみほぐしてもらうことです。その時は気持ちよいかもしれませんが

強刺激は筋繊維を損傷させ炎症が起きてしまいます。

 

一度炎症が起きますと、痛みやしびれが続き

筋肉も固くなるので症状が悪化する原因になります。

 

特にお尻の奥が痛い、しびれれる場合は坐骨神経痛の

可能性が高いので、自分では対処しないで整形外科などの

病院や接骨院、整体で診てもらうことをお勧めします。