ぎっくり腰の原因は、実は仙腸関節捻挫と○○○○症だった!?教えて?対処法と病院の選び方

ギックリ腰は急性に起きた腰痛の総称です。

ですので、

 

筋肉の問題(筋・筋膜症)、

神経の問題(自律神経失調症)

軟骨の問題(腰椎椎間板ヘルニア)

骨格の問題(椎間関節症、仙腸関節捻挫)

内臓の問題(内臓体性反射)

 

など様々な問題があります。

ギックリ腰が上記の中でどれなのか

見つけることが大切になってきます。

 

検査によってぎっくり腰の根本的な原因が

分かれば、あとはしっかり処置すれば

直ぐに良くなります。

 

一般的に慢性症状よりも

急性症状が早く良くなる傾向にあります。

理由は痛めた期間が短いからです。

 

痛み・こりの症状期間と

施術期間は比例することが多いです。

 

ギックリ腰になったら直ぐに整形外科などの病院、

接骨院、整骨で見てもらうことをおすすめします。

ギックリ腰の一つ、椎間関節症とは?

ぎっくり腰の原因で多いのが腰の骨(腰椎)の歪みが原因の

【椎間関節症】と骨盤の関節(仙腸関節)が過剰にゆるんで

しまった【仙腸関節捻挫】があります。

 

今回は【椎間関節症】について お伝えします。

 

ぎっく腰の一つである【椎間関節症】

立ち仕事(長時間)の方に多いです。

 

腹筋が弱い方、お腹に脂肪がついている方は

お腹が前に出てきます。立ちっぱなしでいると

さらにお腹が前に出てきて、腰の骨(腰椎)が前に

出てきて反り腰になります。

 

もともと人間の背骨のラインはS字になっていて

腰が反って、背中が丸くなっています。

 

【椎間関節症】は腰がさらに反ってしまい

腰の骨と骨がぶつかって痛みが出ます。

 

イメージしてもらえれば分かると

思いますが、重たいものを持ち上げる時に

腰を反らさないと力が入りません。

 

また立ち上がる瞬間や座る瞬間も

体重を支えるために腰が反ります。

 

この時にギックリ腰の中の

【椎間関節症】になりやすいです。

整形外科病院での検査

整形外科でレントゲンを撮ってもらって

腰の問題があるかどうかは、

 

骨折があるかないか

 

老化によって骨がすかすかになる骨粗しょう症に

なっていないか、

 

骨が変形している変形性脊椎症、

 

骨の角がとがっている骨棘(こつきょく)、

 

骨が前にすべっている、骨が離れている

腰椎分離症・腰椎すべり症、腰椎分離すべり症

 

などをチェックします。

 

側弯症など骨の歪みも見ますが軽度ですと

病気ではないと判断され冷湿布や

痛みどめの薬(ロキソニン)、

 

痛みの止めの成分が入ったバンテリン

や茶色の湿布などが処方されます。

 

骨以外に問題があると判断されれば

MRIという写真をとります。

 

この写真によって骨の問題以外で

腰痛になているかどうかが分かります。

 

例えば、

 

筋肉の損傷(肉離れ、筋肉の部分断裂・部分断裂断裂)

 

骨と骨の間が軟骨が飛び出している椎間板ヘルニア

 

神経を圧迫している脊柱管狭窄症、椎間孔狭窄症

 

などです。

椎間関節症の対処法

ぎっくり腰の中の【椎間関節症】

炎症が起きている状態です。

 

炎症とは体の中で火事が起きている状態です。

ですので患部を氷水で2時間おきに10分間

冷やします。(液化熱といって、熱を奪う効果もあります)

 

プロ野球選手の投手が試合で投げた後に

バンテージで肩をぐるぐる巻きにして

冷やすのと同じですね。

 

家庭の冷凍庫などで作られるか

四角い氷は関節周囲の皮膚に密着しにくいので

クラッシュアイスがベストです。

 

クラッシュアイスがない場合はビニール袋に

氷を入れてバットで叩いて氷を砕いて

使ってください。

 

アイシングで注意することは

アイシング後は絶対に運動は行っていはいけません。

 

野球の場合ですと、投手は試合後、必ずアイシングを

行わなければいけないと思われていますが

これもケースバイケースです。

 

中日ドラゴンズの浅尾投手や岩瀬投手などは

必ずしも投げた後必ずアイシングすることはないそうです。

 

アイシング以外では

腰が反りすぎて骨と骨がぶつかって起きるので

腰を丸めるとぶつかりにくくなります。

 

椅子に座ったり、横になって腰を丸めると

一時的ですが痛みが軽減されます。

病院の選び方

鍼灸院

鍼灸は、ハリとお灸を使って経絡に刺激を与えて

痛み・こりを緩和させたり、患部に対して直接

施術を行うことがあります。

 

特に筋肉痛や肉離れの障害には

効果があり、お勧めします。

 

神経症状や骨格の歪みによる

痛み・こりはハリやお灸によっても

効果がありますが、その場合は

専門の整形外科、病院で診て

もらったほうが安心だと思います。

 

また、刺激や痛みに対して弱い方には

施術後に好転反応といって一時

悪化することもあることを知っておいて

下さい。

 

もともと注射などで皮膚が赤くなる、発疹

出る方は、鍼灸の先生とよく相談してから

施術を行った方がいいかと思います。

 

また、鍼灸の先生によっても

施術方法が違います。

 

自分に合った施術方法なのか

しっかり相談して、確認しましょう。

 

鍼灸院の選び方としては

患者さんをたくさん診ている

院が良いかと思います。

 

理由は鍼灸は経験年数が

多い先生の方がいろんな症状に

対して対応してもらえるからです。

 

技術が良い悪いよりも

患者さんの声を参考にした方が

いいかと思います。

 

どんな治療院でも、はやり患者さんを

少しでも早く良くした先生が私はスゴイと

思います。

 

何回も通院して良くならないのは

他に原因があるかもしれません。

 

私が出会ってきた先生は

それを瞬時に見抜いています。

整形外科

腰痛になるとどこの病院へ行ったらいいのか

分からない方が実際に多いです。

 

内科なのか、外科なのか?

一般的には整形外科です。

 

骨折、脱臼、打撲、挫傷などの

急性外傷や骨、背骨や関節に関わる、

変形性脊椎症、脊椎椎間孔狭窄症

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、

後縦靭帯骨化症、変形性膝関節症

分離すべり症、オスグット病、外反母趾、

五十肩などを見てもらえます。

 

ただ、整形外科を選ぶ場合に

先生によって専門分野がありますので

ネットなどで調べてから行かれたほうが

良いかと思います。

 

整形外科が自宅から近いからといって、

見てもらった時に自分の症状の根本的な原因が

明確で納得できない場合は、

先生としっかり相談して下さいね。

忙しい病院ですと

 

「歳ですから仕方がないです」

 

で終わってしまうことがありますので。

 

一般的にレントゲンやMRIで異常がないと

湿布や痛みどめを出されて安静にして下さいと

伝えられて終わってしまう場合があります。

 

異常がなくても

数日たって痛みが引かない場合は

直ぐに見てもらってください。

 

必ずしもレントゲンやMRIに

異常が見つかるわけではありません。

 

特に小児の骨折は分かりにくいので

注意が必要です。

 

成長期に骨折を見逃してしまうと

大人になっても変形して残ってしまうので

特に小学生から中学生でスポーツを

やっている方は注意して下さい。

 

軽度の痛みだからといって

外っておくと大変なことになることも

あります。

 

痛みや腫れがあるとういうことは

どこかに必ず異変があるので、それが

はっきりするまでは休ませておくのがベストです。

病院

腰痛になった時に

どこも病院や整体、接骨院・整骨院へ

行ったことがない人はどこへ

診てもらったいいのか分からないと思います。

 

まずは整形外科で診てもらってください。

時々、内科で診てもらっている方が

いますが、お腹が痛くて腰痛になっているなど

内臓からくる腰痛であれば大丈夫だと思います。

 

病院でも総合病院と個人の整形外科で

迷う方が多いと思いますが、心配な方は

総合病病院がいいかと思います。

 

もしからしたら腰痛が二次的症状に

なっているからが多いからです。

 

腎結石などは腰痛を伴うので

もし、整形外科で異常がないと

診断されても、痛みが引かないようで

あれば総合病院へ診てもらうことを

おススメします。

 

総合病院で見てもらうことに

注意しないといけないのは

夜間の救急外来で診てもらっときに

専門医ではなく研修医の先生で

整形外科の専門でない先生が

見た場合にレントゲンを撮って異常が

なければ痛みどめと湿布を出されて

帰されてしまうことがあります。

 

以前、救急外来で腰痛と診断されて

実際は骨盤骨折で亡くなった方が

いました。

 

ですので救急外来で診てもらう場合は

その先生が何科の先生なのか聞いておく

必要があります。