教えて!頭痛や首の痛み、肩こりは姿勢の悪さが原因、それともストレス!?

姿勢の悪さからくる首痛・肩こりで悩んでいる

困っている方は年々増加傾向にあると思います。

なぜならパソコンとスマホが一気に普及したからです。

 

パソコンやスマホを使っている姿勢を

思い浮かべてもらえば分かると思いますが

背中、肩を丸くして顔が下を向いています。

韓国では若者がスマホの使い過ぎで

頸椎椎間板ヘルニアが急増したと

ニュースで流れていました。

 

短時間ならいいのですが、長時間この

姿勢を維持すると猫背になり、筋肉も

緊張し血流が悪くなります。

 

血流が悪いということは

組織に酸素と栄養を供給できず

疲労物質である老廃物が回収されず

蓄積して痛み・こりを引き起こします。

 

姿勢の悪さだけでなく、実はストレスによっても

頭痛や肩こりが発生します。その原因と一つとして

自律神経の乱れが考えられます。

 

自律神経は血管を広げたり、

縮めたりしているので血流が変化します。

 

ストレスが続くと血管が収縮し血流が悪化して

痛みやこりを引き起こします。

 

姿勢の悪化やストレスによって頭痛や肩こりが起きることを

説明しましたがさらに詳しく解説してきます。

姿勢の悪さからくる首痛と肩こりの原因と対処法

姿勢が悪いと体の中心線から頭の位置が

前に出てしまい顎(あご)が上がってしまいます。

 

顔が前に突き出した状態ですね。

もののけ姫の「カオナシ」のような姿勢です。

 

頭の重みで背中や肩が引っ張られ

筋肉が緊張し血行が悪くなって

首痛・肩こりが起きやすくなります。

 

「姿勢を意識して良くすれば大丈夫ですか?」

 

という質問を患者さんからよく受けますが

仕事や家事、育児をやっている以上無理です。

 

体を真っ直ぐにして仕事ができますか?

顔を下に向けないで家事ができますか?

頭を前に出さないで赤ちゃんなどを抱っこできますか?

 

良い姿勢を意識して維持できるのは

何もしていない時です。

 

なので

 

仕事や家事、育児の時は

姿勢が悪くてもいいから楽な姿勢でいることです。

 

個人的な意見としては

 

【良い姿勢=楽な姿勢】

 

と捉えています。

 

楽な姿勢は体に負担がかからず姿勢の悪化からくる

首痛と肩こりを軽減してくれると思います。

 

もし、首痛と肩こりを感じたら姿勢を変えたり、

体を少し動かして血行を良くすれば改善されます。

ストレスが原因の頭痛、首痛、肩こりとは?

心と体はリンクしています。

 

例えば嫌なことが続いたり、ストレスが

毎日あると頭痛や肩こりになりませんか?

 

ネガティブな感情の時は身体に悪い影響を与えます。

 

例えば仕事や家庭で自分の思い通りにいかなくて

イライラしているとき、自分のやりたいことが何らかの理由で

できなくなって文句ばかり言っているとき、会話で相手に

自分の意見を何度言っても伝わらなくて悩んでいるとき、

夫婦喧嘩で怒っているとき、何かに失敗してくよくよ

している時、将来に対して不安が消えない時

などです。

 

こんな時は頭のなかでコルチゾールという

ストレスホルモンが出て血流を悪化させ

頭痛や首の痛み、肩こりを発症させます。

 

逆にポジティブな感情の時は身体に良い

影響を与えます。

 

分かりやすい例がディズニーランドや

ユニバーサルスタジオで遊んでいるとき、

大好きな旅行・趣味などをしている時は

頭痛や首の痛み、肩こりを感じないと思います。

 

これは頭の中で気持ちの良い快楽ホルモン、

ドーパミン、エンドルフィンなどが

分泌されているからです。

姿勢の悪さが原因で起きる大後頭神経痛とは?

姿勢の悪さで起きる頭痛で一番多いのは

大後頭神経痛です。

 

大後頭神経痛になりやすい人は

パソコンやスマホなど長時間使っている人

長距離運転している人、仕事がデスクワークの人

寝方や姿勢が悪い人です。

 

大後頭神経痛になるメカニズムは

あごが上がると後頭部の筋肉(後頭下筋群)

が緊張しその筋肉と筋肉の間にある

後頭下神経を圧迫します。

 

後頭下神経は首から頭部を走っている

筋肉(半棘筋、頭板状筋)支配

しているので、この筋肉が緊張します。

この筋肉の間に問題の大後頭神経があり

圧迫されて大後頭神経痛が起きます

まとめ

頭痛や首の痛み、肩こりは姿勢の悪さが原因の

ときもあればストレスが原因であることがあり、

また両方の時もあります。

 

まとめますと、顔が前に出て、顎(あご)が上がる

姿勢が続くと、後頭部を圧迫します。

 

後頭部には頭(脳)にいく血管や後頭部から

側頭部、頭頂部、前頭部、そして目の奥に

つながっている神経があります。

 

血管を圧迫すると脳が酸欠になり

虚血性の頭痛が出ます。

 

また、後頭部の神経が圧迫されると

その神経の走行ラインに沿って頭痛が出ます。

 

なので、姿勢が原因で起きる頭痛が

続いている場合は後頭部を親指で

マッサージしてあげるだけで楽になります。

 

ストレスからくる頭痛、肩こりを防ぐには

考えすぎないことです。ストレスが発生する時は

過去や未来のことを考えているときです。ですので、

今だけを考えることに集中します。今だけを考えることが

できない場合はとにかく寝ることです。寝ることで

ストレスを忘れることができるからです。

 

同じ症状で悩むお客さまの声

朝の痛みが少しずつ楽になってきました(肩こり)

肩こりがひどく、

首から肩にかけての

痛みがつよくて朝起床時が

特につらい日々でした。

 

施術をしてもらって、

朝の痛みが少しずつ

楽になってきました。

 

長年つけた姿勢のくせは

なかなかなおりませんが、

意識して姿勢を正すように

なりました。

土井芳枝様

たった1回でかなり肩こりが楽になりました

肩こりがひどくて、マッサージに

行ったりしてましたがなかなか

良くなりませんでした。

 

ホームページを見て、すぐ予約しました。
親切に説明して下さり、たった1回で

かなり肩こりが楽になりました。

 

しばらく通院して、肩こりを

治したいと思ってます。

高木麻由美様 春日井市 52歳

症状について詳しくはこちら

肩こり

関連記事