2年間、不妊で産婦人科で通院し、一ヶ月に一回人工授精を7回行ったが妊娠せず。

不妊前の状況

事を続けていたけど、忙しくて

生活リズムと食生活が乱れ

仕事をやめ出産のための体作りに専念し

産婦人科に通いながら今年の7月まで

人工授精をしながら働いていた。

 

しかし、妊娠せず思い切って

仕事をやめ生活位リズムと

体質改善に専念。

 

そのおかげで仕事からの

ストレスは解放され

精神的には安定状態に。

 

仕事のストレスとは

営業事務と役職として

お客様との接客や

後輩の面倒を見ていたために

仕事が終わって家に帰ると

何もできない状態。

 

会社内での人間関係は良好だけど

仕事量が他の社員と比べて多いのが

苦痛だった。

 

 

 

 

 

 

産婦人科での通院状態。

仕事をしているために

産婦人科に通う時間が決まっていたため

慌ただしい生活が続き、心に余裕がなかった。

 

仕事が終わってから通院し

人工授精は仕事前におこなっていた。

 

先生からは特に体に対して異常はなく

ご主人にも異常はない状態。

先生からはアドバイスよりは

励ましの言葉をかけられていた。

 

ただ、身体的には不妊の体ではなく

不妊治療の産婦人科にはいかず

自然分娩を求めていた。

 

 

不妊改善整体を受けて

今年の9月まで産婦人科での施術は諦めて

10月からご主人の紹介で不妊改善モニターとして施術開始。

 

施術を受けてからは食事が変わった。

野菜を多く取るようになり、毎日の生活習慣の記録を

つけることによって食べる品目が増えた。

 

仕事する前と比べると、睡眠、食事、運動も

できるようになり、料理教室にも通うようになり

気分は良好状態が続く。

 

 

 

 

現在の状況

心にゆとりが出て、

ご主人との喧嘩もなく

以前よりも話し合うようになった。

 

妊娠に対しても積極的になり

自分でどうしたらいいのか考えて

行動するようになった。

 

何よりも施術前よりも

前向きな気持ちになったことが

大きいと伝えてくれました。

 

今までが、生活習慣の乱れによって

体質が妊娠できる状態の体ではなかったので

まずは体質改善からはじめています。