【明日から熟睡できる3つの法則】

【ぐっすり眠るには

どうしたらいいの?】

 

です。最近、患者さんから

 

「先生、ストレスで眠れ

ないんです。。。」

 

という質問を受けます。

そこで睡眠に対する私の個人的な

意見をお伝えしますね。

 

 
1:【寝る3時間前までに

 

食事をすませる】
ダイエットの観点でいうと、

 

21時以降に食事をすると

太るので食事は21時までに

 

終わらせるとベストです。
一番よくないのは、

 

食べてすぐに寝ることです。
寝ている最中、胃袋が

 

グルグルして、逆にぐっすり

眠れなくなります。

 

 
寝る2~3時間前に食事を

すませて、布団に入るのが

いいと思います。

 

 
2:【香りでリラックスする】

リラックスするために

 

アロマオイルなどの、

 

においを使うのも効果的です。
お風呂に入った後に寝るという

 

アンカーが入っている人は、

 

お風呂の香りで眠くなります。
においのアンカーは強力なので、

 

リラックスする香りを探して

 

枕元に置いておきます。

 

 

 

においのアンカーは強力なので、

 

リラックスする香りを探して

 

枕元に置いておきます。
例えば、それを3カ月間続けると、

 

その香りをかいだだけで

 

脳に記憶されて眠くなります。

 

 
3:【布団を温めておく
眠れるときと、

 

眠れないときがあるひとは、

 

布団の中を温めてください。
電気毛布や湯たんぽを使って

 

布団の中を温かくしておくと、

 

眠りやすくなります。

 

 

 

12時からお昼休憩の人は、

 

昼寝は13時までに

 

15分寝てください。
15分以上の昼寝や、

 

13時以降の昼寝は

 

控えてください。
理由は、夜、眠くならないからです。

 

 

症状について詳しくはこちら

カラダの仕組み

関連記事