数年前に整形外科で頸椎5番、6番のヘルニアと診断され、その後悪化し左首から腕、前腕にしびれが続いている

最初に来院された時は症状が

首の痛みだけでしたが、仕事で単身赴任になり

施術することができませんでした。

 

数年後にこちらに戻ってこられたら

症状が首の痛みだけでなく

腕までしびれる・だるくなるまで

悪化していました。

 

たぶん椎間板が神経を強く圧迫されたと

思われます。

 

再度、整形外科で検査をして頂いたら

頸椎の4番、5番にもヘルニアが

見つかりまりました。

 

触診をしたら頸椎3番が大きく左側に

飛び出していて、そこを触ると腕に

しびれが走ります。

 

施術はその部分は触らずに

椎間板ヘルニアの施術を

優しく続けていき、徐々に腕の

しびれが緩和するようになり

だるさも

 

まだ、しびれが残っている状態ですが

仕事が休みのときはしびれがでなくなりました。

 

椎間板ヘルニアは痛みよりも

しびれの方が悪化しやすく

抹消兆候といって、痛み・しびれが

下がってくる場合は良くない状況です。

 

痛み・しびれが手足に来る前に

施術されることをお勧めします。

 

初期症状であれば

腰椎椎間板ヘルニアであれば

80%、頸椎椎間板ヘルニアで

あれば60%良くなると医学的

データで出ています。

 

 

 

症状について詳しくはこちら

肩こり

関連記事