ずーっと前から慢性的な腰痛で悩んでいて、アルバイトで重たいものを持ったら腰の骨の真ん中がズキッとして重くだるくなった

慢性的な腰痛の方は我慢していると

あるとき、突然悪化することがよくあります。

 

上記の方は我慢できる腰痛だったので

だましだまし湿布やコルセットをしながら

アルバイトをしていたのですが

突然、飲料の荷物を持った時に

ぎっくり腰になりました。

 

以前は痛みだけだったのに

それ以降は腰の骨の下の真ん中が

だるい、重たい症状が増えました。

 

いつまでたってもだるい・重たい

感じがしないので来院してもらったのですが

たぶん腰椎椎間板ヘルニアの初期症状だと

思われます。

 

腰椎椎間板ヘルニアの初期症状は

 

・朝起きると腰が痛い

・せき・くしゃみで痛い

・前屈で痛い

 

という兆候があります。

これにすべて当てはまっていたのと

腰椎椎間板ヘルニアのの検査である

整形学的検査、知覚検査、筋力検査を

行ったすべて陽性だったので間違いないと

思います。

 

腰椎椎間板ヘルニアはひどくなると

腰だけでなくお尻から足にかけて

しびれや痛み、だるさ、おもたさを

感じるのですがそこまで症状が

出ていなかったので、施術

させて頂きました。

 

もしも重症化していれば

提携ている整形外科へ紹介したと

思います。

 

運よく、一回の施術で腰の痛みが消え

直ぐに来て頂いたので治りも早かったと

思われます。

 

本人も痛いときは、膝を曲げて

重たい荷物を持っていたと

言っていたので、よっぽど

つらかったのでしょうね。

 

この状態であれば数回で

良くなる見込みです。

 

症状について詳しくはこちら

腰痛

関連記事