病院での突き指の治療と接骨院での効果的な2つの治療法

階段から落ちた時に突き指になりました

突き指になった患者さんのお話です。

 

階段から落ちて、薬指を強打しました。指が腫れて

いたので直ぐに整形外科でレントゲン、MRIを撮って

もらいましたが、運よく骨折はなく突き指ということでした。

 

病院での治療はギプス包帯固定と痛みどめの薬、

湿布で安静療法で経過をみることになりました。

 

2週間後、固定が外れ痛みが消えたのですが

薬指の第三関節が以前の曲げ伸ばしができなくなり

特に指を伸ばすと痛みが出ます。

 

突き指の治療で知ってほしいのは長い間、固定すると

関節の動きがかたくなり、元の状態に戻るまで、

時間がかかります。

 

今は突き指になっても短期間の固定と関節が固まらないように

直ぐに指を動かすリハビリが主流になっています。

 

上記の患者さんは完全に指を固定されていたので

リハビリができず、関節がかたまってしまったと思われます。

 

ただ、第一、第二関節がまだ固まって

いなかったので幸いでした。他の関節も

固くなってしまうと回復が遅れる原因になります。

 

接骨院である当院の施術は、電気で関節周囲の筋肉を

緩め、損傷した靭帯を修復する超音波を当て、最後に

固まった関節を少しずつ動かしていきました。

 

最初は全く動かなかった指の関節も施術を重ねて

いくうちに動き出すようになり自宅でもお風呂で

手をグーパーグーパーと握ったり開いたりしてリハビリを

行ってもらったら一ヶ月くらいで8割程度まで回復しました。

 

施術も週に2回、しっかり通って頂いたのですが

それよりも自宅でのリハビリをしっかり行ったことが

早く良くなった要因だと思います。

接骨院での効果的な2つの治療法

突き指は変形性の関節症(関節包の拘縮)になりやすいです。

急性期であればアイシングと超音波という電気療法が効果的です。

問題は直ぐに処置をせず慢性化してしまった場合です。

 

突き指が発症すると、関節包といって関節を包んでいる

袋の真ん中に亀裂が入ります。直ぐに自然治癒力が働き

亀裂が起きた関節包の線維同士がくっつこうとするのですが

綺麗にくっつかず、ランダムにくっつくため指の動きが悪くなります。

 

突き指の治療法ですが、1つはこのランダムにくっついた

繊維を一度切り離します。切り離すときに繊細な動きが

必要になります。

 

ランダムにくっついた繊維を切り離す場合、動かす関節の範囲は

1センチ以内です。これ以上動かすと、関節内で炎症(滑膜炎)を

起こし腫れる可能性があります。

 

指の関節包の繊維は縦方向だけでなく横方向にも

走っているので治療は指を曲げたり伸ばしたりする

だけでなく左右横方向にも動かします。

 

指の横の靭帯(側副靭帯)が損傷している場合は

治療で左右横方向に動かす時には注意が必要です。

 

もう1つの治療法は癒着した指の腱と腱を切り離すことです。

施術者が突き指を起こした関節の上下を持って軽く牽引して保持します。

この状態を施術者がキープしながら患者さん自身で指を曲げていきます。

これを繰り返すことによって癒着が剥がれます。

 

指には二股になっている指の浅い腱(浅指屈筋腱)

の間を深い腱(深指屈筋腱)が走っているのですが、突き指は

この部分で癒着が起きていることが多いです。

癒着が起きると第一関節の動きが悪くなります。

 

亀裂が生じた関節包の治療との違いは患者さん自身が

指を動かすことです。

 

まとめ

指を強く突いてしまい、腫れがひどく曲げ伸ばしが

困難な場合は直ぐに病院でレントゲンを撮って

もらいましょう。

 

突き指をしても、

 

「出血もないし、湿布をはっておけば大丈夫」

 

と思っている人が多いですが、骨折していることも多々あります。

指の骨折は珍しくありません。また、レントゲンでも

見つからない場合も良くあります。

 

以前、病院でのレントゲン写真では異常なしと言われ

突き指で来院された子供の患者さんがいました。

腫れが残っていたので念のため違う病院でもう一度

レントゲン写真を撮ってきてもらったら亀裂骨折していました。

 

大人はめったにないのですが、子供の指の骨折は

レントゲンでは骨がまだ軟骨の場合があるので

写らないことがあります。

 

もしも子供が指をついて痛みが出て引かなければ、

まず、最初に骨折を疑ってください。

  

突き指など指の怪我は、直ぐに治療を開始しないと

慢性化してしまい治療期間が長くなります。

 

また、関節の固定期間が長すぎても、固まって

動かしづらくなるので痛みが軽減したら、直ぐにリハビリを

開始しましょう。

同じ症状で悩むお客さまの声

少し緊張していた私でしたが、気が楽になりました(手の指のこわばり、 むくみ)

手の指のこわばり、

むくみが続いていて、

”エキテン”のホームページ

を見て来院しました。

 

初診の時、先生が丁寧に

問診して下さり、少し緊張していた

私でしたが、気が楽になりました。
一回目の施術で、

当日は身体のだるさも

ありましたが、翌日は身体も

軽くなってきました。
女性のスタッフさん

の対応も良く、好感が

持てました。

匿名希望

症状について詳しくはこちら

腱鞘炎

関連記事