【高速道路での運転】 春日井市 交通事故治療 むちうち

 

平成26年度中の愛知県内の高速道路における

死亡事故の発生件数は8件で前年比-6件でした。

安全な走り方(高速道路安全5則)

 

1、安全な速度で守ること

速度は法令で定められていますが

標識、標示や気象状況等で最高速度が

指定されている場合には、安全に車を

コントロールできる速度で走行する。

 

2、十分な車間距離をとること。

車間距離の詰めすぎは、多重事故につながる

 

3、割り込みをしないこと

特に、本線に入るときも、本線車道走行中の

車の進行を妨げない。

 

4、わき見運転をしないこと。

 

5、路肩(路側帯)を走行しないこと。

高速自動車国道などの順守事項

 

1、事前の措置

高速自動車国道などを走行しようとするときは

タイヤ、冷却水、燃料、オイルの量、荷物の積み具合

などを点検。

 

2、停止の表示

故障などのため、本線車道などや路肩(路側帯)

で停止するときは、停止表示器材を使用して

停止中であることをはっきり表示する。

 

初めて交通事故にあって首から背中にかけてだるく重たくなりました。

 

交通事故にあったときは

最初は何が起きたか分からなかったそうです。

 

その後、後方に車がぶつかっているのが

分かり、その時はまだ首や背中に痛みを

感じることはなかったそうです。

 

初めての事故だったのでちょっとして

パニック状態だったと思います。

 

それから警察官との事故現場の調査や

整形外科での診断、保険会社とのやりとりで

一通りの事務手続きを終えた後、ホッとしてから

急に首から背中にかけて痛みやだるさ、重たさを

感じたそうです。

 

最初は直ぐに良くなると思ったらしいのですが

徐々に悪化して、次第に腕から手までしびれるように

なりました。

 

不安になって整形外科でMRIを撮ってもらったところ

頸椎の5,6,7番に頸椎椎間板ヘルニアみつかり

これがしびれの原因だと先生に言われたそうです。

 

交通事故でのこういったケースが多くあり

後から痛みが出ることが多いです。

 

先生からは手術するまでもないということで

当院でも治療する許可を頂き、頸椎ヘルニアの

施術をさせて頂きました。

 

最初の2,3回は痛みは軽減したものの

しびれは消えませんでした。

 

一週間後してから指先のしびれから

消えだし、次第に前腕、腕、肩、首の

順番でしびれが消えていき、仕事が

デスクワークでなければもっと早く

なったと思います。

 

頸椎ヘルニアはデスクワークなど下を向く仕事を

する方に多く、慢性化すると肩から腕、指先に

しびれが出ます。

 

特に、初期症状は背中と肩の外側に

しびれや痛み、だるさ、鈍痛が感じられ

マッサージしても神経症状なので

消えないので、そういった場合は

疑ってください。