【交通事故のリスクに備える】 春日井市 交通事故情報

走行中のリスク管理

 

シートベルトの着用率は、前席に比べ功績が

著しく低くなっています。

 

一見安全そうに思える後部座席も、乗員が車内で

激突したり、車外に放出される危険もあります。

 

 

さらに前席乗員の被害を拡大させるおそれがありますので、

運転者は、助手席はもちろん、後部座席についても

シートベルトを着用させましょう。

 

また、チャイルドシートについても幼児を

守る保護者として正しく着用しましょう。

 

車の走行中にタイヤやエンジンなどに異常が起きた場合、

あわてずに落ち着いて行動することが大切です。

 

ハザードランプを点灯させて、後ろを走る車に

トラブルの発生を知らせましょう。

 

高速道路で路肩に停止した場合は、発炎筒を使って

合図するなどして停止表示器材を設置し、夜間は

ハザードランプ等をつけます。

 

●タイヤがパンクした場合

 

ハンドルをしっかり持ち、他の車の通行を妨げない場所に車を止め、停止表示器材を必ず

置いて安全に気を付けましょう。タイヤ交換は、地面が固く平らな場所で行います。応急用

スペアタイヤで長時間走るのはさけましょう。

●オーバーヒートが起きた場合

 

あわてずにほかの車のじゃまにならない安全な場所に車を止めましょう。

トラブルを防止するためには、日常の点検が重要です。

●雷対策

 

雷雲の移動速度は速く、15分程度で

通過するといわれています。

 

運転中、雷の音に驚いて運転を誤る危険もあるので、

安全な場所に待避して雷が通過するのを待つ

方法もあります。また、雷が鳴っているときは、

車外に出るより車内にいた方が安全です。

 

その際は、窓ガラスに近づかないようにしましょう。

 

●集中豪雨対策

 

集中豪雨のときは、特に立体交差道路、ガード下など

アンダーパスや、すりばち状の道路は、冠水のおそれが

高いので注意しましょう。

 

特に道路冠水による通行止めの表示があるときは、

絶対に進入しないことです。走行中、冠水道路が

あるときは、先に進むことはさけ、必ずきた方向に引き返す

ことが大事です。

 

また、車の水没時等に使用できる緊急脱出用具を

備えておきましょう。

 

車の盗難対策

 

自動車盗難や車上ねらいを防ぐには、

こまめにドアロックをすることはもちろん、

車内に貴重品を置いたまま車から

離れないこと。

 

また、防犯対策の整った駐車場を選ぶとともに

盗難防止装置を活用しましょう。

 

 

●警報・通報装置

振動や不正なドアの開閉に反応して警報音を発したり、

携帯電話を通じて車の異常を知らせましょう。

 

 

●イモビライザー

キーに埋め込まれた電子チップのIDコードと車両側の

IDコードが一致しなければエンジンはかかりません。、