実は慢性的な肩こりの原因は肩の問題でなかった!肩こりを引き起こす5つの原因と対処法

 

肩こりの原因は肩の後ろの筋肉(僧帽筋)が

緊張している、かたくなっている

はっている、からだと思っていませんか?

 

間違いではありませんが

実は二次的な問題なのです。

 

慢性的な肩こりで

マッサージで揉んでもらっても

その場しのぎで、また肩こりになり

根本的には解消しません。

 

そのことに気づかなければ

一生肩こりとお付き合いしません。

 

この記事を読んで肩こりで

悩んでいる、困っている方は

今日でバイバイしてさよなら

しましょう。

 

肩こりを引き起こす5つの原因と対処法

 

肩こりを引き起こす根本的な5つの原因は

実は頭、胸、腰、足、ストレスにあった

1:頭の位置が体の中心よりも前にある

 

肩こりの方は立った姿勢で

横からよ~く見ると頭の位置が

体の中心よりも前にあります。

 

  • 鏡で横から顔を見るとお化けのように前に突き出している
  • あごがあがっている
  • 後頭部が痛い、はっている
  • 目の奥が痛い
  • 病院でストレートネックと言われた

 

ちょうどあごが上がって

首のラインが真っ直ぐ斜めに前に

倒れている状態です。

 

この姿勢になると何が起きるのか?

 

実は頭はボーリング一個分の

重たさがあるので前に倒れます。

 

それにつられて肩が前に引っ張られて

丸くなり、肩の後ろの筋肉がはって

緊張している姿勢になっていまいます。

 

では、なぜ頭の位置が前にいくのでしょうか?

例えば、

 

・パソコンやスマホを

使う頻度が多いと目が疲れて

画面がかかすんで見えるため

よく見えるように画面との距離が短くなる

 

・画面の字が小さいと自然と近づいて読んだり 

数字など間違っていないか確認するために

画面をのぞきこんでしまう。

 

・雨の運転や、車のフロントガラスが

くもっているとき、前が見にくいため

顔が自然とフロントガラスに近づく

 

これが頭が体の中心よりも

前にいってしまう大きな原因です。

 

特にパソコンと毎日向き合っている

デスクワークの方に多いです。

 

2:胸の筋肉の緊張している

 

胸の筋肉は肩の前側付近にくっついています。

 

  • パソコンでキーボードを 早く打っているとき
  • 料理などで包丁を使っているとき
  • 仕事で腕を上げた状態で指を使って 細かい作業をしているとき
  • 編み物だと手芸をしているとき
  • 子供を抱っこしているとき

 

胸の筋肉が緊張すると

肩を前に引っ張り、肩が丸く

なってしまいます。

 

そして肩の後ろの筋肉が緊張して

はってしまい肩こりが起きます。

 

なぜ胸の筋肉が緊張するかと

いいますと長い間、肩を真上に

少し上げて、肘の関節の角度約90度、

そして指を一生懸命動かしているとき

実は胸の筋肉が過剰に働いていて

緊張します。

 

3:腰がそっている

 

「腰がそるとなんで肩こりになるの?」

って思う方がいるかもしれません。

 

  • お腹が出ている
  • 腹筋がない
  • 仰向きで寝ると腰が浮く
  • 仕事で立っている時間が長い
  • 姿勢を良くするために意識して胸をはっている

 

腰がそると体は後ろに倒れます。

バランスを取るために上半身や肩が

体の中心よりも前に倒れます。

 

これが原因で肩の後ろの筋肉が

前に引っ張られ緊張します。

 

背骨は軽度なS字カーブを

描いているのですが、腰が

そっている方は、このカーブが

大きくなっています。

 

一見姿勢が良さそうに見えますが

体には大きな負担がかかっています。

 

このケースは仕事でヒールを

よく履く女性の方に多いです。

 

靴よりもかかとが高いため

前傾姿勢になります。

 

その姿勢を保つために

腰をそらして後傾姿勢に

なろうとするからです。

 

4;偏平足

 

臨床上、肩こりの方は

偏平足になっている方が多いです。

 

 

  • 土踏まずがない
  • クッションがないスニーカーなどの靴を履くことが多い
  • 裸足で歩くとペタペタ音がする
  • 長時間歩くと足の裏がよく痛くなる
  • 子供の時に裸足で遊ぶことが少なかった

 

偏平足になると体の構造上

腰がそってしまします。

 

上記でも書きましたが

腰が過剰に反ることによって

バランスをとるために上半身や肩が

前にいきます。

 

前にいくということは

肩の後ろの筋肉がはってしまい

肩こりになるということです。

 

5:自律神経失調症(ストレス)

 

ストレスによる肩こりは全身疲労の

中の1つって知ってました?

  • 美容院で肩こりと言われた
  • いつも何もしていないのに肩がこっている
  • 朝起きると全身だるい
  • お腹の調子が良くないことが多い
  • トイレの回数が多い

 

ストレスがたまってくると

全身がだるくなり、体のあちこちが

痛い、こっていると感じます。

 

自律神経は主に血流や内臓の働きを

調節しているので、ストレスからくる

肩こりは血流の悪化や内臓機能の

低下が原因となります。

 

自律神経失調症やストレスで

肩こりで悩んでいる方の多くは、

背中もはっている、腰がだるい、足が疲れる、

腕が重たい方、お腹の調子が悪いなど

いろんな症状を訴えることが多いです。

 

対処法

 

胸の筋肉の緊張によって

肩が丸まるまって、肩こりに

なっている方の対処法

 

胸の筋肉がはっているか

どうかは、直接、胸を指で強く

押さえてみて痛くないか

はっていないか確認すれば

分かります。

 

肩こりがひどい方が

意識が肩へいってしまい

胸の筋肉がかたくなっていることに

気づかない、もしくは感覚がないことが

非常に多いです。

 

胸の筋肉の緊張が緩和し、

肩が前に出て丸くならなくなると

肩こりが根本的に解消されます。

 

対処法は胸の筋肉のストレッチを

行います。

 

肩甲骨を背骨に近づけるような

感じで胸を張りその状態を

30秒間キープするだけです。

これを一日3回行います。

 

同じ症状で悩むお客さまの声

たった1回でかなり肩こりが楽になりました

肩こりがひどくて、マッサージに

行ったりしてましたがなかなか

良くなりませんでした。

 

ホームページを見て、すぐ予約しました。
親切に説明して下さり、たった1回で

かなり肩こりが楽になりました。

 

しばらく通院して、肩こりを

治したいと思ってます。

高木麻由美様 春日井市 52歳

今までずっと肩こりに悩まされていましたが その場しのぎのマッサージなどで何とか保っており・・・(肩こり)

今までずっと肩こりに悩まされていましたが

その場しのぎのマッサージなどで何とか保っており

2ヶ月前に二人目を出産した直ぐから肩こりが今までに

増し初めて肩首の痺れ、冷痛や手にまで痺れが出るように

なりました。

また、上の子の時に産後骨盤矯正なども全くしなかたので

思い切って今回一緒に見て頂こうと思いネットで検索した

ところ口コミの評判やHPを拝見させて頂き連絡しました。

初めて施術をして頂いた印象はとても分かりやすい

説明で根本的な原因をすぐにつきとめ一回の

ちりょうでもすぐに効果が出てる事に驚きました。

今まで自分は何をしていたのか・・・・

もっと早くから先生に出会っていたらと思うくらい

かいぜん、期待できます。

今日は2回目の施術に行ってきます!!

今後とも先生宜しくお願い致します。

どこへ行っても良くならない慢性的な肩こり、猫背、足の裏の痛みで悩んでいた患者さん

来院の動機
前田先生のお兄さん?がテニスをやられていて、
妻がサークルで一緒だったため

 

来院前の悩み
足の裏が痛む、肩こり、猫背

 

感想
痛みが少しずつ引いていくように感じました。

 

他院との違い
施術が痛くない

ということです。

春日井市 38歳

症状について詳しくはこちら

肩こり

関連記事