頭痛の原因は実は首の問題がほとんど!?首からくる頭痛の原因3つとその対処法

頸椎の構造上の問題による頭痛とは

 

頭痛というと頭の問題だと

考えがちですが、肩こりやくびの痛み

からくる場合が多いです。

 

もちろん、脳の障害、頭の筋肉の緊張や

神経の圧迫血行障害、脳をおおっている

頭蓋骨のゆがみなども関係しています。

 

ここでは首が問題で起きる頭痛に関して

お伝えしていきます。

 

当たり前ですが首は頭とつながっています。

なので首の筋肉や神経が頭や脳につながって

いることにことになります。

 

頸椎起因性頭痛

  • 後頭部が痛い
  • 耳の下や上が痛い
  • 目の奥が痛い
  • 頭のてっぺんが痛い
  • ひたいの部分が痛い

1:首の筋肉の収縮により神経を圧迫することによる頭痛

 

過去にパソコンやスマホの使い過ぎで

首の筋肉が緊張し、頭痛になった

方が多いと思います。

 

首の筋肉の多くは頭につながって

いるのですが、特にそのなかでも

後頭部につながっている筋肉が

悪さをします。

 

こんな経験がありませんか?

 

頭痛で無意識に指で後頭部を

ギュッ、ギュッっと押すと一時的に

頭痛が軽減することを。

 

これは何が起きているかといいますと

姿勢の悪化であごが上がると

後頭部の筋肉が緊張します。

 

さらに後頭部の筋肉の間から

出ている神経が圧迫されます。

 

この神経が頭の後ろから側頭部

頭頂部、前頭部へと走り、最後は

目の奥で終わっています。

 

神経にそって頭痛が出ますので

部分的ではなく、ライン上に

痛みが走り、目の奥が痛くなります。

 

また後頭部の筋肉の間から

脳へつながっている動脈も

圧迫されますので、虚血状態となり

脳の栄養である酸素や糖分が

十分に運ばれなくて頭痛になります。

 

首の骨のゆがみからくる頭痛

  • 頭を後ろに倒すと痛い
  • 首を反らすと痛い
  • 天井を見ると痛い
  • あごが上がっている
  • 猫背

 

首の骨がゆがみ、あごが上がっている場合

頭痛が起きやすくなります。

 

首の骨のゆがみには大きく分けで法則得

2つあります。

 

ひとつは首の骨が前に出て、

のどが前に出ている状態。

 

もうひとつは首の骨が真っ直ぐになっている、

いわゆるストレートネックになっている状態です。

 

首の骨が前に出ている場合は

首の骨と骨が狭くなり、その隙間から

出ている神経や血管が圧迫されます。

 

首を後ろへ倒すと首の関節の

隙間がさらに狭くなるので

頭痛が起きることが多いです。

 

もうひとつの首の骨が真っ直ぐである

ストレートネックです。首の筋肉をさわると

棒のように筋肉がかたくなっています。

 

首を動かさなくても頭痛になることが多いです。

 

上記で書きましたが、ストレートネックの方は

目線が下がってしまうために、目線を上にするために

あごがあがってしまいます。

 

そして上記で書いた

後頭部の筋肉の収縮により

神経や血管を圧迫して頭痛に

なります。

 

1:脳・脊髄を包む硬膜の過緊張が原因の頭痛

 

脳は硬膜という膜によって包まれています。

 

首の上の骨がゆがむと、その骨から

後頭部につながっている筋肉が緊張します。

 

実はこの筋肉はある組織で

硬膜と連結しているため

筋肉が緊張すると硬膜がねじれ脳を

圧迫し頭痛が起きます。

 

まとめ

 

首の問題でなくて

脳の問題、脳出血、脳卒中、脳こうそくなどになる前は

頭がピンポントで局所的に痛みが出ます。

(他の前兆として肩こり、目の出血、風邪などもあります)

 

この場合は直ぐに病院へ行って

検査を受けて下さい。

 

脳の障害は前兆がないことが

多いので突然、ハンマーで殴らた感じで

激痛が走ります。

 

予防としては血圧を毎日

測っておくことをお勧めします

 

高血圧の方は血管に圧力が

かかっているため、血管が損傷して

出血したり、血液がドロドロで流れが悪く

つまってしまう危険性があります。

 

高血圧はサイレントキラーといって

痛みがないので注意が必要です。

 

対処法

 

首の筋肉のストレッチ

1:枕を敷いて仰向きで寝ます。

2:息を吸います。

3:ゆっくり吐きながらあごを少し引き

頭を枕へ真っ直ぐ真下へ押しつけます。

4:3の状態を維持したまま両肩を

足に向かって下げます。