冷え性は手足を温めると逆効果!?女性の冷え性の原因と3つの対処法

冷え性の原因


実は冷え性は病気ではありません。

 

なぜなら冷え性の「性」という漢字は

「症」ではないからです。

 

ですので病院へいっても冷え性を治す

お薬は出されることはありません。

 

冷え性は体が冷える性格だと思ってください。

 

人間は性格を変えることは難しいですが、

体質は変えることができます。

 

冷え性で悩まれている方、困っている方は

ぜひ下記の対処法、予防法をやってみて下さい。


本題に入りますが

女性の慢性的な冷え性の原因は

大きく分けて2つあります。

 

1つは生理周期の乱れなどにより

ストレスに関係している自律神経が

不安定になる

 

2つめは、いつも手足を温める

 

です。

 

環境の変化によって、自律神経は血管を広げたり、

縮めたりすることによって血流を自動的に調節

してくれます。

 

精神的なストレスが蓄積されると

自律神経が乱れ、血流をコントロール

できなくなり、手足に血液が行きわたらず

冷え性になります。

 

次に手足を温めるですが、

一般的には手袋や厚手の靴下をはいて

冷えを防ぐと思います。

 

手足を温めると心臓が

 

「手足は温まっているから血液を

送らなくてもいい」

 

と認識してしまい手足への血流量が

減り体全体が冷えてしまいます。

 

 また心臓から手先に届く血液は温かく

そして手先から心臓へ戻ってくる

血液は冷たいです。

 

ですので血流量が減るだけなく

冷たい血液が手足から心臓へ

戻ってくるのでさらに体が冷えます。

 

冷え性の対処法

  • カイロで温めても冷える
  • 靴下を2枚はいても冷える
  • 夏でも冷える
  • 手袋をしても冷える
  • お風呂に入っても冷える
  • 毎日、ストレスがある

1:お腹を温める

 

冷えるとお腹を温めることは

昔の人も知っていたと思います。

 

なぜなら腹巻や湯たんぽなど

使っていたからです。

 

上記でも述べましたが

お腹を温めることよって

手足の末端に血液が行き届き

冷え性を防ぎます。

 

今は貼るカイロなどあるので

服の上から貼りつけておけば

熱を発散させる時間も長いので

おススメです。

(温湿布は皮膚がかぶれることが

あるのでおススメしません)

 

もちろん昔のように腹巻や

42度以下の湯たんぽを

お腹に当てて寝ることも

効果的だと思います。

 

 

お風呂に長時間入ることも良いと思いますが

できればリラックスできる42度以下の

温度のお湯がいいと思います。

 

42度以上ですと興奮する交感神経が

働き血管を収縮させ、一時的には

温まりますが、お風呂から出ると直ぐに

カラダが冷えると思います。

 

また、半身浴が良いといわれていますが

おススメは王様がお風呂に入るように

手足はお湯から出してお腹を集中して

温めることです。

 

あえて手足を冷えさせることによって

お腹からの血液量を増やすためです。

 

2:手足ををきゅっと縮める

 

寒いとカラダは冷えから守る

動作をします

 

例えば、外が寒いと“グー”のように

手足の指先を曲げて縮め、わきをしめる

態勢になると思います。

 

血液の流れは心臓から出て手足の

末端に流れ、手先から熱が発散されて、

冷たい血液が心臓へ戻ってきます。

 

これは、内臓を冷えるのを防ぐために

手先や足先の血管をキュッと縮めることによって

手先からの熱の発散を防止するためです。

 

手袋や靴下を2枚はいたり、厚手のものを

使うと手足を曲げる必要がなくなるので

表面的には冷えても体の深部までは

温まらないのはそのためです。

 

3:手足を温めない

 

「えっ!」て思われるかもしれませんが

上記でも書きましたが、お腹、つまり

内臓から手足などの末端へ流れる

血流量を増やすためです。

 

寒いときに手足を温めると

脳は手足まで血液を流さなくていいと

判断します。

 

非常識な考え方かも

しれませんが、やってみると

手足が温まることを感じると

思います。

 

どうしても手足が

寒いようであれば薄い手袋や

靴下をはくことをお勧めします。

 

まとめ

 

まとめとして最後に「冷え性予防」

についてお伝えします。

 

冷え性は環境の変化にとっても敏感です。

 

リラックスな環境の中にいると

自律神経の副交感神経が働き

血管が広がり、血行がよくなります。

 

理想は夜はリラックスした環境で

生活し(寝る前ににスマホやパソコンをやる

と脳が興奮して睡眠は浅くなり熟睡できません)

 

食事は旬なもの(冬であれば根野菜)を

食べます。夏野菜は体を冷やす効果があり

根野菜は体を温める効果があるからです。

 

睡眠はクマと同じで冬眠生活に入るので

いつもよりも長めがいいかと思います。

 

春から夏の活動のためにエネルギーを

蓄えるために人間もクマと同じで

1~2時間、長く寝ることが冷え性予防に

なると思います。

 

症状について詳しくはこちら

カラダの仕組み

関連記事