中学生や高校生に多い膝の痛みである成長痛(オスグット)の原因は太ももの筋肉の緊張だけでなく、○○足も原因だった。

成長期に走ったり、ジャンプすると膝が痛くて悩んでいませんか?

  • 膝を曲げると膝のお皿の下が痛い
  • 部活で力いっぱい走ったりジャンプしたりすると痛い
  • ダッシュをすると膝の下が痛い
  • 力を入れて膝を伸ばすと痛い
  • 正座ができない

成長痛であるオスグット病の原因

 

中学生や高校生が部活に入って

サッカーやバスケット、ハンドボールなど

よく太ももの筋肉を使うと膝の成長痛である

オスグット・シュラッター病が発症しやすいです。

 

オスグット・シュラッター病は成長期に起こりやすく

一般的な原因として、太ももの筋肉(大腿四頭筋)の

発達や急激に身長が伸びることによって膝のお皿の下に

ある出っ張った骨が靭帯(膝蓋腱靭帯)によって引っ張られ

はがれる疾患です。

 

太ももの筋肉は膝のお皿を通って靭帯に変わり

膝下のでっぱた骨にくっついています。

 

実際には骨にくっついているのではなく

骨の中まで靭帯が入り込んでいるために

切れるのではなく、骨をひっぱって

はがれることになります。

 

オスグットの対処法

オスグッドシュラッター病の対処法は、

さまざまなものがあります。

 

まず、運動する前とした後の大腿四頭筋の

ストレッチです。そして、運動した後のアイシングです。

 

さらに効果があるのは、オスグッドバンドという

サポーターです。

 

このサポーターは膝の下の所に巻くのですが、

膝の下に巻き、膝蓋腱を押さえることにより、

膝蓋腱が脛骨結節を引っ張るのを抑えてくれます。

病院でのオスグット病の治療とリハビリ

 

病院でレントゲンを撮ってもらうと

オスグット・シュラッターかどうか

分かりますが、治療となると痛み止めの

薬や湿布が処方されます。

 

リハビリは、お皿とお皿の下にある

出っ張った骨の間にバンドを巻いて

緊張している靭帯を緩和させます。

(シュラッターバンド)

 

もしくは太ももの筋肉をマッサージや

ストレッチなしたり、電気を当ててゆるめます。

 

これで膝の痛みが軽減すれば

いいのですが、部活や試合で休めなくて

安静にすることができない学生が多いので

どうしても慢性化しているのが現状です。

 

太ももの筋肉をストレッチする以外のオスグット病の治療法

 

太ももの筋肉を緩める以外の治療とは

これは足全体の角度を変えることです。

 

足のラインは真っ直ぐではなく、例えば右足であれば

少しだけ「く」の字になっています。

 

この「く」の字が大きいとX脚になり

「く」の字が逆になるとO脚になるといわれています。

 

今までオスグット病の学生を見てきて

多かったのが偏平足、いわゆる

べた足からくるオスグット病です。

 

偏平足になるとく体の土台である足のバランスが

崩れてしまい「く」の字が大きくなるので

X脚やO脚になりやすくなります。

 

これによって足全体のラインに角度がつくので

太ももの筋肉もそれにつられて引っ張られて

緊張しやすくなります。

 

そのため、太ももの筋肉とつながっている

お皿の下にある靭帯も緊張して

オスグット病になりやすくなります。

 

膝の痛みを引き起こす偏平足とは

 

偏平足を一言で説明するとべた足です。

 

特に学生時代にバスケットやバレーボールなどジャンプしている

競技を長くやっていた方やマラソンなど長時間、コンクリートや

アスファルトなどの道路で走っている方に多くみられます。

 

また、遺伝なのかどうか分かりませんが、

何もしていなくても偏平足になっている方も

います。

 

自分が偏平足かどうかは立った状態で土踏まずに

指を入れてみます。最低でも指の第一関節が入れば

大丈夫ですが、入らないと偏平足になりかかっています。

 

全く入らない人は偏平足ですね。

裸足で廊下など歩くと「ペタペタ」足音がしたり

外で走ると地面を踏みつけるような走り方になります。

 

座った状態や寝た状態では偏平足かどうかは分かりません。

体重がかからない、もしくはある筋肉が働くことによって

偏平足であっても土踏まずがあるように見えます。

 

これは錯覚なので、立った状態で必ず

確認してください。

 

偏平足は足のアーチが崩れて

土踏まずが当たりますので、足裏の内側が

痛くなったり、親指の内側が痛くなります。

 

また、土台である足はアーチがあることよって

クッションの役割を果たし、体重や地面や床からの

衝撃を吸収します。

 

偏平足の方は吸収力がないため

膝や股関節、腰に衝撃が伝わり、

ひどいと背中や首にも痛みが出ます。

 

腰痛やひざの痛みが病院で治療やリハビリをしても

ずーっと消えない、軽減しない場合は

偏平足かどうか疑ってみて下さい。

 

偏平足からくるオスグット病を予防するには

 

結論から言いますと

足のアーチを上げるしかありません。

 

成長期までなら、このアーチを上げることができます。

足のアーチを上げる方法は2つあります。

 

1つは両膝を45度曲げた状態で

床に座って、タオルを敷いて

そこの上に足の裏をのせます。

 

そして足の指だけを使ってタオルを

ギュッ、ギュッと手前に引っ張ります。

 

そうすることによって、足裏の筋肉が

鍛えらえて足裏の縦の幅が縮まり

足のアーチを上げることができます。

 

もしくはビー玉を用意して足の指で持ち上げて、

その状態を維持したまま少し横に移動させて

ビー玉を床にゆっくり下して離します。

 

これも足裏の筋肉を鍛えて足のアーチを

上げる効果的なトレーニングです。

 

成長期を過ぎると偏平足は

足の指のトレーニングをしてもなかなか

足のアーチを上げるのは難しくなります。

 

この場合は、土踏まずの上がった中敷き

もしくはインソールを敷くか、土踏まずの上がった靴や

スポーツシューズを選ぶことをお勧めします。

偏平足を改善するにはインソールが一番効果的

 

成長期を過ぎると偏平足は治りにくくなります。

そんなときはインソールを靴の中に入れることをお勧めします。

 

特に土踏まずが上がっているインソールがお勧めです。

今はインソールの種類がたくさんありますのが、固さや

高さを間違えると逆に痛みが出てしまうことがありますので

専門の方によく聞いてから購入することをお勧めします。

 

偏平足は足の裏の骨が下がってしまったり

足裏の筋肉が低下していることが多いですが

治療をしても、また立って歩くと直ぐに戻ってしまいます。

 

インソールを入れることによって

常に土踏まずがある状態になるので

偏平足が原因で足裏の痛み、膝の痛み、腰の痛みを

引き起こしているのであれば長時間、効果があります。

偏平足を予防するテーピング

 

テーピングは一時的な予防法で、

根本的な予防法ではありません。

 

ですので、運動や部活の試合、スポーツをするとき

などに貼ることがお勧めです。

 

貼り方は自分で貼るのは難しいので

誰かに貼ってもらうといいでしょう。

 

準備するものは伸縮する茶色のテーピング(幅5センチ)と

ハサミです。最初に長さを測って、はがれにくくするために

角を切っておくといいでしょう。

 

寝た状態から足首を直角に曲げて貼ります。

貼る順番は足の裏の小指側から貼り、足裏の真ん中を通って

くるぶしを通り、足の内側を通って膝下まで貼ります。

 

2本貼るのですが重ねて貼るのではなく少ずらして貼ります。

 

テーピングの貼り方のポイントは足裏に貼りつけてから

少し上に引き上げるように引っ張りながら貼って、

最後はゆるめて膝下のふくらはぎの内側の

部分で貼り終えます。

 

あまり強く引っ張って貼ると直ぐに

はがれてしまいますので注意して下さい。

偏平足の方の靴の選び方

 

偏平足の方は開帳足といって

足幅が広くなりますので、どうしても

靴のサイズがちょっと大きいものを選びがちです。

 

ポイントは土踏まずの部分がしっかり

上がっているかどうか触ってみることが

大事です。

 

宣伝するわけではありませんが

土踏まずがしっかりしている靴は

「ニューバランス(NB)」という靴です。

 

足に負担がかからないランニングシューズをメインに

開発している海外のメーカーなので、どの靴も

土踏まずの構造がしっかりしています。

 

夏場は靴を履くことが少ないと思いますので

サンダルの場合であれば「ホーキンス」という

メーカーがお勧めです。

 

日本のメーカーの靴でも今は

通勤専用の靴やウォーキング専用の靴が

販売されているので、お店で一度履いて

少し店内を歩きながら5分くらい履き続けて

下さい。

 

その時に土踏まずが上がっている感じがして

足裏に痛みがなければ大丈夫だと思います。

 

分からない場合は専門の方に聞いてみるのが

いいでしょう。

まとめ

 

成長期にオスグット病になり

膝を痛めても我慢して部活をやっている学生は

多くいます。

 

痛みを直ぐに消したいのであれば

患部に氷水で10分間当てて冷やしてください。

 

特に運動やスポーツをした直後は

炎症を起こしていますので、できるだけ

早くアイシングをすると次の日の朝は

痛みが和らいでいます。

 

膝を曲げるのも困難な状態から

痛みはあるけど運動ができる状態に入ったら

太ももの筋肉のストレッチを行ってください。

 

ストレッチの方法は

お風呂の中で正座します。

これを30秒間を3回行ってください。

 

お風呂の中で膝を曲げてストレッチを行うメリットは

血流が良くなり筋肉がほぐれて床やグラウンドで

やるよりも曲げやすいと思います。

 

もしも痛みが出るようであれば、直ぐに

やめてアイシングだけを行ってください。

 

オスグット病は慢性化しやすい疾患です。

 

ストレッチなので太ももの筋肉をゆるめる以外にも

整形外科や接骨院、整骨院なので足の関節や、股関節,

骨盤の矯正によって膝の痛みが軽減されます。

 

ぜひ、オスグット病が慢性化にならないうちに

膝の疾患が得意な病院で治療することを

おススメします。