中学生や高校生に多い膝の痛みである成長痛(オスグット)の原因は太ももの筋肉の緊張だけでなく、○○足も原因だった。

成長期に走ったり、ジャンプすると膝が痛くて悩んでいませんか?

  • 膝を曲げると膝のお皿の下が痛い
  • 部活で力いっぱい走ったりジャンプしたりすると痛い
  • ダッシュをすると膝の下が痛い
  • 力を入れて膝を伸ばすと痛い
  • 正座ができない

成長痛であるオスグット病の原因

 

中学生や高校生が部活に入って

サッカーやバスケット、ハンドボールなど

よく太ももの筋肉を使うと膝の成長痛である

オスグット・シュラッター病が発症します。

 

オスグット・シュラッター病は成長期に起こりやすく

一般的な原因として、太ももの筋肉(大腿四頭筋)の

発達や急激に身長が伸びることによって膝のお皿の下に

ある出っ張った骨が靭帯(膝蓋腱靭帯)によって引っ張られ

はがれる疾患です。

 

太ももの筋肉は膝のお皿を通って靭帯に変わり

膝下のでっぱた骨にくっついています。

 

実際には骨にくっついているのではなく

骨の中まで靭帯が入り込んでいるために

切れるのではなく、骨をひっぱって

はがれることになります。

 

病院でのオスグット病の治療とリハビリ

 

病院でレントゲンを撮ってもらうと

オスグット・シュラッターかどうか

分かりますが、治療となると痛み止めの

薬や湿布が処方されます。

 

リハビリは、お皿とお皿の下にある

出っ張った骨の間にバンドを巻いて

緊張している靭帯を緩和させます。

(シュラッターバンド)

 

もしくは太ももの筋肉をマッサージや

ストレッチなしたり、電気を当ててゆるめます。

 

これで膝の痛みが軽減すれば

いいのですが、部活や試合で休めなくて

安静にすることができない学生が多いので

どうしても慢性化しているのが現状です。

 

太ももの筋肉をストレッチする以外のオスグット病の治療法

 

太ももの筋肉を緩める以外の治療とは

これは足全体の角度を変えることです。

 

足のラインは真っ直ぐではなく、例えば右足であれば

少しだけ「く」の字になっています。

 

この「く」の字が大きいとX脚になり

「く」の字が逆になるとO脚になるといわれています。

 

今までオスグット病の学生を見てきて

多かったのが偏平足、いわゆる

べた足からくるオスグット病です。

 

偏平足になるとく体の土台である足のバランスが

崩れてしまい「く」の字が大きくなるので

X脚やO脚になりやすくなります。

 

これによって足全体のラインに角度がつくので

太ももの筋肉もそれにつられて引っ張られて

緊張しやすくなります。

 

そのため、太ももの筋肉とつながっている

お皿の下にある靭帯も緊張して

オスグット病になりやすくなります。

 

偏平足からくるオスグット病を予防するには

 

結論から言いますと

足のアーチを上げるしかありません。

 

成長期までなら、このアーチを上げることができます。

足のアーチを上げる方法は2つあります。

 

1つは両膝を45度曲げた状態で

床に座って、タオルを敷いて

そこの上に足の裏をのせます。

 

そして足の指だけを使ってタオルを

ギュッ、ギュッと手前に引っ張ります。

 

そうすることによって、足裏の筋肉が

鍛えらえて足裏の縦の幅が縮まり

足のアーチを上げることができます。

 

もしくはビー玉を用意して足の指で持ち上げて、

その状態を維持したまま少し横に移動させて

ビー玉を床にゆっくり下して離します。

 

これも足裏の筋肉を鍛えて足のアーチを

上げる効果的なトレーニングです。

 

成長期を過ぎると偏平足は

足の指のトレーニングをしてもなかなか

足のアーチを上げるのは難しくなります。

 

この場合は、土踏まずの上がった中敷き

もしくはインソールを敷くか、土踏まずの上がった靴や

スポーツシューズを選ぶことをお勧めします。

まとめ

 

成長期にオスグット病になり

膝を痛めても我慢して部活をやっている学生は

多くいます。

 

痛みを直ぐに消したいのであれば

患部に氷水で10分間当てて冷やしてください。

 

特に運動やスポーツをした直後は

炎症を起こしていますので、できるだけ

早くアイシングをすると次の日の朝は

痛みが和らいでいます。

 

膝を曲げるのも困難な状態から

痛みはあるけど運動ができる状態に入ったら

太ももの筋肉のストレッチを行ってください。

 

ストレッチの方法は

お風呂の中で正座します。

これを30秒間を3回行ってください。

 

お風呂の中で膝を曲げてストレッチを行うメリットは

血流が良くなり筋肉がほぐれて床やグラウンドで

やるよりも曲げやすいと思います。

 

もしも痛みが出るようであれば、直ぐに

やめてアイシングだけを行ってください。

 

オスグット病は慢性化しやすい疾患です。

 

ストレッチなので太ももの筋肉をゆるめる以外にも

整形外科や接骨院、整骨院なので足の関節や、股関節,

骨盤の矯正によって膝の痛みが軽減されます。

 

ぜひ、オスグット病が慢性化にならないうちに

膝の疾患が得意な病院で治療することを

おススメします。