長時間、椅子に座ると腰が痛くなる3つの原因と対処法

あなたも一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

長い間、椅子や床に座っていると腰が痛くなって

動けなくなったり、足がしびれたりしたことを。

 

今回は長時間座って腰が痛くなる原因と

対処法について説明します。

  • 長時間座ると直ぐに腰がはってくる
  • 腰が痛くてデスクワークがつらい
  • 椅子に座ると直ぐに足を組んでしまう
  • 猫背で姿勢が悪い
  • 体重が重い

腰の筋肉が緊張している

 

デスクワークや事務仕事で

長時間、椅子に座って疲れてくると

腰が自然に丸くなってくると思います。

 

特に運動不足で腰を支えている

腹筋が衰えている方は、、、

 

その状態が続くとどうなるか?

 

筋肉はゴムのような役割をしています。

伸びたり縮んだりして関節を動かして

血流を良くしています。

 

同じ姿勢を取っていると

ゴムである筋行くがずーと伸び縮みしない

わけですから弾力性がなくなってきて

固まってきます。

 

そして、筋肉が徐々にはってきて

血行が悪くなり、痛みを感じるようになります。

 

特に座った状態から立ち上がろうとすると

固くなった腰の筋肉が一度の伸びて、反動で

急激に縮むのでズキッと痛みが出やすいです。

 

対処法

 

腰の筋肉が過緊張を起こして

腰痛になっているので、緊張する前に

立ち上がって歩いたり、腰のストレッチを

行えば直ぐに痛みが軽減すると思います。

 

問題なのは仕事や趣味、勉強などに

没頭しすぎると痛みを忘れて長時間座っていることに

気づかない場合です。

 

こんな場合はタイマー、アラームなどをセットして

あらかじめ座る時間を決めおいた方がいいでしょう。

 

骨盤がゆるんでしまう

 

かたい椅子や床に長時間座っていると

腰より下、お尻よりも少し上のあたりに痛みを

訴えることがあります。

 

人間は座るときに骨盤の坐骨という部分で

上半身の体重を支えています。

 

椅子が固かったり、床に座ると

下から上に力(床反力)が伝わり坐骨を通して

骨盤の関節に力が加わってゆるむ原因になります。

 

例えば学芸会の時に床に座って子供の

演技を見ていたときや、卒業式や入学式で長時間

固い椅子に座っていたとき、運動会で地面に座って

いるときなどは骨盤の関節が緩みやすくなります。

 

骨盤がゆるむとどうなるか?

足首の捻挫と同じような現象が起きます。

 

骨盤はバンドの役割をしている

靭帯によって固定されているのですが

この靭帯が緩んでしまい(仙腸関節捻挫)、

骨盤がグラグラになって腰から下、お尻からの上

のあたりに痛みを訴えます。

 

また、よくなるのが足を組んで座っている時です。

例えば、右足を上にして足を組んでいると

右をお尻が浮き左の坐骨で座っていことになります。

 

体重を左の坐骨だけで支えるようになるので

足を組まないで座っているよりも2倍の体重が

かかることより、骨盤の関節がゆるむ原因となります。

 

他にも体重が標準値よりも重たく、特にお腹など上半身が

太っている人は足を組まなくても骨盤がゆるむ原因となり

骨盤の周辺に痛みが出ます。

 

上記のように骨盤がゆるんでしまった場合、

座っている時よりも立ち上がる瞬間に

痛みが出ることが多いです。

 

理由はゆるんだ骨盤が立ち上がるときに

大きくきくずれてしまうからです。

 

足の捻挫を起こしたとき、体重をかけて

歩けない状態と同じことが起きていると

思ってもらえれば分かりやすいと思います。

 

対処法

 

骨盤がゆるんでしまったら

骨盤ベルトで固定するのが一番効果的です。

 

骨盤ベルトをしても直ぐには骨盤のゆるみが

解消されることはありません。

 

最低でも1週間から2週間かかると思ってください。

 

出産後、産婦人科でトコちゃんベルトなど

骨盤ベルトで固定する目的も骨盤が

ゆるまないようにするためです。

 

薬局やドラッグストアで骨盤ベルトを

購入するときは二重の骨盤ベルトを選んでください。

一重の骨盤ベルトでは固定力が小さいからです。

 

ゆるんだ骨盤を固定するには、ある程度

締めつけないと効果がありません。

 

また骨盤ベルトのつける位置が違っている

方が多いです。

 

骨盤ベルトですから骨盤に巻くわけですが

腰に巻いている方が目立ちます。

 

巻き方はウエストよりも下につけて

お尻の少し上に巻くような感じです。

 

しっかり固定しないと上に上がってきますので

その時はもう一度外して付けなおして下さい。

 

ベルトを巻いて座った時に痛みが軽減しない

場合は巻く位置が違っていると思って

頂けばいいかと思います。

 

腰の神経が圧迫されている

 

神経の問題にはいろいろありますが、

一番多いケースは腰の椎間板ヘルニアです。

 

長時間ずーっと座っていると

腰の骨と骨の間にある軟骨(椎間板)が後ろへ

飛び出して、椎間板の後ろを通っている

神経に触り痛みが出ます。

 

この時の症状は腰の骨の上が痛くなったり

お尻の割れ目が痛い、尾てい骨に痛みが

出るのが特徴です。

 

神経への圧迫が大きくなると

お尻の奥に鈍い痛みがある、太

ももやふくらはぎがしびれる、感覚がない

などの症状が出ます。

 

ここまで我慢すると椎間板ヘルニアが

かなり進行しています。

 

腰の椎間板ヘルニアは

症状が一気に出ないため最初は単なる腰痛と

勘違いしてしまいがちです。

 

それを我慢して座り続けると、次第に痛みが

増してきて、あるとき突然、腰が痛くて動けなくなったり

腰痛だけでなくお尻から足にかけてジーンとしびれが

出てきたり、触っても感覚がなかったり、冷たい感じがします。

 

そして

 

「これはヤバいかも」

 

と思って病院へ飛び込むパターンが多いです

 

この状態まで我慢しますと

先ほども述べたように症状がかなり

進行していますので病院でブロック注射や

リハビリを行っても治療期間が長くなる

傾向にあります。

 

神経の問題で覚えておいてほしいのは

痛みよりもしびれの方が強い場合は

神経を強く圧迫している可能性が

高いということです。

 

また痛みやしびれが腰からお尻から足へ

下へさがってくる場合は悪化している

兆候です。

 

「腰の痛みがなくなって、お尻や足に

しびれがきたから大丈夫」

 

この時は要注意です。直ぐに対処しないと、

後々、手術しないかもしないのでお尻から足にかけて

しびれや感覚が麻痺したり、足がだるく重たくなって

歩くのが困難になったら直ぐに病院で診てもらうことを

お勧めします

 

対処法

腰を丸めていると痛みが出ますので

基本は腰を後ろへ反らして伸ばすことです。

 

ゆっくり立ち上がってウエストあたりの

腰骨の真横に両親指を当てて痛みのない

範囲で腰をゆっくり後ろへゆっくり反らしてください。

そしてゆっくり戻します。

 

この時に気持ちいい感じがあれば10回を2セット行ってください。

よくあるのが、腹筋や前屈などのストレッチを行う方が多いですが

悪化しやすいので絶対に行わないで下さいね。

 

もしも腰を反らしても痛みが出る場合は

腰のヘルニアが悪化している可能性があるので

ストレッチや体操はせず直ぐに病院で診てもらって下さい。

 

症状について詳しくはこちら

腰痛

関連記事