五十肩は良くなる⁉︎根本的に治す3つの治療法

50代に入ると何もしていないのに突然

「あれ!肩が上がらない」

ってことがあります。

五十代に多い症状なので五十肩と言われていますが

40代、60代でも発症します。

具体的にどんな状態が五十肩なのか

解説していきます。

  • 腕を上げると肩の奥や腕の外側が痛い
  • 肩が痛くて夜目が覚める
  • 腕が痛くてずーっと上がらない
  • 着替えができない
  • 高いところに置いてある物が取れない

肩が痛いけど、五十肩かどうか分からない?

 五十肩は肩が痛くても、

痛くなくても腕が上がらないです。

 

もしもあなたが五十肩かどうか分からない場合は

手の平を上に肘を伸ばして横から腕を上げてください。

次に手の平を下にして横からあげて下さい。

 

手の平を上にしたら腕が上がり、手の平を下にしたら腕が

上がらない場合は五十肩の可能性は低いです。

 

この場合は挟み込み症候群(インピンチメント症候群)

といって治療すれば早く良くなります。

 

手の平を上にしても下にしても腕が上がらない人は

五十肩、四十肩の疑いがあります。これは痛みが

なくてもです。

 

五十肩の症状がひどい時は、着替えをするときや

女性なら下着をつけることが困難になります。

 

そのため、できるだけ痛みが出ないような

生活を送りますが、肩を動かすことが少なく

なるので、肩の関節や筋肉はかたまってしまい

さらに腕が上げにくくなります。

 

「五十肩はほっておくと治る」

「あるとき急に治る」

 

という方もいますが、仮に治ったとしても

以前のように腕が上げられなくなります。

 

直ぐに病院で診てもらえれば、回復も早いですが

問題なのは痛みがないのに腕が上がらないケースです。

 

痛みがないから治療する必要はないと

勝手に判断してしまいます。

 

それが五十肩が長期化する原因になります。

五十肩の原因とは

五十肩の原因は大きく分けると3つあります。

 

・鎖骨の動きが悪い

・肩甲骨の動きが悪い

・深部の筋肉がかたい

 

五十肩は英語でフローズンショルダーといって

氷結した肩と表現しています。これから五十肩の原因と

対処法について解説していきます。

鎖骨が動かない

「肩が痛いのに鎖骨が関係しているの?」

 

って思った方がいると思います。意外かもしれませんが

肩関節に深く関係しています。

 

例えば鎖骨が骨折すると腕が上げられなくなります。

つまり腕は鎖骨一本によって支えられていることになります。

 

鎖骨は車で例えるとシャフトの部分にあたり、タイヤは

肩関節になります。鎖骨がくるくる回らないと、肩関節が

回らない構造になっています。

 

五十肩になると、この鎖骨の動きが悪くなります。

特に鎖骨の内側と胸骨で構成している胸鎖関節の動きが

制限されると、鎖骨がスムーズに動かなくなり腕が

上げづらくなります。

 

この場合、関節がスムーズに動かないので、無意識に

腕の力を使って一生懸命上げようとします。これを何度も

繰り返すと筋肉痛になり、腕の外側に痛みが出ます。

 

五十肩の治療が難しいと言われているのは

鎖骨の調整が自分ではできないからです。

 

鎖骨が正常に動くようになると他に原因があったとしても

腕が上がるようになります。

 

実は鎖骨の外側もずれることがあります。腕を伸ばして横から

上げていき160度から180度のあたりで痛い、ひっかかる感じが

ある場合は鎖骨の外側の関節である肩鎖関節がゆがみが

関係しています。

 

肩鎖関節のゆがみは、腕が上がりきる最後の部分で

影響が出るので仕事や日常生活にはそれほど支障はないと思います。

 

五十肩が治ってきて、あと少しで治りそうな感じになってきたのに

なかなか治ららない場合は肩鎖関節が関係しています。

肩甲骨が動かない

肩甲骨の動きは肋骨上を左右に回るイメージがあると

思います。実はもう一つ動きがあることを知っていますか?

 

肩甲骨は腕を上げると回るだけでなく、なんと後ろへ

肋骨から離れようとします。もしもこの動きがないと

90度以上腕を上げようとすると腕の骨が肩甲骨と

衝突してしまい痛みがでます。

 

対処法としては肩甲骨はがしやストレッチなど肩甲骨を動かして

関節の動く範囲を広げることです。ただし、五十肩になると

最初は自分で肩甲骨を動かすことは難しいので、

病院や接骨院で先生に動かしてもらいましょう。

 

痛みが軽減して肩が動くようになってきたら

肩甲骨ストレッチや肩甲骨体操をして痛みのない範囲で

積極的に肩甲骨を動かすことをお勧めします。

筋肉が固まっている

五十肩では筋肉の硬直がよくみられますが、表面の

筋肉よりもインナーマッスルといわれている

深部にある筋肉が緊張していることがほとんどです。

 

肩のインナーマッスルは腕の骨である上腕骨と

肩甲骨で構成している肩関節をしっかり固定する役割があります。

 

この筋肉が緊張して拘縮してしまい正常に働かなくなると

浅い肩関節がずれやすくなり腕が上がらなくなります。

 

インナーマッスルは自分では触れない筋肉なので、五十肩に

なったら直ぐに治療して筋肉の硬直を防ぐ必要があります。

何もしないで症状が進行すると、とどんどん筋肉がかたくなって

悪化していきます。

五十肩と四十肩の違いとは?

結論から言いますと違いはありません。

 

「先生、私って四十肩?、それとも五十肩?」

 

ってよく聞かれますが、同じなんですね。

 

40代の方に多いから四十肩、50代の方に多いから

五十肩と言われているだけなんです。でも、30代で

なる人もいれば60代、70代でなる人もいます。

 

年齢によって名称を変えてしまったことによって

紛らわしくなったのですが、あえて違いをいうならば

四十肩は使い過ぎによって起き、五十肩は老化に

よって起きると思っています。

四十肩、五十肩は病院で診断を受けると「肩関節周囲炎」と診断されます。

「先生、五十肩と思って病院で診てもらったら

病名は肩関節周囲炎だと言われました」

 

四十肩、五十肩は病名ではなく、肩関節周囲炎という

ちょっとややこしい病名です。整形外科などの病院で

患者さんに説明するときは病名で伝えても分かりづらいので

肩が上がらなくて痛いと、四十肩、五十肩と伝えられることが

ほとんどです。他にも凍結肩と診断される場合もあります。

 

肩関節はゴルフボールとティーの関係です。ゴルフボールが

腕のつけ根にあたり、ティーが受け皿になります。肩関節が

よく脱臼するのは関節が浅いからです。昭和の大横綱、

ウルフこと千代の富士がよく脱臼を起こして、再発しないように

肩関節の周囲の筋肉を鍛えていたことは有名な話です。

 

使い過ぎや老化によって肩関節を固定している筋肉群(腱板)、

肩関節を包んでいる関節包、関節の固定している靭帯が

弱くなって硬直し肩関節の安定性が崩れ炎症を起こし

動かすと痛みを伴います。

 

肩関節が炎症し続けると肩を硬直させる物質が放出されて

動きが制限されてしまい四十肩、五十肩になります。

(専門的にはミトコンドリアという細胞が炎症によって

活性化されてATPという物質を放出して、これが

肩関節を強直させます)

五十肩の3つの段階

急性期(腕は上がるけど、肩がこっている、はっている、重たい。1ヶ月~2ヶ月)

肩こりと間違えるほどのレベル

腕が上がるので日常生活や仕事には支障はない。

 

ただ、肩の痛みやこり、はりが

湿布やマッサージ、ストレッチ、お風呂に入っても

一時的に良くなるだけで、直ぐに元の状態に

もどってしまう。

 

整形外科でレントゲンを撮っても骨には異常なしと言われる。

五十肩と診断されず、湿布と痛み止めの薬を出されて終了。

 

痛みを軽減させる電気やリハビリはなく、安静にして

様子をみることになる。

 

肩に痛みを感じてから1ヶ月~2ヶ月経過している段階。

慢性期(着替えが困難。腕を約90度以上上げると肩の奥や腕の外側に痛み。3ヶ月~5ヶ月)

腕が上げづらくなる時期。

少しなら腕を上げることができるが、約90度以上

上げるのは困難に。

 

肩から上の物を取ろうとすると、肩の奥や腕の外側に

痛みが走り、できるだけ腕を上げないようにして仕事や

生活をするようになる。

 

着替えをする時に、毎回痛みが出るので

「もしかしたら五十肩かもしれない」と思うようになる。

 

整形外科では五十肩と診断される場合が多く

湿布や薬だけでなく、電気やリハビリも行うようになる。

 

肩に痛みを感じてから3ヶ月~5ヶ月経過している段階。

 

重症期(腕が全く上がらない状態。夜間痛があることもあり、寝返りをすると痛みで目が覚める。6ヶ月~12ヶ月)

腕が全く上がらない状態。

少しでも腕を上げると肩の奥や腕の外側に

激痛が走る。

 

湿布やマッサージ、ストレッチ、お風呂に入っても

良くならず、悪化することもある。

 

自分ではどうすることもできないので

仕事や日常生活に支障が出る。

 

慢性期で一番問題なのは夜間痛。

 

夜寝ているときに、寝返りをすると肩に“ズキッ”

と電気が走って目が覚めることがある。

 

夜間痛がある五十肩は重症で、痛みが出ていた

期間と同じくらい治療はかかる。

五十肩のレベル別治療法

急性期に対する治療

慢性期に対する治療

肩の関節の可動域が小さくなっていくので

可動域を広げるリハビリを行います。

 

病院では「アイロン体操」といって

ベッドの上にうつぶせになって、五十肩になっている腕を

ベッドの横に下し、肘を伸ばしてた状態でアイロンをもって

前後に振って、徐々に大きく振ってきます。

 

効果はありますが、どうしても力を完全に

抜きながら行うことはできないので、痛みが

強い人にとってはつらいかもしれません。

 

おススメなのは傘をつかって行うリハビリです。

立った状態で痛みのある手首に傘を持つ柄、

カーブしている部分をひっかけます。

 

痛みのある側は絶対に力を入れないで

反対の手で傘の先端を持って前方に押し出し

傘を通して痛みのある側の腕を少しずつ

上げていきます。

 

必ずある角度で痛みが出る場所があるので

そこから5センチさらに上にあげます。

 

これによって少しずつ関節の可動域を

広げていきます。

 

120度以上、腕が上がるようになれば

次は斜め45度の方向に腕を上げていき

120度まで上げらるようになれば、最後は

真横に上げていきます。

 

ポイントは痛くない側の手で上げることです。

回数は一日1回、10セットを3回行います。

 

そしてリハビリが終わった後は必ず

氷水で肩を10分間冷やしてください。

重症期に対する治療

筋トレやストレッチではありません。

意外かと思いますがアイシングです。

 

病院では

 

「お風呂などに入って温めて下さい」

 

と言われるかもしれませんが、実は冷やした方が

痛みが消え腕が上がりやすくなります。

(日本の病院では温めることが多いですが、欧米の病院では

氷水で冷やしています。)

 

理由は炎症を起こしている細胞(ミトコンドリア)を

冷やすことによって活動をおさえることができるからです。

 

五十肩は英語でフローズンショルダーといって

氷のように固まっている状態です。

 

「冷やすとさらに固まってしまうのでは?」

 

って思う方もいるでしょう。

 

実は肩をかたくさせている原因は

炎症を起こす細胞が活性化するとある物質(ATP)が

放出され、これが肩の筋肉を硬直させます。

 

アイシングによって細胞の活動を抑えるのが

五十肩を治すカギとなります。

(温めてしまうと、このATPがさらに放出され

筋肉が硬直が進行するので注意して下さい)

 

冷やす場合は必ず氷水を使ってください。

アイスノンやアイスパックでは凍傷になる

恐れがあります。

 

また冷湿布も表面しか冷えないので

あまりお勧めはしません。

 

氷水の温度、0度が肩の奥まで

浸透することが分かっているので

筋肉の炎症をおさえる効果があります。

 

重症の場合は腕を動かすと肩に激痛が走るので、

痛みが消えるまで、2時間おきに徹底的に冷やすことです。

 

肩をグルグル回したり、ストレッチなど無理して肩を

動かすと必ず悪化しますのでアイシングと安静が一番です。

 

痛みがある程度消えて、腕が少し動かせるようになったら

傘を使ったリハビリを開始します。

まとめ

 

上記での述べましたが

五十肩は他の疾患より、治療期間がかかります。

 

どうしても、施術で肩の関節を動かそうとして

腕をあげようとしたり、筋肉をゆるめようとすると

患者さんは直ぐに痛みを訴えるからです。

 

経験上、腕が上がらない患者さんに無理に

治療をすると、その場は腕が上がるかも

かもしれませんが、数時間後には

肩の奥や外側に痛みが増してきます。

 

とにかく五十肩になったら

焦らないでコツコツ治療していけば

必ず良くなっていきます。

 

直ぐに良くなると思わないで

長い目で五十肩と付き合いながら

治していくことが大切です。

 

症状について詳しくはこちら

五十肩