どっち?ストレートネックを治療したい場合は病院、それとも整体!?

 

最近、よく聞かれるようになった肩こりの原因と

言われているストレートネック。

病院で首が痛いからレントゲンを撮ってもらったら

ストレートネックと診断されけど、湿布と痛み止めの薬を

処方されるだけでいつまでたっても良くならない。

今、根本的に治し方が分からなくて悩んでいる

困っている方が多いのではないでしょうか?

そこで今回はストレートネックの治療について

解説していきたいと思います。

 

  • 頭が重たく感じる
  • 首を回すと痛い
  • スマホを毎日3時間以上使っている
  • 頭痛が頻繁にある
  • 猫背であごが上がっている

一体なんだろう?ストレートネックの原因とは

 ストレートネックが起きる原因として

長時間、同じ姿勢で仕事をしていると

なりやすいと言われています。

 

特にパソコンを毎日、仕事で使っている

デスクワークの方に圧倒的に多くみられます。

 

最初は筋肉がかたくなってきて、肩こりの症状から

始まり、徐々に首が回し辛くなって痛みや頭痛が

伴います。

 

また、姿勢が悪くても起きやすいです。特に

猫背で頭の位置が重心よりも前に傾いている

方ですね。

 

ストレートネックは文字通り、首が真っ直ぐに

なってしまった状態ですが、正常な状態は

7つある首の骨はゆるやかなカーブを描いています。

 

「骨が真っ直ぐだから悪くないのでは」

 

と思う方もいると思いますが、頭はので

真っ直ぐよりもカーブしている方が非常に重たい重みを分散させて

くれます。

 

ストレートネックの姿勢は顔が前に突き出して

あごが上がっています。

 

鏡で横から見ると顔の位置だけが前に

突き出しているのが分かると思います。

 

これによって首や肩の筋肉が引っ張られ

痛みやこりが出ます。

 

ストレートネックの治療は何をするの?

 ストレートネックの治療としては

筋肉が緊張し、関節の動きが悪くなっているので

首の骨を少しずつ動かして可動域を広げるように

していきます。

 

直接筋肉をマッサージしてしますと、防衛反応で

さらに緊張してしまって悪化する場合があります。

 

 

病院での治療は

 機械を使って牽引する、もしくは理学療法士の方が

マッサージやストレッチ、首を鍛える筋トレなどを

教えてくれると思います。

 

牽引は引っ張る力が強いと

抵抗してしまし悪化することがあります。

 

ですので、気持ちよく引っ張られる感じであれば

首の関節と関節が広がり効果があると思います。

 

接骨院、整体での治療

 整体では首の調整・矯正を行うことが多いと思いますが

首が回らない、痛い場合は無理に「バキバキッ」と

矯正されると悪化する場合がありますので

どのように治療をするのか確認されたほうが

いいでしょう。

 

背骨は骨盤から始まって首で終わっているので

もしかしたら、骨盤のゆがみや腰の骨がずれることによって

首に影響を与えていることもあります。

 

ほとんどの場合は首だけ治療をしても、一時的には

良くなってもその場しのぎで根本的に改善されない

ことが多いです。

 

ストレートネックの原因がどこからきているのか

検査してもらって見つけてもらうことが治療よりも

最優先です。

 

生活習慣、運動不足、姿勢、枕、寝方など

自分で分からない場合は先生にチェックして

もらいましょう。

 

実際に患者さんで生活習慣を改善しただけで

良くなった方もいます。

 

日本人に多いストレートネックですが

首の骨が変形しないかぎり治らないことは

ないので、しっかり治療すれば良くなりますので

安心してください。

 

頭痛が出るようになったらどうしたらいいの?

首が痛くて、頭痛や片頭痛も頻繁に出てきたので

病院でレントゲンを撮ってもらったら

 

「これはストレートネックが原因ですね」

 

と言われて、傷み止めの薬だけ処方されて

終わりということがよくあります。

 

病院では骨折など首の骨自体に問題が

なければ根本的な治療は行いません。

骨の歪みが良い例ですね。

 

では、自分でストレートネックを

治すにはどうしたらいいか?

 

お勧めなのは、バスタオルを2回たたんでから

ロールケーキのように丸めて、それを首の根元に入れて

仰向きで寝ます。この時、枕なしでお願いします。

 

寝た時にちょっと顎が上がる程度の高さが

ベストです。

 

バスタオルがてこの支点の働きをすることによって

頭の重みで首が伸ばされてストレッチされます。

これを寝る前に1o分間行ってから、寝てください。

 

このリハビリを行った後は枕を使って寝ても

かまいませんが、できるだけ低い枕を使うことを

お勧めします。

 

経験上、ストレートネックの方は高い枕を使いがちなので

最初から低い枕はつらいと思うので少しずつ低い枕に

変えていくことをお勧めします。

 

もしも枕を変えて首に痛みが出た場合は

また元の枕に戻して下さい。

接骨院や整体でマッサージしても治らないのは?

ストレートネックは骨の問題なので

筋肉をいくらマッサージをしても治ることはありません。

 

筋肉がゆるんで楽になったとしても、首を回したり

上を向くことが困難だと思います。

  

ストレートネックは首の関節が固定されている

状態なので、それを解除してあげれば解決します。

 

ただし、長年ストレートネックで悩んでいる方は

首の関節が動かしにくくなっているので治療に時間が

かかると思います。

 

ですが骨の変形さえしなければ治らない

病気ではないので心配しなくても大丈夫です。

ストレッチによる対処法

ストレートネックで首や肩がよくこるから

ストレッチをした方がいいと言われ、自己流で

やってみたら痛めてしまったという患者さんが多く

いらっしゃいました。

 

なぜ、痛めてしまうかといいますと

やり方によってストレートネックを悪化させてしまい

首にさらに負担がかかってしまうからです。

 

ストレートネックの首のストレッチの基本は

あごを真っ直ぐ後ろに引くようなストレッチです。

 

頭の位置が身体の重心よりも前に出ているので

頭を後ろへ下げなければなりません。

 

そのため、顎を引くようなストレッチが

効果的になります。

 

ここでストレッチするときのポイントがあるのですが

あごを引くときに下に向けて引くのではなく

後頭部が伸びるような感じで真後ろに引きます。

 

コツは目線を真っ直ぐにしたまま変えないで

あごを引くことです。これで後頭部の筋肉が

ストレッチされている実感があると思います。

 

上記のようにストレッチを行えば、首を痛めることなく

姿勢も良くなりますので、ストレートネックで悩んでいる方は

ぜひ試してみて下さいね。

まとめ

ここ数年でストレートネックで首の痛みや肩こり

頭痛で悩む方が急増しました。

 

もともと、ストレートネックは日本人に多いのですが、

やはりパソコンからノートパソコンへ、

携帯からスマホに変わったことによって

頭を下げる姿勢が増えたことが原因だと思います。

 

ストレートネックになっても、意外と自分で気づくことは

少なく単なる肩こりや首の痛みだと思い込んでいる方が

多いです。

 

そしてある日、突然、首が痛くて回らなくなって

不安になり、慌てて病院でレントゲンを撮って

診てもらったらストレートネックだと気づくことが多いです。

 

ストレートネックの初期症状は痛みよりも

首が回しづらくなります。特に左右や上に向くことが

つらくなります。この状態が続くと痛みや頭痛が

発生します。

 

ですので、以前よりも首が回しづらくなったら

痛みが出る前に病院や接骨院、整体で診てもらって

治療してもらうことをお勧めします。

 

ひどくなると頸椎ヘルニアになる恐れも

ありますので、気になったら直ぐに

チェックしてもらいましょう。

 

ストレークの治し方はそれほど難しくありません。

ただ、治療しても良い状態を維持することが難しいです。

 

病院や整体で1,2回の施術では直ぐに

元に戻ってしますので、長い目で

治すことをお勧めします。

 

また、使っている枕によってもストレートネックに

なることがあります。もしも毎朝起きて首が痛い、

回らない、もしくは頭が重たい場合は枕を

見直した方がいいでしょう。

 

理想の枕は首の後ろに隙間があかないような

フィットする枕です。

 

ただ、高さやかたさは人それぞれによって

合う合わないのがあるのでいろいろ試してみる

必要があるかと思います。