右側でも左側でもなく背中の真ん中が痛い原因は筋肉の緊張だけでなく○○の歪みが原因だった

首の下や背中の上が痛くて悩んでいませんか?

  • 上を向くと首の下が痛い
  • 朝起きると背中の上が痛い
  • 物を持ち上げる時に背中に痛みが走る
  • 昔から猫背で姿勢が悪い
  • 長時間、デスクワークや運転をすると背中に違和感がある

背中の真ん中が痛い原因

背中の痛みは大きく分けると3つあります。

 

1つ目は背骨が歪んで背中の真ん中が痛い場合。

2つ目はヘルニアなど首の神経を圧迫して背骨と肩甲骨の間が痛い場合。

3つ目は背中の右側や左側の筋肉が緊張して痛い場合です。

 

ここでは背中の真ん中が痛い原因について解説していきます。

 

背中の真ん中に痛みが出る場所の多くは首の下や背中の上の

部分がほとんどです。(胸椎4番~6番)

 

なぜ、ここに痛みが出るのか?

その原因は仕事や日常生活での姿勢、もしくはストレスに

関係しています。

 

姿勢による背中の痛みの原因はズバリ猫背です。

猫背になるとボーリング1個分の重たさがある頭の位置が

体の中心から前に倒れてしまい、頭の重みで背中の上の

部分が引っ張られます。

 

この状態が続くと背骨が歪む原因となり、背中の真ん中に

痛みが出ます。

 

ストレスによる背中の痛みの原因は、医学的にはよく分かって

いませんが、経絡のツボでは背骨の4番、5番付近に痛みが

出ると言われています。

病院での背中の痛みの治療とリハビリ

病院での治療はレントゲンやMRIで背骨の骨折や骨がんなど

異常がなければ痛み止めの薬や湿布で様子を見ることになります。

 

成長期にみられる側弯症など大きく背骨が曲がって

いなければ特別な治療は行いません。

 

病院でのリハビリは、電気治療とマッサージ、ストレッチが

メインとなります。背中の痛みが筋肉の問題であれば

良くなっていきますが、背骨の歪みが大きいとリハビリだけでは

痛みがとれないことが多いです。

 

病院の検査で骨には異常がなくても内臓疾患で背中に

痛みが出ることがあります。

 

例えば背中の左側が痛い場合は胃や膵臓がん

背中の右側が痛い場合は肝臓がんなど稀にあります。

 

内臓検査や血液検査をしなければ

原因不明と診断されて見落とされてしますので

注意して下さい。内臓疾患からくる背中の痛みは

どんな姿勢でも、寝ていても痛みが出るのが特徴です。

背筋をストレッチする以外の背中の痛みをとる治療法

背中の筋肉のストレッチで背部痛がとれない場合は

背骨や肋骨の矯正による治療法が効果的です。

 

背骨や肋骨の矯正は、まず骨がどの方向に歪んでいるのか

確認します。骨の歪みは左右、後方に歪むことが多いのですが

背骨だけは前方に歪むことがあります。

 

前方に歪むと矯正を行わない限り、背中の痛みがなかなかとれず

常に背骨付近に違和感が残り、気になります。また首を前後に曲げたり

呼吸をしても痛みを感じます。

 

背骨が後方に出ている場合の治療法は、背中から胸に向かって

出っ張っている骨だけを矯正をして正常な位置に戻します。

 

背骨が前方に出ている場合の治療法は、胸から背中に向かって

出っ張っている骨だけを矯正をして正常な位置に戻します。

 

背骨を治療しても背中の痛みがとれない時は肋骨を矯正します。

肋骨が歪むと連結している背骨も歪むからです

背骨の歪みからくる背中の痛みを予防するには

背筋を鍛えることによって猫背の姿勢を改善し

背骨が丸くなるのを防ぎます。

 

筋トレ方法は写真のように行います。

 

①リラックスした状態で仰向きで寝ます。

②肩幅に足を広げ、両手を少し斜めに広げて

手の平を床につけます。

③お腹を少し凹ませます。

④尻を少し床から浮かせます。

⑤お尻の穴をしめます。

⑥腰を浮かせて上にあげます。

⑦最後に背中を浮かせて上にあげて10秒間キープします。

 

背中を上にあげた時に写真のようなポーズに

なっていればOKです。理想は胸、お腹、太ももが

一直線上になっていることです。

 

この筋トレのポイントは息を止めないで

吐きながら行うことです。

 

回数は10秒×3セットを一日3回、行ってください。

もしも、筋トレを行っているときに腰や背中が痛くなったら

途中あっても我慢せず直ぐに中止して下さい。

 

背中の痛みをさらに悪化させる原因になりますので

必ず痛みのない範囲で行ってください。

まとめ

背中の真ん中が痛い原因は背骨の歪みが関係していることが

多いですが、このことに気づくことは専門家が見ない限り

難しいです。

 

ですので、最初は筋肉がはっているから、疲れているから

姿勢が悪いから背中が痛いと思い込んでしまいます。

 

「時間が経てばいつか治る」と思って生活していると

背中の痛みが全然消えなくて、不安になり病院や

接骨院、整体に駆け込むことになります。

 

実は専門家が診ても見抜けないこともあります。

 

背中の真ん中が痛い原因が背骨の歪みであるか

どうか判断するには、痛みのある付近の背骨を

1つ1つゆっくり押してみます。

 

押している最中にズキッと痛みが走った場合は

背骨の歪みが原因で痛みが出ている可能性が高いです。

 

背骨の矯正は難しいので、矯正技術が高い

接骨院や整体の先生の治療を受けることをお勧めします。