腰痛で病院や接骨院に通い続けたのに全然治らなかったのは、実は腰ではなく○○のゆがみが原因だった

原因がはっきりしない腰痛、一体どうすればいいの?

  • どこへ行っても腰痛が治らない
  • 整体や接骨院で腰しか治療してくれない
  • レントゲンで腰の骨が曲がっていると言われた
  • 長時間立っていると腰が痛い
  • 前屈をすると腰が痛い

病院や接骨院の腰痛治療は対処療法がほとんど

突然、腰痛になって動けなくなったり、

慢性化している腰痛が悪化したら整形外科などの

病院や接骨院、整体で治療を受けることを

考えると思います。

 

病院では腰のレントゲンやMRIなど検査をして骨に

異常がない場合は対処療法が一般的です。

 

痛み止めの薬や湿布を出され、特注のコルセットで固定、

リハビリとして低周波などの電気や牽引、ローラーベッド、

短時間のマッサージをして終わりというパターンが多いです。

 

忙しい病院などでは薬だけ処方して終わりとか

電気だけで治療が終わってしまいます。

 

なぜ、短時間の治療で対処療法になってしまうかと

いいますと、1つは患者が多くて治療に時間がかけれない。

もう1つは保険治療では対処療法が原則なので、腰以外に

根本的な原因があったとしても治療を行えないことに

なっています。

病院や接骨院に長く通院しても治らない時はセカンドオピニオンをお勧めします

もしも腰痛の原因が腰にあるとすれば軽度であれば

病院や接骨院、整体の治療で良くなると思います。

 

しかし一向に良くならない場合は、腰以外に根本的な

原因がある可能性があります。どうしても、患者さんは

立場的に先生の言うことに従うしかないので、通院し続けて

治らなくても不信感を持たないと思います。

 

ですが、個人的な意見として一ヶ月以上、通院しても

良くならない、変化がない場合はセカンドオピニオンを

お勧めします。

 

患者さんは病院や接骨院を選ぶ権利があります。

昔から通っているから、先生が良い人だからという

理由で通っている患者さんが多いですが、腰痛が

治らなくて困るのは患者さん自身です。

 

通院が長いと時間とお金もかかります。

いつもの腰痛と違って、治療を何度も受けても

治らない、良くならない場合は思い切って他の病院や

接骨院で受診することも必要だと私は思います。

腰痛の原因が腰ではなく他の部位にあるケース

腰痛の原因はぎっくり腰、ヘルニア、脊柱管狭窄症、

分離症、すべり症などはないことが経験上多いです。

 

腰以外の原因で多いのは首の骨である頸椎のゆがみに

よって頭の位置が身体の中心よりも前に出てしまい

前傾姿勢になって腰に負担がかかっている場合です。

 

頭は約5kgもあり、とても重たいので、猫背など姿勢が

悪化がすると頭が前に倒れてしまい、身体もつられて前に倒れて

しまうのでバランスをとるために腰を後ろに反らして

後傾姿勢をとろうとします。

 

この時、腰の骨である腰椎が正常範囲よりも

反り過ぎると骨と骨がぶつかって痛みが出ます。

 

自分の腰が反っているかどうか分からない人は

 

・長時間立っていると腰がはってくる

・朝起きると腰が痛くて直ぐに起き上がれない

・立ったり座ったりするとズキッとする

・膝を伸ばした状態で物を持とうとすると怖い

・仰向きで寝れず、横向きで寝てしまう

・経っているよりも座っている方が楽

 

上記の方は腰が反り過ぎている可能性があります。

 

腰の骨である腰椎と首のである頸椎の構造は

似ているので、腰が痛い場合、頚椎のゆがみが

原因であったり、首が痛い場合、腰椎のゆがみが

原因であることがよくあります。

 

腰の筋肉をゆるめたり、骨盤や腰椎を矯正して

一次的に腰痛が良くなっても再発する場合は、経験上

頚椎や後頭骨の矯正を行うと根本的に良くなることが

多いです。首の治療でも良くならなない場合には

偏平足、O脚、股関節のゆがみが考えられます。

 

腰痛治療で全く変化がない、良くならない場合は

腰だけ治療する対処療法ではなく、痛みをとるだけでなく、

姿勢を改善し再発しにくい全身治療をしてくれる

接骨院や整体で治療を受けることをお勧めします。

症状について詳しくはこちら

腰痛

関連記事