病院での治療や漢方薬では改善しにくい自律神経失調症の症状と治し方

いつも体のどこかがだるい、痛いのは自律神経の乱れ?

  • 寝ても疲れがとれない
  • のどやあごに違和感がある
  • 汗が異常に出る
  • 耳鳴りがある
  • 胸が気持ち悪い

自律神経の症状

自律神経失調症の症状は様々です。

 

上記にも書きましたが、のどの筋肉が緊張する

咽頭異物感がある、胸がしめつけられる、頭痛がある、

何をしなくても疲労を感じる、便秘や下痢など

内臓の調子がおかしい、外に出ると異様にまずしい、

トイレの回数が多い、寝つきが悪い、熟睡できない

朝起きるとぐったりするなど、特定などが特徴です。

 

自律神経は無意識に働く神経であり、心臓や胃腸、

血管などをコントロールしています。

 

よって自律神経が乱れると心臓がバクバクしたり、

胃腸を壊したり、血圧が急に上がったり、血行が

悪くなって脳が酸欠になり、ふわふわしたり、

気分が悪くなったりします。

 

腰痛や肩こりなどは自律神経が支配していない

筋肉や骨の問題なので、そのような症状は出ない、

もしくは二次的疾患として症状が出ることが多いです。

 

結論としては、症状が一つではないということです。

病院での診断

自分が自律神経失調症であるのか、最初は

気づかないことが多いです。

なぜなら冷静に自己客観視できない

状態だからです。

 

ちょっと心に余裕が生まれると

 

「もしからしたら自律神経が原因かも」

 

と気づいたり、感じるようになります。

そして上記の症状が悪化してくると

 

「何とかしないと!」

 

と思い、整形外科など病院へ行って

検査してもらうことが多いです。

 

でも、自律神経失調症は精神的疾患なので

レントゲンやMRI、血液検査や尿検査をしても

 

「体には異常はないです」

 

と診断され、何もしてくれないことが多いです。

 

原因が不明と分かると、さらに不安に陥り、

もしかしたらストレスが原因と思い心療内科などの

病院へ行って安定剤、睡眠薬、漢方などの処方してもらう

患者さんが多いです。

 

ただ、薬が効くかどうかは個人差があるので

飲んでみて効果がない場合、薬の量を変えたり

違う薬を処方されます。

自律神経の治療法

病院以外の治療法としては心理療法士による

カウンセリングや認知行動療法、整体などによる

治療に分けられます。

 

心と体はリンクしているので、どちらかをケアする

ことによって心身のバランスが安定します。

 

心の治療は、カウンセリングなどによって、自分の症状を

把握し、どんな時に発症するのか気づくことです。

そして考え方を変えることによって、感情を自分で

コントロールできるように訓練します。

 

自律神経失調症の方は神経質でネガティブ思考に

なり自分を自分で追い込んでしまう傾向にあります。

 

例えば、何が起きても自分が悪いと思い責任を感じる、

ストレス発散が上手くできず心を開放することが

できない、周囲を見る余裕がなく自分のことしか考えない、

環境の変化に敏感になるなど思考パターンになっています。

 

性格が関係していることもありますが、メンタルの治療法は

考え方を変え、気づき、感情の波をできるだけ抑えることが

基本になります。

 

整体など体の治療は、自律神経は背骨から出ているので、

背骨のゆがみを矯正によって自律神経の乱れを整えます。

 

自律神経は昼間に働き興奮する交感神経と夜に働き

リッラクスする副交感神経に分けられます。

自律神経失調の方は交感神経が過剰に

働いて症状が出ているので、リラックスする副交感神経が

働かず、体が緊張が続き休まることがないです

 

副交感神経はお尻や頭から出ているので整体の治療は

お尻の骨である仙骨の調整や頭蓋骨の調整がメインとなります。

 

直ぐに効果が出ることが少ないので、心療内科などの病院と

併院したり、生活習慣を見直しながら生活バランスを整えて

通院することになります。

まとめ

自律神経失調症は活動的な交感神経とリラックスする副交感神経の

スイッチを上手く切り替えることができません。

 

よって朝でも眠い状態が続いたり、夜は目がさえて

眠れなかったり、覚醒して途中で起きてしまうことがあります。

 

自分で治す場合はまずは生活リズムを整えることです。

基本は早寝、早起きです。太陽の光を浴びると交感神経が

働くので、朝起きたら光を浴びながら散歩をすると体内時計が

整います。

 

また有酸素運動は気分を安定させるセロトニンなどの

脳内物質が出ることが分かっているので、体の疲労が

少なく、運動する気分であれば15分程度のウォーキングが

お勧めです。

 

また意識が内に向いているので、音楽や趣味など

意識を外に向けることが多いです。仕事で疲れて

休みの日はぐったりして引きこもってしまいがちですが

外に出て気分転換をはかることをお勧めします。

 

ただ、調子が悪い時は無理に行うとさらに心身の

バランスが崩れるので、焦らず長期視点で少しずつ

行うことが大切です。