お尻が痛い!知っておきたい坐骨神経痛の3つの原因と治療法・ストレッチ

腰の痛みでこんな悩みはありませんか?

  • 腰だけでなくお尻が痛い、しびれる
  • 腰を前に曲げたり、中腰になると痛い
  • 腰を後ろに倒すと痛い
  • 歩くと痛い
  • 立ったり、座ったりすると楽になる

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは腰からお尻にかけて痛みやしびれを

伴う神経症状です。患者さんからよく

 

「先生、病院で坐骨神経痛と言われたどんな病気ですか?」

 

とよく聞かれるのですが、坐骨神経痛は病名ではありません。

なぜか坐骨神経痛という病気と思っている方が多いです。

 

坐骨神経は人間の神経の中で一番太い神経なのですが

坐骨神経痛の原因は実は一つではありません。

 

腰のヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性脊椎症、腰椎分離・すべり症、

梨状筋症候群など腰の様々な疾患によって症状が出ます。

 

大事なのは坐骨神経痛の原因は何なのか病院の検査なので

見つけることが重要です。それが分かれば治療期間が短くて

済むのですが、原因が分からないまま治療を続けると無駄に

通院することになります。

坐骨神経痛の原因

ヘルニア

ヘルニアによる坐骨神経痛はクッションの役割をしている

腰の骨と骨の間にある軟骨(椎間板)が何らかの原因で

飛び出して後ろを通っている坐骨神経を圧迫し症状が出ます。

 

ヘルニアによる坐骨神経痛の原因は

長時間のデスクワーク、長距離運転、中腰姿勢のでの作業、重たいものを持ち上げた時

老化による骨の変形、腹筋や下半身などの筋力低下、体重増加などがあげられます。

 

その他にも朝、起きた時やせきやくしゃみで発症することも

あります。ヘルニアによる坐骨神経痛かどうか自分で確認するためには

前屈したときや朝が痛い、せき・くしゃみで痛みが出る場合は可能性が

高いです。逆に腰を後ろへ倒したり、反らしたりしたとき、立っているとき

正座しているときに楽になる場合もヘルニアの可能性が高いです。

 

但し、例外もあり腰を前に曲げても後ろに倒しても痛みやしびれが

出ることもあります。この場合はヘルニアの症状がひどい場合ですので

直ぐに病院で診てもらうことをお勧めします。

 

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症は主に高齢者に多い疾患です。

稀に中年の方にも発症しますが少ないです。

 

脊柱管狭窄症による坐骨神経痛の原因は

一番多いのは老化です。

 

骨の変形や、軟骨の変性、靭帯の肥厚によって

脊髄を包んでいる脊柱管を圧迫して坐骨神経痛が出ます。

 

脊柱管狭窄症の特徴としては

座ると坐骨神経痛の症状が緩和し、立っていたり、歩くと

腰からお尻にかけて痛みやしびれが出て座りたくなります。

 

病院で脊柱管狭窄症と診断された時には

症状が進行していることが多く、治療期間が長くなる

傾向にあります。

梨状筋症候群

梨状筋症候群はヘルニアや脊柱管と違って比較的治りやすい

疾患です。梨状筋症候群による坐骨神経痛の原因は

お尻の筋肉(梨状筋)が緊張をして、その下を走っている

坐骨神経を圧迫して坐骨神経痛が出ます。

 

特に中年の女性に多いのが特徴で、

自転車によく乗ったり、プールで平泳ぎをする方に

多く見られます。

 

お尻の筋肉の緊張によって起きているので

お尻のストレッチを行えば直ぐに良くなります。

また、病院や接骨院で超音波という電気を当てて

もらうととても効果があるのでお勧めします。

 

その他にも、梨状筋は骨盤から股関節にくっついているので

骨盤矯正や股関節の矯正が効果的です。

 

中年の女性以外にも、妊婦さんも梨状筋症候群に

なりやすいです。その理由は、出産前は女性ホルモンの

関係で靭帯がゆるみ骨盤が広がります。それを防ぐために

骨盤を固定している梨状筋が過剰に働き緊張するからです。

 

妊娠中に梨状筋症候群が発症した場合は、床や固い椅子に

座らないでお尻が当たる部分はクッションなどを敷いて圧迫させない

ことが大切です。

 

また出産後もまだ骨盤が緩んで、梨状筋が緊張しているので

骨盤ベルトをして梨状筋が過剰に働かないように予防することが

大切です。

 

病院や接骨院での坐骨神経痛の治療法とリハビリ

病院や接骨院での坐骨神経痛の治療は、痛み止めの薬や電気、牽引

ストレッチ、マッサージなどが一般的です。

 

実際には病院や接骨院では多くの場合、

治療法が同じ場合もあれば、全く違うこともありますので、

自分に合っているかどうかは受けてみないと分からないのが

現状です。

 

直ぐに良くなる場合は梨状筋症候群による坐骨神経痛です。

ヘルニアや脊柱管狭窄症による坐骨神経痛は経験上、治療期間がかかるので

早期発見、早期治療がとても大切になりますので、腰からお尻に痛みやしびれが

出て症状が軽減しなかったり、緩和しない場合はら直ぐに病院や接骨院で

治療することをお勧めします。

 

もしも、長期間通院して症状が緩和しない、もしくは変化しない場合は

セカンドオピニオンとして、他の病院や接骨院に転院して治療を受ける

ことも検討された方がいいかと思います。

坐骨神経痛を改善するストレッチ

自分でできる坐骨神経痛の治療法は2つあります。

 

1つは腰を前に倒す前屈ストレッチ、もう1つは

腰を後ろへ倒す後屈ストレッチです。

 

どちらのストレッチが効果があるかは

実際に前屈、後屈をしてみて症状が軽減、緩和するほう、

もしくは違和感がない、気持ちが良いほうを選んでください

前屈ストレッチ

前屈ストレッチは椅子に座って片足を床から上げて

膝を両手で抱えて胸に引きつけます。お尻が伸びる感じが

ありますが、イメージとしては腰を丸めような感じで行うと

効果があります。もしも、痛みや違和感がある場合は

反対の足で行ってください。

 

もう人は仰向きで行う方法があります。

寝た状態で片足を曲げて胸の方へ曲げます。

そして両手で両膝を抱えておへその方向に向かって

ゆっくり押し込みます。

 

これを3秒かけて曲げて、3秒かけて戻します。

回数は10回×3セット、1日、3回です。

椅子に座って行う場合も同じ回数です。

後屈ストレッチ

立った状態で両手を後ろに

回して腰骨の横に両親指を当てます。

 

そして腰を後ろに反らして伸ばすのですが

身体全体を伸ばすのではなく、親指を押し込むようにして

腰だけを後ろへ伸ばすイメージです。

 

お腹を前に突き出す感じです。これを痛みのない範囲で

10回を3セット行います。

 

もしも、途中で痛みが出ましたら、後屈ストレッチに

変えて下さい。それでも痛みが出る場合には直ぐに中止して下さい。

 

このストレッチは職場やオフィスなどどこでもできるので

坐骨神経痛で悩んでいる方はぜひ試してみて下さい。

 

自宅で行う場合は写真のように仰向きになって

腕立て伏せの姿勢で腰を反らします。このとき

お腹は床につけたままで行います。

 

手が疲れる、もしくは手に力がない方は

両肘をついて行っても大丈夫です。

 

このストレッチも痛みのない範囲で行ってください。

もしも痛みが出ましたら、痛みが出る手前までで

止めて行うか、もしくは前屈ストレッチに切り替えて

下さい。

 

回数は10回×2セット、1日4回ですが、最初は

1日1回から始めましょう。

ヘルニアや脊柱管狭窄症からくる坐骨神経痛を予防するには

坐骨神経痛を予防するには、できるだけ

痛みのない姿勢を維持することです。

 

例えば立った状態で痛みやしびれが出る場合は

できるだけ座った状態を仕事や生活をしましょう。

 

座った状態で痛みやしびれが出る場合は

できるだけ立った状態でいることをお勧めします。

 

立っても座っても痛みやしびれが出る場合は

重症の可能性が高いので横になって痛みが

軽減するまでは安静にすべきです。もしも、病院で

ロキソニンなどの薬を持っていれば飲んでください。

但し、薬を飲んで痛みが消えても根本的には良くは

なっていないので注意して下さい。

 

痛みやしびれがある姿勢で我慢し続けると症状が

慢性化していしまい、治療しても治りにくくなります。

 

「少しの痛みやしびれだから大丈夫」

 

と過信しないで直ぐに病院や接骨院で診てもらい

適切な予防法を教えてもらいましょう。

 

痛みよりもしびれの方が危険なので

しびれが強くなってきたら注意して下さい

まとめ

坐骨神経痛の患者さんを治療して感じることは

最初は自分が坐骨神経痛なのかどうか気づかない

判断できないということです。

 

ちょっと、いつもとは違う痛みだから、病院で診てもらったら

坐骨神経痛と診断されたというケースが非常に多いです。

 

ですのでいつもとは違う腰痛、もしくは腰からお尻にかけて

痛みではなくしびれがある場合、症状が日が経っても軽減しない

もしくは変わらない場合は直ぐに病院や接骨院で診てもらって

下さい。

 

坐骨神経痛でもひどい場合には手術しなければならない

こともありますので、早期発見、早期治療がとても大切です。

 

早く治療を開始すれば、直ぐに良くなることが多いので

自分の身体を過信しないで専門医に任せることをお勧めします。