もしかしてヘルニア!教えて!腰の痛みだけでなく、お尻とすね、足の親指がしびれる原因と予防法

足の痛み、しびれでこんな悩みはありませんか?

  • 病院での薬、湿布、リハビリを続けても治らない
  • せき、くしゃみをするのが怖い
  • 歩くときに足に力が入らなくてフラフラする
  • 中腰姿勢や車の運転、長時間座っていることがつらい
  • 立ったり座ったりすることが困難

 

腰痛は過去に何度かやったことはあるけど

何もしていないのにお尻がしびれたのは初めてだ。

 

我慢できる程度だったので、一ヶ月仕事を続けていた。

ある日の朝だった。お尻のしびれが強くなって起き上がるのが

辛かった。仕事に行っても中腰姿勢が困難になりちょっと

不安になった。

 

「も、もしかしてヘルニア!?」

 

同じ職場の人で、過去にヘルニアで手術を受けた人が

お尻にしびれが出るのはヘルニアの兆候と話していたのを

思い出した。

 

直ぐに動画でヘルニアに効くツボやストレッチ探して

やってみたけど効果なし。お風呂に入って温めたり

マッサージを受けても全然良くならない

 

「困ったなぁ~、今、忙しくて仕事を休めないけど

仕方がないから病院で診てもらうか」

 

と思っても日曜日しか休みがないので

なかなか病院に行けず我慢していた。

日に日に症状が悪化し、すねや親指にもしびれを

感じるようになっていた。

 

さらに追い打ちをかけるように中腰だけでなく

前屈も後屈も痛い!このままでは仕事ができなくなる。

 

いつか治るかと思ったけど、不安になってきた。

足に力が入らず上手く歩けず感覚も冷たくなったり、

熱くなったりしている

 

「よし、仕事を休んで病院で診てもらおう」

病院での診断

 

市内で腰痛治療で有名な整形外科で診てもらうことにした。

この時には左足全体がしびれて、特にすねや親指にしびれが強い。

 

とにかく何でもいいので腰から足のしびれをとってほしいと

わらをもすがる思いで、診察を受けた。

 

先生がレントゲンを見ながら

 

「ちょっと腰のこの部分がせまいね」

 

って言われてもどこが狭いのかよく分からない。

 

「もしかしたらヘルニアかもしれません」

 

へ、ヘルニア!?ヘルニアってよく聞くけど

神経を圧迫しているってこと。

 

「とにかく今は痛みどめの薬と湿布を出すので

これで様子を見て下さい」

 

えッ、こんなにしびれが強いのに、薬と湿布だけで

治るの?せめて注射を打って今の痛みやしびれを

とってほしいのだけど。

 

ちょっと心配になったけど先生がそう言うなら

薬と湿布で良くなるはずだ。信じてみよう。

 

それから一週間が過ぎた。期待していたのに

良くなるどころかしびれが強くなり動くのが困難になってきた

 

仕事も休みたいくらいギリギリのラインで

どこに行けば治してくれるのか誰か教えてほしかった。

 

ネットで調べると、ひどいヘルニアの人が

接骨院や整体で良くなっていることが分かった。

 

「これは病院じゃなく接骨院や整体で治してもらうしかない」

 

そう思って、直ぐにネットで調べてヘルニアの治療を得意としている

接骨院に行ってみることにした。

 

そこで先生からこ告げられた・・・

忘れらないヘルニアの症状

 

接骨院の先生はまず問診でいつから痛みやしびれが出たのか

、それがどれくらい続いているのか聞いてきた。

 

「一ヶ月前から腰が痛くなり、それからお尻から

足もしびれきて、もうずーっと続いています」

 

先生なら分かってくれるはずと思って

一生懸命訴えた。

 

「では、どんな姿勢や動作で痛みやしびれが出ますか」

 

どんなことをすると痛みやしびれが出るのか

脳をフル回転して思い出してみた。

 

「座っている時や中腰になったときです。あと、朝起きる時や

パンツやズボンをはくときです」

 

「逆に楽な姿勢や動作はありますか?」

 

楽な姿勢や動作!?いつも痛くて分からないけど

寝ているときは痛くないか。

 

「寝ているときは楽です」

 

「なるほど、じゃあ今から検査をしましょう」

 

そう言って、私に前屈や後屈をさせたり

仰向きの状態から膝を伸ばして片足ずつゆっくり

上げられたり筋力や感覚をチェックされた。

 

「症状や検査結果から判断してヘルニアの

可能性が高いですね」

 

やっぱりヘルニアなんだ。。。

 

「病院では何と言われました」

 

たしか病院の先生もヘルニアじゃないかって言ってたな。

 

「ヘルニアかもしれないと言われました」

 

「腰のどの部分がヘルニアか分かりますか?

4番目とか5番目とか」

 

どこだかはっきり分からないけど5番目だったかな。

とにかく腰の一番下だ!

 

「たしか一番下って言われたと思います」

 

「一番下ですか。そうなると腰の5番目の骨とお尻の骨の間ですね。

この場所は他の場所と違って治りにくいヘルニアです。

ですが、症状や検査結果からすると、少し時間がかかりますが

手術をしなくても治る範囲ですので安心して下さい」

 

ホント!良かった~!先生、お願いだから治して!

 

接骨院でのヘルニア治療

 

「最初に当院のヘルニアに対する治療を説明しますね。

この特殊ベッドを使って施術をします。病院のリハビリですと

牽引をして腰を引っ張ることが一般的ですが、当院では腰を

伸ばすだけでなく反らします。」

 

のばすだけでなく反らす!?

ちょっと考えていたけど、先生の話は続いた。

 

「伸ばすだけですと、5番目とお尻の骨の間の隙間が

広がるかもしれませんが飛び出した軟骨、これを椎間板と

言うのですが元の位置に戻りません。

 

反らすことによって後ろに飛び出した椎間板が前に移動して

圧迫していた神経から離れて痛みやしびれが消えます」

 

 

と先生が模型を使って分かりやすく説明してくれた。

へぇ~そうなんだ!手でマッサージや腰や骨盤を矯正するのかと思った。

腰を伸ばして反らせば治るってことね。模型を使って説明してくれたから

よく分かったよ先生!

 

「ちょっと説明が難しかったと思いますが、理解して頂きましたか?」

 

「ハイ、模型を使って説明してくれたので、

どうすれば治るのか分かりました」

 

自分のヘルニアの状態がどうなっているか

分かったのでとても安心した。

 

「では治療に入りましょう!」

 

と特殊ベッドに仰向きになって治療が始まった。

腰がぐ~と伸びて、気持ちよく痛みもなかった。

一瞬、これだけで本当に治るかちょっと疑ったけど

先生が自信をもって治療してくれているので信じる

ことにした。

 

「では、しびれている親指の力を入れて下さい。力が入りますか?」

 

「あれぇ~入ります、入ります!治療前は入らなかったのに」

 

不思議だ!魔法にかかったみたい!

 

「次にしびれている足をゆっくり私が上げていくので

力を抜いていて下さい」

 

「分かりました。何もしなくてもいいわけですね」

 

「ハイ、そうです」

 

先生は、私の膝を伸ばしたまま足を優しく、ゆっくり持ち上げていき

 

「痛みやしびれが出ますか?」

 

と声をかけてきた。

 

「で、でないですね」

 

あれぇ~、治療前は足を上げると鈍痛があったのに

消えている。

 

「今は30度くらいまいまでなら、足を上げても痛みやしびれが

出ませんが、これが45度以上上げても痛みやしびれが出なくなれば

早く治りますよ」

 

「本当ですか?ありがとうございます」

 

ちょっと希望がもてた!未来が明るくなった。

まだ、しびれは残っているけど、すねや親指の

しびれが消えたのできっと治ると確信した。

まとめ

 

ヘルニアは手術しないと治らないと思い込んでいる人が

いますが、今は昔と違ってできるだけ手術はしない傾向です。

その理由は100%治る保証がない、リスクが高い、

自然治癒力で治る可能性があるからです。

 

どこへ行っても治らなくて、一日中、痛みやしびれが消えなくて

日常生活や仕事に支障をきたしている場合には手術を勧められます。

 

今の手術は昔と違って内視鏡を使って行われています。

内視鏡手術の良い点は手術跡が小さく、直ぐに退院できることです。

ただし、この手術ができる先生は少ないのが現状です。

 

ヘルニアで手術しようかどうか迷っている方は

病院でレントゲンではなくMRIを撮ればヘルニアの手術を

するかどうかのレベルが分かります。

 

ヘルニアは膨隆(軽症)、突出(中症)、脱出(重症)の

段階があります。重症の中でも靭帯を突き破って飛び出した

椎間板は身体の組織(マクロファージ)が食べてくれることもあるので

手術をしなくても治ることがあります。

ただし、治るまでに平均して2~3ヶ月かかるので、それまでは

我慢しなければなりません。

 

私もこの重症のヘルニアを経験しました。

とにかく痛くて毎日眠れなくて、寝不足の日々が続きました。

腰にはコルセットを巻き、しびれているふくらはぎには

ゴムバンドを強く巻いて仕事をしていました。

 

リリカやボルタレンの鎮痛剤を飲んでも痛みや

しびれが消えることはなく、神経を麻痺させる

硬膜外ブロック注射を週に2回打っても、最初は

しびれが消えても数時間したら元に戻っていました。

 

この状態が3ヶ月続き、何もしていませんが

気づいたら治っていました。自然治癒力が働いたのだと思います。

 

自分で自分の身体を治療できないのが治療家の辛いところですが

今は自分のような患者さんがきても自信をもって自然治癒力を

高める治療ができます。

 

もちろん、手術をしたほうが良いと分かった場合は

提携している病院を紹介します。

 

個人的な意見としては、手術は最終手段として考えて

まずは病院での薬やリハビリ、もしくはヘルニア治療を得意としている

接骨院や整体の施術を数ヶ月受けてみて、変化がなければ

ヘルニア手術の実績のある病院で診てもらうことをお勧めします。

ヘルニア予防ストレッチ

症状について詳しくはこちら

腰椎椎間板ヘルニア

関連記事