骨盤が原因!?なぜ、日本人は外国人よりも走るのが遅いのか?

骨盤が後傾している

日本人と欧米人の身体の大きな違いは

骨盤の傾きです。

 

日本人は骨盤が後傾しているのに対し

欧米人は前傾しています。

 

欧米人がお尻がプリッと後ろに出ているのは

そのためです。ヒップが上に上がるので足が長く

みえてスタイルも綺麗に見えます。

 

なぜ、日本人は後傾になったかといいますと

推測ですが、昔の生活スタイルが関与していると

思っています。

 

例えば畑を耕すときはどんな動きをしますか?

くわで後ろに移動しながら土を掘り起こしています。

この時、骨盤が後傾の方が動きやすくなります。

 

また、侍が刀を振るときどんな動作をしますか?

前に突き出しますか?それは欧米人が使う

剣ですよね。刀は上から下へ引く動作なので

後ろに下がりながら刀を振り下ろした方が

切れるということになります。

 

もっと分かりやすい例がのこぎりです。

日本ののこぎりは後ろに引いて木を切ります。

欧米人ののこぎりは逆に前に押して気を切ります。

 

前に動く動作の場合は骨盤が前傾であるほうがスムーズで

あるのに対し、後ろへ動く場合は骨盤が後傾であるほうが

スムーズになります。

 

走ったり、歩いたりするとき太ももの裏側の筋肉である

ハムストリングが大きな役割を果たします。この筋肉が

働くことによって体が前に強く出ることができます。

 

骨盤が前傾するとこのハムストリングが緊張して

働きやすくなります。また、お尻の筋肉も連動して

働き推進力が増します。

 

まとめると、骨盤が前傾すると身体を前に押し出す

筋肉であるハムストリングや大臀筋が効率よく働いて

早く走ることができることになります。

筋肉の質がちがう

筋肉は速筋といわれる白い筋肉と、遅筋といわれる

赤い筋肉の2種類に分かれます。速筋は瞬発力系の運動時に働き

遅筋は持久力系の運動時に働きます。

 

日本人は生まれた時から速筋よりも遅筋の割合が多いです。

ですので、日本人がマラソンに強いのはそのためです。

 

成長によって速筋や遅筋の数が増えることはありません。

速く走りたいのであれば、筋トレをして筋肉を肥大させる

しかありません。

 

欧米人は遅筋よりも速筋の割合が多いので

長距離ランナーよりも短距離ランナーの方が

圧倒的に世界で活躍しています。

 

筋肉の質は遺伝子で決まっているので

変えることはできません。ですので

速く走るためには今ある速筋のパフォーマンスを

上げるために筋トレや体幹トレーニング、瞬発力を

あげるトレーニングを継続するしかありません。

 

たとえ遅筋の筋肉の割合が速筋よりも多くても

トレーニングによってある程度補えます。

事実、リオオリンピックでも日本選手が

400mリレーで初めて銀メダルを取りました。

 

今後、外国人の短距離ランナーを脅かす

日本人選手が東京オリンピックまでには

輩出されると思います。

足の長さが違う

足の長さが違うということは

足の骨の長さが違うということです。

 

特に足であれば大腿骨という、骨盤から膝に

くっついている骨が日本人と比べると欧米人は

はるかに長いです。

 

足が長いので一歩の距離が変わってきます。

走ることでいえばストライドが大きくなります。

100メートルの世界記録保持者のウサイン・ボルト選手も

背が高く、足も長いのでスタートが遅れても、

後半にスピードを上げることができます。

 

なぜ、足の骨の長さが違うのか?

 

たぶんですが、昔の生活スタイルが

影響しているのではないかと思っています。

 

今では椅子に座って食事や仕事、勉強をしますが

明治前までは椅子に座ることはなく正座をしたり

あぐらをかいて生活することが多かったと思います。

 

膝を深く曲げることによって、足への血流が悪くなり

骨の成長が遅れたのではないかと個人的には推測

しています。

 

実際に今の子供は昔と比べると平均身長が伸びています。

これは生活スタイルが欧米化したからだと思います。

食事も欧米化しているので、これも影響しているとは

思いますが、やはり大きな原因は生活スタイルの

変化だと思います。

 

10年後、20年後はもっと日本人の平均身長は伸びて

いると思います。

まとめ

短距離で日本人選手が外国人選手に勝つには

足が速い選手が多い国に移住して生活しながら

トレーニングすることだと思います。

 

なぜならば、足が速くなる環境が整っているからです。

食事、施設、ライバル、指導者、トレーナー、ライフスタイルなど

すべてが日本と違っているからです。

 

一番分かりやすい良い例が錦織圭選手です。

日本でテニスを学んでから、渡米して

プロのテニスプレーヤーを多く輩出した特別な

テニススクールで毎日練習していました。

 

もしも、渡米せずに日本で練習を続けていたら

今のように活躍はできなかったと思います。

 

昔からテニスの4大大会で日本人が頂点に立つなんて

夢にも思わなかったでしょう。ですが、錦織選手の

おかげで現実味を帯びてきました。

 

2020年の東京オリンピックが楽しみです。

 

【筋肉は環境によって変わる】

症状について詳しくはこちら

カラダの仕組み

関連記事